サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

貨幣とは何だろうか(ちくま新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2014/05/02
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま新書
  • ISBN:978-4-480-05601-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

貨幣とは何だろうか

著者 著:今村仁司

貨幣を経済学の封じこめから解き放ち、人間の根源的なあり方の条件から光をあてて考察する貨幣の社会哲学。貨幣を人間関係の結晶化と見て、自由と秩序をつくりだす媒介者としての重要...

もっと見る

貨幣とは何だろうか

税込 715 6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.4MB 無制限
Android EPUB 3.4MB 無制限
Win EPUB 3.4MB 無制限
Mac EPUB 3.4MB 無制限

貨幣とは何だろうか (ちくま新書)

税込 814 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

貨幣を経済学の封じこめから解き放ち、人間の根源的なあり方の条件から光をあてて考察する貨幣の社会哲学。貨幣を人間関係の結晶化と見て、自由と秩序をつくりだす媒介者としての重要性を説く。貨幣なき空間は死とカオスと暴力の世界に変貌するからだ。貨幣への新たな視線を獲得することを学ぶための必読の書。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

貨幣形式

2008/03/12 11:10

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんいち - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書では、タイトル通り「貨幣」を主題とした考察が展開されていくのだが、今村のねらいは「経済学的貨幣論ではない貨幣論の道を開拓すること」(あとがき)にあるという。だから、たとえば岩井克人のような議論をここに期待するのは間違っているし、現代思想に関わってきた著者らしく、言語と貨幣のアナロジーが議論されていくのでもない。本書がこだわるのは、貨幣を「貨幣形式」と名づけて捉え直し、人間、さらには人間の死と不可分のものとして、そのはたらきを具体的に検証していくことにある。

従って、というべきだろう、考察の素材には、ジッドをはじめとした文学作品が用いられ、19/20世紀をまたいだ「貨幣形式」のドラスティックな変容と、文芸の変容との類比関係を、「金本位制=リアリズム」を軸に説得的に論じて、J・J・グー『言語の金使い』を彷彿とさせる。

ただし、それでもなお本書の議論は独自なものであり、それは第五章「文字と貨幣」に拠るところが大きい。今村は、文字/書字(J・デリダ)という鍵概念を用いて、「貨幣形式」の本質(と氏が考えるもの)を明らかにしていく。ともするとにわかには承諾しがたい議論も含まれるが、その判断は、刺激的な本書を批判的に読んでからでも遅くはないだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「金属的想像力」と「fromsouptonuts」──個人的な感想

2001/01/20 22:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る


 少し前から「金属的想像力」と「from soup to nuts 」という二つの言葉が気になっていた。

 前者は『サイアス』(2000年4月号)に「ここでは金属を、金属結合という様式で原子が結合している物質である、と定義する。金属結合は、イオン化した原子が「自由電子の海」の中に浸っているような状態である。理想的な金属結合は方向性がなく、電子は自由に物質の中を移動できる」(増子昇・千葉工大教授)と書かかれていたのを読んで、バシュラールの物質的想像力が扱ったテトラ・ソミアに「金属」を加えるならば(これでは五行説になってしまう?)何かしらまことしやかな議論を展開することができはしまいかとふと思いついたもの。

 後者は、茂木健一郎氏との対談『意識は科学で解き明かせるか』で天外氏が「素粒子というのは、…粒子と波動の両方の性質を持っている。これは豆を煮て作ったスープのようなものだと考えるとわかりやすい。豆を煮てスープを作ると、もう豆は見えなくてドロドロのスープの状態になる。素粒子は普段はスープの状態なわけですが、それを観察すると煮る前の豆に戻ってしまう。…つまり、観測をすると豆になる。観測をしないときにはスープの状態です。これが素粒子の非常に不可解な現象です」と語っているの読んで、この言葉── from soup to nuts ──を手がかりにすれば、たとえば中世普遍論争の意味を解き明かすことができはしまいかと突然閃いたもの。

 前置きがアンバランスなほどに長くなってしまったけれど、貨幣経済に関する書物をまとめ読みしようと思ってまず手に取った本書がはからずもこの二つの言葉にリンクを張っていた。

 まず著者がここで論じているのは素材としての貨幣ではなく形式(媒介形式)としての貨幣(=墓=供犠=文字)なのだが、ここでいう素材の典型はいうまでもなく、十九世紀の金本位制から二十世紀の管理通貨制度へ、というときの「金」属のことだ。

 そしてジンメルの『貨幣の哲学』に準拠しつつ著者が示す「関係の結晶化」の定式(「無媒介なもの=渾沌」〜「媒介形式=境界」〜「差異関係=社会関係」)はまさに‘ from soup to nuts ’でもって表現できるものなのではないだろうか。

 これ以外にもジッドの『贋物つくり』の分析(貨幣小説論)など、本書は私の現在の関心事とあまりに合致しすぎていて、うっかりすると思考を決定的に規定されてしまいそうになる。こういう時は要注意。(それでなくとも本書の論述は少しできすぎているように思った。)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

法と貨幣と

2001/03/04 18:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:だらに - この投稿者のレビュー一覧を見る

 あまり注目されていなかったゲオルグ・ジンメルの『貨幣の哲学』に焦点を当てながら、「貨幣とは何か」という根本的な問いに答えようとする。
 「法と知性と貨幣の三つはすべて、個人的特徴に関する無関心によって特徴づけられる。」
 貨幣は、法や言語と同様に、空虚な形式だからこそ、社会関係の秩序を構成する原動力となる。精神分析的な知見や構造主義によって明らかにされつつあるこうした三者の類似性をはやジンメルは予言していた、ということになるであろうか。
 ジンメルを分析の柱に据えて展開するという構造自体は新しく面白い試みであるといえるが、しかし、新書という性格上しかたないのかもしれないが、この本で三者の類似性がしっかり理論的に基礎づけられたとはいえない。むしろすでに指摘されている類似性の上に連想ゲームをしてみました、というだけのようにも読めてしまう。どうせやるならもっと根本的にやってほしかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/07/15 11:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/23 11:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/29 16:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/30 13:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/06 11:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/25 15:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/04 20:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/07 18:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。