サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

全商品10%OFFクーポン(0524-28)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 文庫
  4. 予想どおりに不合理
予想どおりに不合理

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 52件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/14
  • 販売開始日:2014/05/14
  • 出版社: 早川書房
  • ISBN:978-4-15-050391-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

予想どおりに不合理

著者 ダン・アリエリー (著),熊谷淳子 (訳)

行動経済学ブームに火をつけたベストセラー! 「現金は盗まないが鉛筆なら平気で失敬する」「頼まれごとならがんばるが安い報酬ではやる気が失せる」「同じプラセボ薬でも高額なほう...

もっと見る

予想どおりに不合理

756 (税込)

ポイント :7pt / 紙の本より216おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

予想どおりに不合理 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」 (ハヤカワ文庫 NF)

972(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS .book 1.6MB 無制限
Android .book 1.6MB 無制限
Win .book 1.6MB 無制限
電子全品対象!10%OFFクーポン!

こちらは「10%OFF 電子書籍クーポン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年5月24日(水)~2017年5月28日(日)23:59

電子全品対象!ポイント最大50倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!電子書籍ストア全商品ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

行動経済学ブームに火をつけたベストセラー!
「現金は盗まないが鉛筆なら平気で失敬する」「頼まれごとならがんばるが安い報酬ではやる気が失せる」「同じプラセボ薬でも高額なほうが効く」――。人間は、どこまでも滑稽で「不合理」。でも、そんな人間の行動を「予想」することができれば、長続きしなかったダイエットに成功するかもしれないし、次なる大ヒット商品を生み出せるかもしれない!/掲出の書影は底本のものです

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー52件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

おもしろい行動経済学

2015/10/31 15:52

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Harold Finch - この投稿者のレビュー一覧を見る

人間が起こす不合理な行動を調査・研究した本で、私が特に興味を引いたのは社会規範と市場規範でした。人が誰かに無償でした行為(社会規範)に値段をつけられる(市場規範)と人は不快になる。当たり前のことだが、その一つ一つの謎を解明していくことは人々相互の円滑なコミュニケーションにつながり、多くの人々が読むべき本であると感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人間って

2016/06/26 16:25

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エピゴーネンキャット - この投稿者のレビュー一覧を見る

大変面白く読ませてもらいました。どこかの知事さんだけがせこいわけではないんですね・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

わかっちゃいるけど…

2015/10/06 00:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アキウ - この投稿者のレビュー一覧を見る

人間が、経済的に合理的でない行動を取ってしまうことについて、様々な事例を紹介した本。本当は1個だけ買えば充分なのに、2個目が半額とか言われて2個買っちゃうとか、そういうの。事例の数が盛りだくさんでボリュームがありますが、エッセイ風の読み物として気軽に読めます。耳の痛い話もありつつ、いかに人間が不合理な生き物であるかを痛感する。中でも、現金だとしない不正(ちょろまかし)について、物だと気軽にやっちゃう(たとえ「金券」のように現金換算が可能ものだとしても)というのがとても興味深かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

人間とはいかに不合理か

2015/08/31 02:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ほん太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分は合理的に考えれると思い込んでる人こそ呼んだ方がいいかも。
行動経済学の本では1,2を争う良書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読み物としてお薦め

2016/10/31 23:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょひょう - この投稿者のレビュー一覧を見る

知人からの推薦で購読。
豊富な具体例を基に人間がいかに非合理的か、ということを分かりやすく紹介してあり、自らを省みても納得できるところが多い。
翻訳本ならではの、日本語のぎこちなさは多少あるが、楽しく読める。
行動経済学の専門ではないので、学術書としての価値は分からないが、知的好奇心を満たしてくれる読み物としてはお薦め。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

文字たっぷり

2016/01/23 22:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うどん99 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本を開いたときの文字がびっしり。
読み応えがあります。

行動経済学についてストーリー風に書いてくれていて、読み物をしてとてもとっつき易い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

行動経済学の面白さがわかります

2015/09/09 00:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねったいぎょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

行動経済学の中では抜群に面白い本なのではないでしょうか。ただ、実際のビジネスの現場で応用できるかどうかは微妙なところです。消費者は賢いですから、心理的な手段を講じても成果が上がるとは限りません。
 作者は実際に実験をして研究しており、とても誠実だと思います。文章もおもしろいですから、楽しんで読むことができました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/05/26 21:21

投稿元:ブクログ

これは読みやすい。行動経済学の入門書なのか?
行動経済学のエッセーなのか?
日常で、感情や環境や様々な要因に影響されて
しっかり考えれば正しい判断ではないと疑うべきことを
「やっちまう」のか、様々な分かりやすい実験をまじえ
実証、分析、解説してくれる。
読んで、考えることで自分が誤った判断を下すのを
防ぐことになるかもしれないし、他人を正しく誘導することも
できるかもしれないし、他人を陥れることもできるかも。

でも、やっぱりあとから考えてまた「やっちまった」になりそう。
あと、他人の行動や結果には合理性を求めながら
自分の行動の不合理に目を瞑っているのではないか
という疑いも持つ。

2014/11/19 23:33

投稿元:ブクログ

ものすごく売れていたのに読む機会を逸していたのでちょうど読めてよかったです。読み口も軽くて厚い割にスイスイ進められて快適です。

2015/01/05 08:53

投稿元:ブクログ

流行りの行動経済学。人間の行動はいかに不合理かという様々な実験や事例を示していて、身につまされるものも多く面白かった。

2013/11/13 23:06

投稿元:ブクログ

TEDを観てからずっと読みたかった。
予想に違わず面白かった。
ダン・アリエリー氏の聡明さに惚れる。

ただ。
ハヤカワ文庫さん、
文庫サイズを変えないで。
文庫を持ち歩くときに使っているカバーに入らなかった。
加えてサイズが違うのに気づかないで
無理に入れようとして表紙に皺をつけてしまった。
どうしてくれる。
もーハヤカワってこういうところ嫌いだ。

2015/05/07 01:44

投稿元:ブクログ

行動経済学。理性的な判断で全てが動く訳ではないということが、いろいろな実験データを交えて書かれている。

無料でクッキーを配った場合と、1個1セントで配った場合に、後者の方が多くのクッキーが持ってかれていく、など実験の内容・結果ともに面白い。

社会規範の領域だと自制が有力だが、市場規範の領域になった途端、費用対効果が力を持つというのは面白かった。物事を依頼するときの参考になる。

2014/09/30 21:31

投稿元:ブクログ

無知で申し訳ないのですが、
常々何故経済という予想も出来ないもので
世の中が回っているのか不思議に思っていました。
合理的な行動とか全然取ってないんだけど
これ経済にどう影響するんだろうなどと考えることもあったので、
行動経済学という分野を聞いた時、
お、面白そうと感じ、読み進めること数冊。

中でもこの1冊は人を巻き込んだ実験と
その結果が数多く載っているので非常に面白かったです。

特に印象に残っているのが、無償のものに対価を支払うと、
逆にやる気が損なわれるという不思議。
あとは所有効果とか、自分でも知らず知らずのうちによかれと思って判断していることが
実は全然合理的でもなんでもないということが目からうろこでした。

2016/02/21 10:37

投稿元:ブクログ

とてもおもしろい。
報酬をもらった途端にやる気を無くしてしまうことや、つい先延ばしにしてしまうこと、無意識に周囲の選択に影響されてしまっていることなど、今までの生活でも思い当たることが多い。

気になるところに付箋を貼りながら読んでいたら、本が付箋だらけになってしまった。もう一度読み返そう。

2016/12/31 00:18

投稿元:ブクログ

行動経済学の入門書。分かりやすい事例が多用され、とても身近な出来事をもとに学ぶことができる。この視点があるだけで生活も仕事も大きく変わる。

ハヤカワ文庫 NF ランキング

ハヤカワ文庫 NFのランキングをご紹介します一覧を見る