サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~12/31

新規会員50%OFFクーポン ~10/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2014/05/30
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-110402-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ぼんち(新潮文庫)

著者 山崎豊子 (著)

放蕩を重ねても、帳尻の合った遊び方をするのが大阪の“ぼんち”。古い暖簾を誇る足袋問屋の一人息子喜久治は「ぼんぼんになったらあかん、ぼんちになりや。男に騙されても女に騙され...

もっと見る

ぼんち(新潮文庫)

税込 979 8pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 4.8MB
Android EPUB 4.8MB
Win EPUB 4.8MB
Mac EPUB 4.8MB

ぼんち 改版 (新潮文庫)

税込 979 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

放蕩を重ねても、帳尻の合った遊び方をするのが大阪の“ぼんち”。古い暖簾を誇る足袋問屋の一人息子喜久治は「ぼんぼんになったらあかん、ぼんちになりや。男に騙されても女に騙されてはあかん」という死際の父の言葉を金科玉条として生きようと決意する。喜久治の人生修業を中心に、彼を巡る五人の女達、船場商家の厳しい家族制度、特殊な風習を執拗なまでの情熱をこめて描く長編。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

美しい国のエロス、男のロマン、女の執念、昭和の光源氏一代記。

2012/01/02 15:50

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:書痴 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 お茶屋で芸者をあげての大散財、女道楽もビジネスチャンスにしてしまう才覚、仕事も遊びもきっちりこなす『ぼんち』こと主人公の喜久治は、さしずめ、業平、光源氏、世之介、日本の古典文学の系譜に連なる昭和のプレイボーイでしょうか。戦前・戦中の昭和の世相を背景に、大阪商人の格式やしきたり、花柳界といった特殊で閉鎖的な世界を、喜久治と共に体験しつつ、彼を取り巻く女性達とのドラマを興味深く読む事ができます。
 喜久治と愛人達の関係は、精神的には、対等に、むしろ喜久治の方が何倍も翻弄される描写が、コメディーでありながら、どこか男の悲哀に感じられるのは、男の勝手な言い分でしょうか? 文中に次のような表現があります。「別に女不足もしていないのに、ふとしたはずみに、次々と女をつくり、そのどの女にも惹かれる自分を弱々しく笑った。しかし、何人かの女を養うことが商いの励みになり、一人一人の女によって喜久治の場格を加えていきそうだった。(略)一人、一人の女を、それぞれに愛しているとは云い条、所詮は、四人の女に四等分の一の自分しか与えていない。それが女道楽のきまった勘定書であると、いってしまえばそれまでだが、一人、一人の女の心にまで、責任をもってやらねばならぬとすれば、喜久治は奈落へ落ち込んで行くような暗い惑いを覚えた」 
 同じ女性でも、喜久治にとって、肉親となる祖母と母親に対する心情は別で、老舗の品格やしきたりに固執し、家付き娘、女系家族としてのプライドからくる傲慢さが、非人情に写り、陰湿な嫁いびりをはじめ、読み手としても、悪役のような印象を受けますが、喜久治との心理的駆け引きは、絶妙です。祖母は、本編中一番、女の業の深さと強さを見せてくれるようで、その実、一番弱い存在だったかもしれません。それは、戦争で灰燼と帰した自宅を前にした、祖母のセリフに効いています。「(略)商い蔵は男のもの、衣装蔵や、家屋敷にはわてらの血が沁み込んでおますわ、空襲にこと寄せて、わてらに繋がるものは、みな灰にしてしまもうたんやな、(略)あんたには(喜久治)、女が残ってる、わてらには、もう何もかも失ってしもうた」  
 最後に、数々の印象深いシーンやセリフの中から、お気に入り場面を紹介します。病床の喜久治を、しきたりで本宅には見舞えず、いろいろ手を回して設けた快気祝いの席で、再会した喜久治とお福のくだりから。
 「お福は、暫く黙り込んでいたが、『女の愚かさには、変りがおまへん』ぽとりと滴るような声で云った」。この後、、普段あまり感情を表に出さないお福の高ぶりと、それをいじらしく思いいたわる喜久治の短いやりとりがあります。行間から読み取れる熱さ冷たさなどの感覚の対比が、目に映るようで、非常に繊細でエロチックな描写は素晴らしいの一言です。
 
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ぼんぼん

2019/08/15 06:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七無齋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

山崎豊子初期短編。船場のボンボンを描いた作品。舞台も内容も著者の特色がよく出ている。大阪ものの典型。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/06/11 13:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/19 12:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/11 11:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/08 10:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/12 14:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/07 12:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/08 23:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/25 02:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/27 22:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/30 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/25 17:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/11 21:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/21 17:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。