サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~6/24)

最大40%OFFクーポン(~6/24)

遭難者(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2014/06/13
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-790095-3
一般書

電子書籍

遭難者

著者 折原一 (著)

残雪の北アルプスで、若手会社員・笹村雪彦は所属する山岳サークルの登山行で足を踏み外し、滑落死を遂げた。だが山を愛した彼に捧げた追悼集は、死因に疑いをもった母親の行動によっ...

もっと見る

遭難者

600 (税込)

ポイント :5pt / 紙の本より5おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

遭難者 (文春文庫)

605(税込)

遭難者 (文春文庫)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 12.6MB 無制限
Android EPUB 12.6MB 無制限
Win EPUB 12.6MB 無制限
Mac EPUB 12.6MB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
対象商品
最大40%OFFクーポン
「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

キャンペーン期間

2018年6月15日(金)~2018年6月24日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

残雪の北アルプスで、若手会社員・笹村雪彦は所属する山岳サークルの登山行で足を踏み外し、滑落死を遂げた。だが山を愛した彼に捧げた追悼集は、死因に疑いをもった母親の行動によって、予想外な内容に……。登山届、現地地図、死体検案書など、詳細な記録を収録した2分冊の追悼集に込められた惨劇の謎とは何か? 大人気「――者」ミステリーシリーズ。鬼才の手腕が冴える傑作(2分冊組)を、1冊本に再編集して復刊!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

工夫を凝らした山岳推理小説

2014/08/03 22:40

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書はタイトルの「遭難者」が示すとおり、山が舞台となる所謂山岳小説なのだが、その中身は推理小説である。実在する白馬岳、白馬鑓ヶ岳、唐松岳、八方尾根など、かなり著名な山岳地帯(後立山連峰)の登山コースがその舞台となっている。その分、登山が趣味の読者は食付きが良いであろう。

  長野県内に所在する会社の山岳部の山行から物語は始まる。会社の山岳部のパーティで後立山連峰を目指した。2組に別れて行動したまでは良かったが、1組の男性社員が不帰の險で滑落して死亡してしまった。山行が始まった当初から体調が良くなかったと他の社員は語る。

 これからストーリーは展開していくのだが、山岳部内部の人間関係がもたらす殺人事件に発展していく。この殺人事件についてはそれほど特徴があるとは思えない。推理小説の一種で山行を利用した殺人事件である。

  ただし、この殺人事件が発覚する契機に工夫が凝らされている。殺人事件の被害者を悼んで追悼集が作られた。この追悼集に不信を抱いたのは母親であった。殺人事件なので、自分の犯罪が露見しそうになると次の殺人を犯さざるを得なくなる。こうして連続殺人には見えない複数の死亡者が出てしまう。

  こういう展開を表現するために、その追悼集、山岳遭難事故報告書、事故対策本部の報告書などが綴られて、折原はその内容を読者に突きつけている。これらの材料から殺人事件の全貌を読者に理解させるという意図である。

  随分凝った作りである。遭難事故が殺人事件に変わっていく姿を見せていく。新聞記事や手紙などを提供してストーリーを展開させるという手法は時折見かけるが、追悼集を端緒とする山岳小説は面白い。かくいう私もそれに釣られて手に取ってみたものである。殺人事件の動機などはありふれているのだが、こういう工夫は読者の興味を引き、楽しませるといえよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

H26.6.16読了

2014/06/28 07:29

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:竹匠 - この投稿者のレビュー一覧を見る

山は密室!よく言われるプロット。あまりにも、安直な設定では・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/03/12 14:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/20 09:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/11 14:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/09 23:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/25 17:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/24 14:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/15 17:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/23 15:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/03 18:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/09 18:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/26 18:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る