サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全品ポイント最大50倍(0603-30)

 [OP]【5周年記念】東洋経済新報社全品ポイント50倍(~6/23)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. モノ・サピエンス~物質化・単一化していく人類~
モノ・サピエンス~物質化・単一化していく人類~(光文社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/08
  • 販売開始日:2014/08/08
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社新書
  • ISBN:978-4-334-03383-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

モノ・サピエンス~物質化・単一化していく人類~

著者 岡本裕一朗 (著)

「人間の使い捨て時代が始まった」――体外受精、遺伝子操作、代理母など、九〇年代以降の「超消費社会」に起きた現象を通じて、「パンツをはいたモノ」と化した人類の姿を探る。

モノ・サピエンス~物質化・単一化していく人類~

734 (税込)

ポイント :6pt / 紙の本より87おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

モノ・サピエンス 物質化・単一化していく人類 (光文社新書)

821(税込)

モノ・サピエンス 物質化・単一化していく人類 (光文社新書)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.5MB 無制限
Android EPUB 7.5MB 無制限
Win EPUB 7.5MB 無制限
Mac EPUB 7.5MB 無制限
【先着18,000名様限定】電子書籍全商品対象!30%OFFクーポン

こちらは「電子書籍ストア全商品対象!30%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
 ※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月25日(日)23:59まで

※クーポンを取得されていても、利用者が18,000名様に達した時点で終了となります。

電子書籍 全商品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年6月3日(土)~2017年6月30日(金)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者紹介

岡本裕一朗 (著)

略歴
1954年福岡県生まれ。九州大学大学院文学研究科博士課程単位取得。玉川大学文学部教授(哲学、倫理学)。著書に「ポストモダンの思想的根拠」「異議あり!生命・環境倫理学」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

俗流若者論スタディーズVol.8 ~現実に立脚しない衒学趣味はもううんざり~

2007/10/02 10:40

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:後藤和智 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書によれば、1980年代の「ポストモダン」以降、消費社会化が進行して、人間の生命や根源的な価値まで商品化され、流通される存在でしかなくなった。そして今や人間の「使い捨て」の時代であり、フリーターや、いわゆる「援助交際」はその典型例である。また、そのような行動を平然とやる若年層(例えば女子高生)は、上の世代から見れば不道徳かもしれないが、彼らの行動は「超消費社会」においては紛れもなく正しい行動なんだってさ。

 ふーん…。で、それで、という感想しか持ち得ないな。だって、本書で提示されている、「ポストモダン」社会=「超消費社会」における新しい「現実」を示すような事実(臓器移植、代理母、「援助交際」、遺伝子など)が、ほとんど怪しげなうわさ話か、そうでなければ新聞記事の無批判な引用しかないから。特に青少年や携帯電話がらみは悲惨の極みだ。すなわち、全編、「~でしょう」「~かもしれません」の乱発。要するに、例示されているものについて、その社会的な位置や量的、質的な広がり、ないし時間的な位相が確定した事項でないにもかかわらず、あたかもそれが「ポストモダン」以降に降ってわいたものとして軽々しく扱われているからだ。

 著者が終始一貫して無知なのは、人々のリアリティ(ここでは、「超消費社会」的な状況が人間の根本的なあり方を変えている、ということを数億歩ほど譲って認めることとする)と実際の行動の中間である。それに属するものとして、一つ目には人々の感情や理性、二つ目としては法や規則を挙げることができるが、まず前者についての無知をさらけ出している下りとして、GPSによる監視(第7章冒頭)を挙げることができる。なぜ、子供を監視すべきだという気運が高まったということについて、著者は思いをめぐらせたことがあるだろうか?本書と同時に発売された、浜井浩一と芹沢一也の『犯罪不安社会』(光文社新書)に詳しいが、治安についての不安の扇動とモラル・パニックが記述されているのだが、この背景には明らかに子供の安全に対する(根拠なき)不安の増大がある。それを無視して、人の「モノ化」について饒舌に語られてもねえ…。

 後者については、臓器移植をめぐる議論に垣間見ることができる(第4章2項)。著者は「臓器売ります!」という(おそらく)アングラ広告を鵜呑みにして、人間のあり方は臓器まで「モノ化」させてしまった、と書いているけれども、臓器の売買は、「臓器の移植に関する法律」第11条にて禁止されているし、臓器移植についての生命倫理からの議論も参照すべきだろう。

 「ポストモダン」社会=「超消費社会」の新しい「現実」を語る!というふれこみなら、客観的な統計や検証を経ないでもいい、とでも思っているのか。でも、それは単なる思いこみだし、自らが「これは異常だ!」と思う事例ばかりかき集めて、さもそれらを繋ぐ「物語」があるかのように論じても、それは衒学趣味でしかならない。いくら理論が優れていても、現実との折り合いがついていなければ、全くの空論でしかないことを著者は知ったほうがいい。

 というよりも、とりあえず著者は、本書で極めて不適切な引用をされた、ドリフターズと島倉千代子に謝ったほうがいい。話はそれからだ。


 評者のブログはこちら

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/07/18 21:06

投稿元:ブクログ

 核心をついている本だと思う。
 モノカルチャー化がマスコミュニケーションのおかげで進み、人間自身が衆愚化している状況で当然のことではないだろうか。本書はその人類の単一化と非人間化を的確に状況説明している。

2007/01/10 01:53

投稿元:ブクログ

現代社会とか科学とか思想とか、モノ化してるといえるんじゃないか、という本。改まって言われても、という感じもするが、知らない話もいろいろ載っていたので、賢くなった。

2006/12/14 22:40

投稿元:ブクログ

ボーナスもらったよ!には「ただの紙だろ!」。※※地区に土地買ったよ!には「ちっちゃな地面の土かってなにすんだよ」といわれたことがあります。モノに執着しすぎ・・・、我、モノのクセに。現在、読書中。

2008/10/05 11:58

投稿元:ブクログ

聞き書きを文字起こししただけの量産体制の新書ブームにあって、読んで損のなかった数少ない社会評論。とくに、カネとモノ、技術と物質化に関する連関を明解に説明しているところに、自分自身と同じ意見を見た。社会がヒトをモノ扱いし、その結果としてまるで機械の一部のようなあつかいや取り替え可能のようなフィクションが蔓延している弊害。この本を読んで確信したのは、モノ・サピエンスという社会傾向が生み出した技術が「臓器移植」であるということだ。「臓器移植」はレシピエントもドナーも両方を物質あつかいしている。命は取り替え可能な交換物ではない、という見失ってはいけない事実を、医学はあえて無視して「移植」技術に邁進している。

2010/02/07 22:45

投稿元:ブクログ

現代社会を「モノ」という視点で書いた本。この「モノ」とは物質としての「モノ」と単一という意味での「モノ」の二つの意味を含みながら、書かれている。

当たり前になっていることを「モノ」という視点で見ることにでさまざまな気づきがある。今の自分や社会について、考えさせられた。

2010/11/25 20:50

投稿元:ブクログ

モノ・サピエンス。
その題名には、「物」と「mono-(単一化する)」の二つの意味が込められている。
現代社会の中、人間は単一化され、物化していく傾向にあるのだ。

粗筋を書こうとしても、難しすぎてパッと書けません。
体や仕事、思考や政治が『物質化』していっている、という現状を、現代社会の具体的事例に絡めて説明している本です。

最初の方の体の物質化や、仕事の物質化は面白かったです。
「物質化」というか、社会が「生産者社会」から「消費者社会」に移行したことによる影響、と言ったほうが良いのでしょうか。
技術の進歩により、ひとりひとりの生産力が増加し、物が溢れる一方、労働力としての人はあまり必要とされず、その結果、消費が主体となった「消費者社会」が形成される。
以前までの労働なしでは生きていけないような「労働者社会」から変化したため、全ての事柄は「生産」から「消費」へ、つまり「使い捨て」に似た感覚で扱われるようになる。
体の物質化や仕事の物質化は、この理論がそのまま適用されていて、分かりやすかったです。
特に仕事については、「仕事」という「労働」を「消費」の観点から考えるという、自分が今まで思いつきもしなかった考え方だったので、新鮮な驚きと興味が持てました。

ただ、後半の政治の話になってくると、考えが複雑化してきていて、ちょっと理解が出来ない部分が多かったです。
新書にしては、読むのにちょっと時間が掛かりました。

2011/04/09 19:10

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
臓器売買、代理母…ヒトは「パンツをはいたモノ」になり、やがて「使い捨て」られるのか?
人間のモノ化(物質化・単一化)、「モノ・サピエンス化」がはじまったのは、広義にとらえれば人類の誕生とともに、少し限定すれば近代以降と考えられる。
本書では、それをポストモダンの時代以降と想定。
一九七〇年代から八〇年代にかけて、ポストモダンは世界的に大流行したが、この時代に「モノ・サピエンス化」が本格的にはじまったとする。
さらにこの傾向に拍車がかかったのは、なんといっても九〇年代から。
本書のテーマは「九〇年代以降の人間の状況」であり、このテーマに、さまざまな現象を通して迫っていく。

[ 目次 ]
プロローグ ヒトの「使い捨て」時代がはじまった
第1章 モノ化するブランド
第2章 モノ化するカラダ
第3章 モノ化する労働
第4章 モノ化する命
第5章 モノ化する遺伝子
第6章 モノ化する思考
第7章 モノ化する社会
エピローグ 「人間の尊厳」の終焉と新しい時代のはじまり

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む