サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~4/30

最大50%OFFクーポン ~4/30

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

廃墟の歩き方 探索編

著者 栗原亨

山中にそびえる一大レジャーランド・戦前の隔離病棟・苔生した巨大ボーリング場・狂気に満ちた廃病院・壮大な規模でたたずむ炭坑……写真とコメントで日本全国の廃墟を紹介し、探索に...

もっと見る

廃墟の歩き方 探索編

税込 1,485 13pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 158.9MB
Android EPUB 158.9MB
Win EPUB 158.9MB
Mac EPUB 158.9MB

廃墟の歩き方 1 探索篇

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

山中にそびえる一大レジャーランド・戦前の隔離病棟・苔生した巨大ボーリング場・狂気に満ちた廃病院・壮大な規模でたたずむ炭坑……写真とコメントで日本全国の廃墟を紹介し、探索における危機管理・装備などあらゆるテクニックを網羅!

目次

  • グラビア
  • Chapter 1
  •  探索時の危機管理
  •   法律について
  •   危機管理
  •   マナー・禁止行為
  • Chapter 2
  •  探索のテクニック
  •   廃墟とは?
  •   探索時の装備

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.6

評価内訳

電子書籍

廃墟の第一人者による一冊

2018/06/28 23:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bon - この投稿者のレビュー一覧を見る

廃墟の第一弾といえば栗原亨氏に他ならないと思います。僕も相当影響されました。
特にこの本は紙でも2冊買う程読み込みました。
今ある本も結構ボロボロになってしまい、電子書籍で再度購入
電子書籍化にあたりフルカラー化を期待したのですが、まあこればっかりは仕方ないですね。
とはいえディスプレイの差かモノクロの写真も綺麗に見えます。
栗原氏の本は情報としての優秀さもそうですが、「廃墟の歩き方」とある様に服装や危険な行為の注意点、心構えまで書かれていて
そこのスタンス含めて氏がパイオニアであると今更ながら感じました。
当たり前ですがここで紹介されてれるのものの多くは今はもうありません
そして紙の本の帯には「滅びゆくコンクリートの秘境へ…」と書かれています。
滅びゆくものの記録として、ふと読み直したくなるそんな本です

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「におって来そう」です。あの廃墟、廃屋のにおいが。マニアっているんですね。

2002/09/30 21:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pochittona - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近ラジオで「ミイラ・マニアからのお便り」の紹介があって、番組のアシスタントの女性が「そんなものにマニアがいるんですか?」と驚いていましたが、「廃墟マニア」もなかなかどうして鋭い分野だと思います。この本には北海道から沖縄まで、「これが廃墟だ」と、著者が認める、「代表的な」ものが盛りだくさんです。納得の「炭鉱跡」モノから、不気味さのいや増す「病院」モノ(これは「心霊スポット」として有名になるものが多いそうです)、あてのはずれた「観光地」モノ(ホテルやドライブイン、映画館)などなど、バラエティに富んでいます。わたしの行ったことのある「のうが高原」も、廃墟の仲間入りしているとは、ショックでした。知りませんでした。何度か行ったことがあります。この本では、冒頭で廃墟の探索がいかに危険で、周到な準備が必要か、また違法な事態になりかねないか、くどいほど説いています。廃墟関連についてはすでにインターネットの世界では、濃密な情報のやりとりがあるようですが、この本を読んで「探検」とか「探索」の心がうづく人たちへの、親切な忠告です。それにしても、特に生活感の残る廃墟からは、ほんとに、あのほこりや、古い衣料品のかびくさいにおいがにおってきそうな写真ばかりです。読み進むと、のどがイガイガしてきます。「廃線跡」モノとは一種違った、おどろおどろしさがありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

良心的すぎる廃墟本

2002/07/09 16:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tk92 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日本中の廃棄が地図とともに紹介されている。これは普通(?)の廃墟本と同じだ。この本独特なのは、廃墟を紹介する前の部分だろう。最初に、廃墟の探索は違法行為であり、罪にも問われうると宣言し、廃墟の危険さを13にも渡る実例で紹介している。ところが、そのページをひとつめくると、それでもやはり行きたい人のために探索時に持っていくべき、装備が事細かに述べられている。本当に良心的な本である。犯罪であり、危険ですよ、だけど行きたい人はこれを持って行ってね、というのである。
 紹介されている廃墟は、どれも目を引く。ただ単に、昔人間が使っていた。ただそれだけなのに、訴えてくるものがある。この本の写真の中では、私は表紙のが一番のお気に入りである。今現在見ることのない、明らかに古い様式の建物、それが朽ちていく。その写真は、昭和の繁栄は幻だった、とさえ思わせる迫力がある。すごい写真だ。
 廃墟探索は、犯罪であり、危険だ。だが、そのリスクを犯すほどの魅力がある。廃墟の魅力をとてもよく味わえる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すばらしい廃墟の世界

2002/07/04 02:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トリフィド - この投稿者のレビュー一覧を見る

廃墟ブーム……なのだろうか? 最近色々なメディアで、廃墟を取り
上げているのを見るような気がする。というわけで廃墟の本である。

この本は、インターネットの廃墟界で有名なWebサイト「廃墟Explorer」
の管理人氏による、廃墟探険のガイドブックである。巻頭に廃墟探
索の心得や装備などの説明が置かれており、廃墟を探検する際には
ぜひ参考にしたい。とは云っても、この本のメインは、本の大半を
占める、日本各地の廃墟の紹介の方であろう。病院やレストラン、
ボーリング場、工場や鉱山などの廃墟が、豊富な写真とともに、著
者のコメントつきで紹介されている。写真はモノクロのものが大半
であるが、たいした難点ではない。もっと究めたい人は、著者のサ
イトを尋ねるのが良いだろう。

それにしても、特に鉱山や工場などの巨大物件の美しさには眼を瞠
るものがある。著者も書いているように、廃墟を通り越して遺跡の
域に達しているものもある。鉱山などは、文化的、歴史的価値も高
いと思うのだが、こういうものを保存しようという機運はないのだ
ろうか。

廃墟というものになんとなく惹かれつつも、捨てておいている人も
多いのではないだろうか。値段も手頃だし、この本から魅惑的な廃
墟の世界に足を踏み入れてみるのはいかがだろうか!

ところでこの本には、「探索篇」と副題がついている。他にも出る
のだろうかと首をひねってみたり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ちゃらいラーメン屋とはワケが違うんだよ!ワケが。

2003/07/16 22:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もくりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 小学生の頃、家族と一緒に朝霧高原へ。地球の裏側まで続いていそうな、アスファルトの道路とフェイクっぽい高原の緑。ウキウキしている僕の視野に、突如現われたドライブインらしき廃墟。一瞬の出会いだったが、その風景は僕の心に焼きついた。
 この本には、日本全国に点在している廃墟物件約40件を住所、モノクロ写真、文章で紹介している。どの物件のモノクロ写真を見ても妄想力を刺激されて、いろんなシチュエーションが浮かんでくる。第三次世界大戦後を思わせるSF的雲上の鉱山都市。剥き出しの脳に電極を差し込まれた患者が居そうな、カルテやアンプルが残された精神病院。最近、某酒造会社CMの背景に登場する福岡の炭坑(志免炭坑)もキッチリと紹介されていて、「竪坑櫓」と呼ばれるコンクリート剥き出しの巨大なタワー施設は、地中に埋まった巨大ロボットの片腕を思わせる。
 どの廃墟にも行こうと思えば行ける。ただ、それなりの注意が必要だ。錆びた階段。ガラスの破片。突き出た釘。野犬に昆虫。本書はそれら危険要素に抗する装備も示しているが、あくまで自己責任、と釘をさす。最後に注意をもう1つ。雑誌で見つけて友達と行く『おいしいラーメン屋』と違って、「突然」現われる廃墟に心を時空の果てまで吹っ飛ばされる訳で、本で見つけて「突然」という要素を無くすと、廃墟のある風景は心に焼かれないはずだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/22 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/18 00:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/28 17:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/03 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/18 01:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/02 10:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/21 22:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/25 01:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/21 12:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/08 01:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。