サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/29)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

ミッドナイト・バス(文春e-book)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 101件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2014/06/20
  • 販売終了日:2016/09/22
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春e-book
  • ISBN:978-4-16-390006-3
一般書

電子書籍

ミッドナイト・バス

著者 伊吹有喜

第151回直木賞候補作!東京での仕事に挫折し、故郷の新潟で深夜バスの運転手として働く利一。ある夜、彼が運転するバスに乗ってきたのは、16年前に別れた妻だった――。父親と同...

もっと見る

ミッドナイト・バス

税込 1,599 14pt
販売終了

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.7MB 無制限
Android EPUB 5.7MB 無制限
Win EPUB 5.7MB 無制限
Mac EPUB 5.7MB 無制限

ミッドナイト・バス

税込 1,944 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

第151回直木賞候補作!

東京での仕事に挫折し、故郷の新潟で深夜バスの運転手として働く利一。ある夜、彼が運転するバスに乗ってきたのは、16年前に別れた妻だった――。父親と同じく、仕事を辞めて東京から実家に戻ってきた長男の怜司。実現しそうな夢と、結婚の間で揺れる長女の彩菜。そして、再婚した夫の浮気と身体の不調に悩む元妻・美雪。離婚によって一度ばらばらになってしまった家族が今、それぞれ問題を抱えて故郷に集まってくる。全員が前に進むために、利一はどうすればいいのか。奇跡のような再生と再出発をおだやかな筆致で描く感動作!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー101件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

良作。

2018/07/19 21:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ROVA - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画を観て利一にあんまりにもムカついたので逆に原作を読んでみたくなり・・・
とても良い小説ですね。でも肝心の良いところが映画では生かされなかった感じがします。
途中途中に挟まれる長距離バスの利用者達、これが凄く良い空気を作っているんです。
怜司の真実が変更されたのはまあ仕方無いとしても
この利用者達のシーンは入れて欲しかったなあ・・・
ちなみに利一はやっぱりムカつきます(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/02/21 17:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/16 10:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/13 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/07 20:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/24 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/24 11:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/11 17:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/25 14:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/06 17:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/09 00:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/03 18:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/30 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/24 13:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/23 17:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。