サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/30)

修正:続刊予約キャンペーン(0907-30)

光(集英社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 220件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2014/07/04
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • ISBN:978-4-08-745121-4
一般書

電子書籍

著者 三浦しをん

島で暮らす中学生の信之は、同級生の美花と付き合っている。ある日、島を大災害が襲い、信之と美花、幼なじみの輔、そして数人の大人だけが生き残る。島での最後の夜、信之は美花を守...

もっと見る

594 (税込)

ポイント :5pt / 紙の本より54おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.0MB 無制限
Android EPUB 9.0MB 無制限
Win EPUB 9.0MB 無制限
Mac EPUB 9.0MB 無制限

光 (集英社文庫)

648(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
最大40%OFFクーポン配布中!
「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

キャンペーン期間

2018年9月14日(金)~2018年9月27日(木)23:59


新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

島で暮らす中学生の信之は、同級生の美花と付き合っている。ある日、島を大災害が襲い、信之と美花、幼なじみの輔、そして数人の大人だけが生き残る。島での最後の夜、信之は美花を守るため、ある罪を犯し、それは二人だけの秘密になった。それから二十年。妻子とともに暮らしている信之の前に輔が現れ、過去の事件の真相を仄めかす。信之は、美花を再び守ろうとするが――。渾身の長編小説。

掲載中の特集

小説 映画化をテーマに10作品以上をラインナップしています。

掲載中の特集

小説 映画化をテーマに10作品以上をラインナップしています。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー220件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

深いストーリー構成

2014/03/02 20:56

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:八犬伝 - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても計算された筋書きだ
久々に味わう、しをんワールド

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

作者の力量は感じました

2018/05/27 22:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

三浦しをん『光』を読みました。
三浦しをんを初めて読んだのは『舟を編む』。
その印象や、「しをん」という優しい語感の作者名や「光」という明るいイメージの題名やおだやかそうな海の写真の表紙や、あらゆるものを裏切って、しんどいしんどい本でした。
でも、読み応えはありました。
でも、つらい話でした。
手応えはあったけど、人にはあまりすすめられないなあ。
でも作者の力量は感じました。もっと別の作品を読むことにしよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幅がある

2017/09/30 09:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:akiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

三浦しをんさんは最初に明るいコメディタッチな小説やエッセイを読んでいたので、この作品には驚かされました。様々なジャンルや方向性の作品が描けるのはやはり素晴らしいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

多才

2016/01/03 02:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

故郷の島を津波が襲う。ここで生まれ育った信之は、幼馴染を救うために殺人を犯していた。過去が迫りくる、その恐怖にはハラハラさせられた。三浦氏といえば、「まほろ駅前」シリーズや「神去」二編など軽いタッチが多いが、本作は暗く、重い。人間の怖さも描かれていて、それは取りも直さず三浦氏の、幅の広さといっていいのではないか。文楽ミステリの「仏果を得ず」も同様で、今後も様々なジャンルを描いていただきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

驚きました。

2015/03/21 17:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

一気に読んでしまいました。著者の小説やエッセーを何冊か読んだ後で手に取ったのですが、こういう作品もうみ出してしまう人なんだ、と驚かされました。今までに読んだ作品と、雰囲気が全然違ったけれど、ぐっと引き込まれました。そして、ヒヤリとしました。何の先入観も持たずに読んで良かったと思いました。これからも著者の作品を読みたいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ズシンときます

2014/08/28 21:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニコラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分の好きな相手にはこうしてほしいと思っている数人の人物の願いはうまくかみ合いません、それぞれ違った考えを持って行動していきます。
愛があって人と同じ時間を過ごすのがいいのか、愛がなくても過ごすことができる相手がいることが幸せなのか、色々考えてしまいました(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「闇」のほうが相応しい気がするが「光」

2017/08/06 21:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

生き残った彼らがどんどん暗いほうへ、救いの無いほうへと這うように進んでいく流れは読んでいて辛かった。幸せじゃないかもしれないが ほんの少し明るい道へ行ければいいけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

重苦しい

2017/03/02 20:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

大震災のあとに読んだせいか 今も苦手意識がある作品です。私には巨大な災害で人生そのものが狂ってしまった人たちの共食いの物語に思えました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/08/20 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/04 19:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/13 12:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/01 09:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/16 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/08 17:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/23 19:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む