サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

 新規会員50%OFFクーポン ~7/31

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2014/08/01
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-744708-3
一般書

電子書籍

蒼煌

著者 黒川博行

芸術院の会員の座を狙う日本画家の室生は、選挙の投票権を持つ現会員らに対し、露骨な接待攻勢に出る。いっぽう、ライバルの稲山は、周囲の期待に応えるために不本意ながら選挙戦に身...

もっと見る

蒼煌

税込 734 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 6.2MB
Android EPUB 6.2MB
Win EPUB 6.2MB
Mac EPUB 6.2MB

蒼煌 (文春文庫)

税込 737 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

芸術院の会員の座を狙う日本画家の室生は、選挙の投票権を持つ現会員らに対し、露骨な接待攻勢に出る。いっぽう、ライバルの稲山は、周囲の期待に応えるために不本意ながら選挙戦に身を投じる。会員の座を射止めるのは果たしてどちらなのか。金と名誉にまみれ、派閥抗争の巣と化した“伏魔殿”日本画壇の清と濁を描き、その現実の姿に迫った問題作。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

蒼煌

2020/03/11 21:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

美術界の清濁について書かれたものでしたが、学芸院会員の選挙ですが憶単位の金が動くという話でした。やはり某大学の総長選挙もこのような話と聴いています。世の中、運もありますがきれいごとではいかないことは良くあることだと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

世の中銭でんな

2017/03/14 10:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レノキチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

どんな世界も、銭・銭・銭・・・・・・・!
正直者は、アホ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

選挙の恐さ

2016/08/21 19:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プロビデンス - この投稿者のレビュー一覧を見る

白い巨塔の教授戦もすごかったが、日本画界の選挙戦もコワイ!だったら議員の選挙ってどうなってるのか、などと想像をたくましくしてしまう。選挙で身も心も削って何が残るのか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

魑魅魍魎に妖怪跋扈の日本画壇。

2007/12/25 18:10

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み終わって、思わず「日本芸術院」を検索してしまう。
確かに存在している。組織も役割も、物語中に出てくるものと同一だ。
としたらこの物語に描かれる実態というのは、本当なんだろうか・・・。

日本画や洋画、彫塑に書。その他あらゆる芸術の頂点に君臨するのが、
日本芸術院である。その会員は、もちろん日本芸術界の最高位に君臨し、
あらゆる意味で、怖いもの無しの存在となる。
だけに、誰もがいつかはと目指すのが芸術院会員。しかし会員は定数で、
あまりに少ない。日本画、ではたったの13席である。
しかも、任期が無い。会員が「辞めた」と言う(基本的にこれは無い)か、
亡くなってしまわないと、チャンスが廻ってこないのだ。
だけに、会員に穴が空いた千載一遇のチャンスには、
虎視眈々と会員入りを狙っていた者達が、
当選する為あらゆる手段を講じる。
コネもカネも、あらゆるものを使う。・・・というか、金なのだ。
選挙に勝つには、会員になるには、金。
どれだけ金を撒くかで、その当否が決まる世界なのである。
そう全くもって、そのまま贈収賄事件である。
これが現存する日本芸術院の内情なのだとしたら、
これはちょっとした問題作?なんではなかろうか。

「疫病神」「国境」他、あまりに濃い名作を世に送り出した黒川氏。
この作品も、比類無き筆致で芸術世界の裏を描き上げている。
もちろんただの暴露本的な事だけではなく、
それでも芸術にひたむきに取り組む若い力を描き、
魑魅魍魎達とのコントラストが面白い。さらには政治家や画廊と言った、
「金」の匂いにつられて芸術院会員にまとわりつく者達。
本作は芸術院会員選挙を背景に、そんなマネーゲーム的な側面も見せ、
驚きの結末へと向かっていくのだ。

しかし恐ろしい作品である。目からウロコというか、
自分の常識が少し変えられた瞬間を感じさせられた。
読めば読むほど、「濃い」作品だなと感じる。
知識と引き出しが、どんどん増えていく感じさえした。
じっくり腰を据えて、もう一度相対したい作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

コワイ

2020/10/02 15:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hid - この投稿者のレビュー一覧を見る

本当にこんな感じなんだろうな。
読んでて嫌になる。
ってことは、それだけ黒川さんの書き方が上手ってことなんだけど。
ほんと、コワイ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/09/24 00:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/06 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/22 09:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/27 19:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/10 11:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/23 14:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/26 18:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/16 02:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/03 21:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。