サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~9/30

 新規会員50%OFFクーポン ~9/30

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2014/08/25
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館文庫
  • ISBN:978-4-09-191020-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

コミック

電子書籍

ウは宇宙船のウ

著者 萩尾 望都

ぼくたちはロケットが大好きだった。土曜日の朝の宇宙空港、爆音とともに大空へ消えゆく光点。いつかあのロケットで星の海を渡っていくことを、ぼくたちはずっと夢みていたのだった ...

もっと見る

ウは宇宙船のウ

税込 440 4pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 52.6MB
Android EPUB 52.6MB
Win EPUB 52.6MB
Mac EPUB 52.6MB

ウは宇宙船のウ (小学館文庫)

税込 545 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ぼくたちはロケットが大好きだった。土曜日の朝の宇宙空港、爆音とともに大空へ消えゆく光点。いつかあのロケットで星の海を渡っていくことを、ぼくたちはずっと夢みていたのだった …。少年たちの宇宙への憧れに満ちた表題作をはじめ、深海の闇にまどろむ恐竜を100万年の時を越えてよびさます「霧笛」、万聖説の宵は妖魔たちの饗宴「集会」など、レイ・ブラッドベリの傑作短編を萩尾望都が描く、珠玉のSFポエジー全8編。

著者紹介

萩尾 望都

略歴
1949年福岡県生まれ。「ポーの一族」「11人いる!」で第21回小学館漫画賞、「残酷な神が支配する」で第1回手塚治虫文化賞マンガ優秀賞受賞。2012年紫綬褒章受章。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (10件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「生と死」を叙情を持って表現するもの同士の「他流試合」

2002/10/11 00:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じゃりン子@チエ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 優れた原作を優れた描き手が映像化する、という行為はどこか「他流試合」を思わせる。それが、まるで異なる表現方法を選んだ人間同士の対決のように写るからだ。その斬り結びの間に生まれる緊張感は、原作に対する敬意と同時に作家の飽くなき挑戦心を感じさせる。「ウは宇宙船のウ」は、萩尾望都がSFの巨匠レイ・ブラットベリに正面から斬り結んだSF短編集である。
 表題作は、宇宙飛行士志願の二人の少年の物語。少年の視線つまり、夢というフィルターを通した宇宙の透明さと鮮烈さが美しい。そして、夢の実現と共に訪れる少年期の終わりが、いつもの萩尾望都以上の切なさと静けさを持って描かれている。また、「半神」の戯曲化の際に野田秀樹が引用した「霧笛」も収録されている。戯曲を読んだ方、舞台を観た方は是非。
 そして傑作「びっくり箱」。舞台は小さな塔を思わせる閉じた家。その家が世界の全て、と認識している少女の話。哲学的なテーマを内包した物語を、螺旋階段・びっくり箱から溢れるリボン・割れる硝子など、抽象的なモチーフであざやかに表現している。「抽象的なものを映像化するのが得意」というマンガの特性が、作品の構造やセリフと見事なまでに合致している。不思議な読後感が心地よく、何回読んでも飽きない。わずか33pの掌品だが、読み応えは抜群だ。
 ブラッドベリという作家のことを、私は全く知らない。が、萩尾望都が彼に惹かれた理由は推察できる。この本に収められた作品からは、死や、成長、愛について書くことで生きることの哀しさ、美しさを書くブラッドベリの姿勢と、その姿勢に対する萩尾望都の深い共感が読みとれるからだ。同時に、そのあまりに美しいセリフと情景への、驚嘆と嫉妬も。切なく、美しい筆致と言葉が胸に胸染みる傑作短編集。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ブラッドベリ原作。不思議な味わいのある短編漫画8編

2001/12/02 21:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mikako - この投稿者のレビュー一覧を見る

 二人の少年の宇宙飛行士への夢を描く「ウは宇宙船のウ」、地中から助けを求める女の人の声が聞こえる「泣きさけぶ女の人」、灯台の霧笛がはるか長い間ひとりぼっちだった者を呼ぶ「霧笛」、思い出の中の少女が無言で呼びかける「みずうみ」、日常にひっそりと忍び寄る侵略者「ぼくの地下室においで」、数十年に一度の魔物の集会での孤独な少年を描く「集会」、少女と母だけの小宇宙「びっくり箱」、父の夢と母の切ない思いを見つめる少年「宇宙船乗組員」。

 ストーリーで語りながら詩のような世界です。心の中に押し寄せる波のようなイメージの絵が素敵です。物憂げな雰囲気のものが多く、例えば表題作はわくわくするような憧れを語りながら非常に寂しげな雰囲気に包まれています。
 一番のお気に入りは「びっくり箱」。母親は娘を家から一歩も出さずに育てますが、閉じ込められている風には見えず「小さな世界」が作りあげられています。窓から見える森、その向こうは死の世界であると繰り返し少女に教え込んでいるのですが、少女には死の意味がわかりません。少女の持つ死のイメージと、宇宙が宇宙を内包するような感じが面白いです。螺旋階段を上から見下ろす構図とかバルコニーに続く階段など、建物内部の巧みな絵にはいつもながらホレボレします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/28 13:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/18 14:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/15 18:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/25 08:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/26 19:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/21 11:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/02 10:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/19 09:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/07 00:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/15 14:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/24 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/30 11:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/06 18:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。