サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~3/14

最大40%OFFクーポン ~3/14

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2014/09/12
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-790136-3
一般書

電子書籍

無双の花

著者 葉室麟

島津勢の猛攻に耐え、駆けつけた豊臣秀吉に「その忠義、鎮西一。その剛勇、また鎮西一」と誉めたたえられた立花宗茂。もともと九州探題・大友家の家臣であったが、秀吉によって筑後柳...

もっと見る

ポイント40倍

無双の花

03/18まで5pt

税込 560 203pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 5.7MB
Android EPUB 5.7MB
Win EPUB 5.7MB
Mac EPUB 5.7MB

無双の花 (文春文庫)

税込 693 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

島津勢の猛攻に耐え、駆けつけた豊臣秀吉に「その忠義、鎮西一。その剛勇、また鎮西一」と誉めたたえられた立花宗茂。もともと九州探題・大友家の家臣であったが、秀吉によって筑後柳川十三万石の大名に取り立てられた。関ヶ原の戦いで西軍に加担した宗茂は浪人となったが、十数年後、かつての領地に戻ることのできた唯一人の武将となった。右顧左眄せず義を貫いた男の鮮烈な生涯を描く傑作歴史小説!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

立花宗茂の話、これは面白い

2017/06/13 16:45

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:平成の読書人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

九州の戦国大名であり、関ヶ原の戦いで西軍につき、一浪人となりながら、徳川政権下で、大名に返り咲いた稀有の人物の物語ですが、まさに葉室ワールド。数多くの登場人物が見事に描かれています。立花宗茂のことを知っている人にも、知らない人にも是非とも読んでいただきたい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

無双の花とは良く名づけたものだ。

2014/09/07 11:54

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふとっちょパパ - この投稿者のレビュー一覧を見る

葉室麟さんが描く、男も女のどちらも凛々しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一陣の吹き抜けるさわやかな風

2020/05/17 08:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ディック - この投稿者のレビュー一覧を見る

秀吉により豊前柳川の大名に封された立花宗茂。その妻たち、家臣たちとの物語である。関ケ原の戦で西軍に与した宗茂は、改易となり家臣たちと京都、江戸で家康に再び認められようとした。念願かない最後は柳川に再封されるにいたるまでの、心温まる一生がつづられている。
読後、一陣のさわやかな風が吹き抜けたような感じを受けた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

硬さがある

2017/05/10 20:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

文章・人物描写とも硬さが気になる。人物の心情が型通りで物足りない。読者の心を動かすような厚みのある描写をお願いしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あっさりして物足りない

2015/09/16 13:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

葉室麟さんの作品はいくつか読んだが、私にはどうも物足りない。
どの作品も人間関係が淡泊なので、作品ごとの区別がつかない。

立花宗茂の場合、家来との結びつきがポイントになるのに、
その点をあっさり書いて、真田信繁を登場させても・・・?

立花宗茂については、多くの作家が書いているが、志木沢郁の
作品(学研M文庫)が、内容的に一番だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/14 11:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/20 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/05 23:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/16 12:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/31 00:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/09 21:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/28 13:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/12/21 11:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/24 11:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/17 09:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。