サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

KADOKAWA コミック・ライトノベル最大50倍(~11/22)

人は死なない
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 59件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2014/09/13
  • 出版社: バジリコ
  • ISBN:978-4-86238-178-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

人は死なない

著者 矢作直樹

神は在るか、魂魄は在るか。生命の不思議、宇宙の神秘、宗教の起源、非日常的現象。生と死が行き交う日々の中で、臨床医が自らの体験を通して思索した「力」と「永遠」、そして人の一...

もっと見る

人は死なない

1,080 (税込)

ポイント :10pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

人は死なない ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索

1,404(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.4MB 無制限
Android EPUB 7.4MB 無制限
Win EPUB 7.4MB 無制限
Mac EPUB 7.4MB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
10%OFFクーポン
「電子書籍ストア 10%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。
電子書籍ストア全品!
ポイント最大50
キャンペーン!
こちらは「電子書籍ストア全商品対象!ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

神は在るか、魂魄は在るか。生命の不思議、宇宙の神秘、宗教の起源、非日常的現象。生と死が行き交う日々の中で、臨床医が自らの体験を通して思索した「力」と「永遠」、そして人の一生。

目次

  • 第一章 生と死の交差点で
  •   一 はじめに
  •   二 生と死の現場
  •   三 代替医療
  • 第二章 神は在るか
  •   一 科学と科学主義
  •   二 宗教と人間
  •   三 大きな力
  • 第三章 非日常的な現象
  •   一 自分の中に入り込む他者

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー59件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

常識を変えることは難しい

2013/09/14 00:47

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:D5 - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルを見て興味を持ち、著者が医療のスペシャリストであることもあってトライするという気持ちで購入。
この本を読むまでは私は世の中の理は科学であり、宗教に語られる死後の世界や霊魂が入り込む余地のないものだと思っていた。しかし、実際に著者が体験した医療現場での話や、彼の体験を読み「そのような世界があってもおかしくはない」とも思えるようになった。

ただ、自分の中の常識を変えることは中々難しい。
「信じ難い」
しかし、「存在するのかもしれない」
という葛藤が生まれた。
少なくとも営利や権力を目的とする宗教団体を除いて、宗教に対する差別は消えた(本の趣旨は宗教どうこうではないが)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人は死なない

2016/01/17 15:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スンスン - この投稿者のレビュー一覧を見る

母が亡くなったあとこの本に出会い、とても興味深く読みましたが、私が望んでいたような内容ではなくいまいちでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ある医師の生の洞察

2016/07/14 14:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:平良 進 - この投稿者のレビュー一覧を見る

歳まだ若い東大病院の医師による、臨床および個人的な超自然的な体験などの体験と感想なんである。終始、謙虚な物腰で書かれているのが好感を持てる。できれば私も体験してみたいと思うようなことがいくつも列挙されている。私が沖縄に住みたいと考えるのはそういう意味もある。ユタに会ってみたいと思うし話を聞いてみたい。自然科学は大幅に進歩を遂げているが、まだまだわからないことが多いことを思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ちょっと内容がごちゃごちゃしている。

2016/12/06 15:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とりまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

お医者さんが体験したり、聞いたりした不思議な現象が載っています。
ただ、本の内容全てがそうというわけではなく、普通に治療内容が専門用語で書かれていたりします。ですから怪しさはその分薄れている気がします。
この本に載っていた気功の先生の本を思わず買ってしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/02/08 10:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/17 15:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/05 13:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/02 23:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/25 03:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/04 17:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/01 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/12 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/12 10:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/13 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/02 15:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

西洋哲学 ランキング

西洋哲学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む