サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~5/31

10周年感謝デー 5/17

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 39件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2014/10/03
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-139031-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

終の住処(新潮文庫)

著者 磯崎憲一郎

結婚すれば世の中のすべてが違って見えるかといえば、やはりそんなことはなかったのだ──。互いに二十代の長く続いた恋愛に敗れたあとで付き合いはじめ、三十を過ぎて結婚した男女。...

もっと見る

終の住処(新潮文庫)

税込 374 3pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 3.5MB
Android EPUB 3.5MB
Win EPUB 3.5MB
Mac EPUB 3.5MB

終の住処 (新潮文庫)

税込 374 3pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

結婚すれば世の中のすべてが違って見えるかといえば、やはりそんなことはなかったのだ──。互いに二十代の長く続いた恋愛に敗れたあとで付き合いはじめ、三十を過ぎて結婚した男女。不安定で茫漠とした新婚生活を経て、あるときを境に十一年、妻は口を利かないままになる。遠く隔たったままの二人に歳月は容赦なく押し寄せた……。ベストセラーとなった芥川賞受賞作。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー39件

みんなの評価3.0

評価内訳

紙の本

結婚って何だろう。何年後かにまた読み返したい1冊。

2020/09/11 20:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タラ子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

30過ぎの男女が結婚するところから物語は始まる。
疲れたような、諦めたような表情が見られた、という一文や、既知の事実が自分にだけ知らされていないような感覚に男が陥る場面から、結婚初期の高揚感は全く感じられず、ただただこれから続く結婚生活に対する何やら恐ろしく、暗い印象が押し寄せてきた。

最初の不穏な印象どおり11年もの年月妻と男は言葉を交わさなかった。
そして男は気づく。『妻はもう何年も前から知っていたのだ。恐らく妻は、俺と結婚する以前から結婚後に起こるすべてを知っていた、妻の不機嫌とは、予め仕組まれた復讐なのだ』と。妻は知っていたのならなぜ結婚したのか、なぜ知っていたなら阻止する努力をしなかったのか。そもそも諦めから始まった結婚生活に何の期待もしていなかったのか。うーん、結婚は複雑だ。

不倫相手が、子供の頃にうまく育てられなかったイグアナを林に逃がすが、その女が、人間の背丈ほどにもなってどこへ行くことも許されなくなったイグアナは必ず自分のところに戻ってくると語る場面が印象的だった。
この場面が、子どもが自立するほどに年を重ねた男が最後妻と向き合い、妻のいるいえで死に至るまで妻とふたりだけで過ごすことを悟るシーンに結びついてくる気がした。
女は、どれだけ好き勝手にやっている男でも最後はきっと自分のもとに帰ってくるとみな信じている生き物なのかもとここで思った。

この小説全体を通して、固有名詞は全く使われていない。ある意味〇〇さんといったような固有名詞がついている方が、それは〇〇さんの話で自分は違うと思えたであろうが、あえて使われないことでこの物語がありふれた誰にでも起こるものとしてぐっと距離を縮めてくるのだ。

また何年後かに読み返したい1冊だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

嫌いではないですね

2017/02/09 22:12

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

初見の作家さんです。
どうして読む気になったのかは憶えてません。ただ時々、罪滅ぼしか食生活を見直すみたいに純文学とか言われるものを読んでいます。(笑)

例のよって例のごとく私にはこの作品の意味や価値はわかりませんでした。食事に例えたついでに言えば、体に良いと言われるものを食べたところでその良さを肉体的に実感することなど私はないのです。単純に美味しいか不味いか、要は好みがあるだけです。

ただ一箇所、「孤独」について書かれた部分は共感というか強く同意できました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

フィルター越しの現実

2013/02/26 21:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ソレイケ - この投稿者のレビュー一覧を見る

一組の夫婦の物語だが、所謂分かりやすい「リアリティ」は希薄である。だが、完全な不条理劇ともワタシには思えなかった。「夫婦」という、基本的でありながら極めて社会制度的な関係が普遍的に持つ「何か」が非常に生々しく描かれているという印象を持った。最大公約数的に認知される「現実」を、ごく個人的な認識のフィルタを通して見えたものを正直に表現するとこうなるのかもしれない。「私にはこう見える」というわけだ。従って、形態的にはアレゴリカルなものとならざるを得ない。一篇が丸ごとそのまま世界の暗喩であるというような形の小説ではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/11/01 20:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/21 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/12 14:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/16 02:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/02 22:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/15 19:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/27 19:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/08 16:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/19 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/24 01:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/09 22:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/05 23:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。