サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~7/31

「無料連載ページ」リニューアル 5/23~

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 新潮社
  6. 新潮文庫
  7. 狂気という隣人―精神科医の現場報告―(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2014/10/17
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-130571-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

狂気という隣人―精神科医の現場報告―(新潮文庫)

著者 岩波明

人口の約1%が統合失調症という事実。しかし、それが我々に実感されることがないのはなぜか。殺人、傷害にかかわりながら、警察から逮捕もろくな保護もされず、病院さえたらい回しに...

もっと見る

狂気という隣人―精神科医の現場報告―(新潮文庫)

税込 594 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 5.7MB
Android EPUB 5.7MB
Win EPUB 5.7MB
Mac EPUB 5.7MB

狂気という隣人 精神科医の現場報告 (新潮文庫)

税込 539 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人口の約1%が統合失調症という事実。しかし、それが我々に実感されることがないのはなぜか。殺人、傷害にかかわりながら、警察から逮捕もろくな保護もされず、病院さえたらい回しにされる触法精神障害者。治癒して退院したはずなのに、再び病院へ戻ってくる精神病患者。疲弊する医療関係者。社会の目から遮蔽されてきた精神医療の世界を現役の医師がその問題点とともに報告する。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

精神医療に対する誤解を解く

2010/01/26 22:45

7人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GTO - この投稿者のレビュー一覧を見る

 精神医療に対する誤解を解くと聞くと、精神病患者は怖くないよと云う、いわゆる人権派の主張が書いてある本だと思うかもしれませんが、決してそのような皮相な内容ではありません。誤解を解くというのは、事実を知るということで、マスコミ等から植え付けられた思い込みを排することです。
 
 「精神病患者は、危険か」と問われれば、この本を読めば危険な人達もいれば、そうでない人達もいることが分かる。精神病は、ストレスなどの心因性のものが多いと思われがちだが、環境が発症を後押しする場合もあるが、直接原因のものは少ないらしい。このような精神障害者に対する誤解を解くと同時に、この本を読むことで、精神医療の現場の問題がよく分かる。
 
 入院加療が必要な人が入院できなかったり、退院が適切でない人が社会に出てしまう状況。医療法で、患者当たりの医師や看護士の数が3分の1のため、苛酷な労働条件である状況。触法精神障害者に対する法律や施設が未整備である状況など、あまり世間の注目を浴びない面が浮き彫りにされている。特に、人権を尊重するとはどういうことなのか、考えさせられる。これは、精神障害者だけでなく、他の障害者にも同じようなことが言えると思う。平等とは、何でも同じにすることではないはずで、個に応じた扱いがなされなくては、真の問題解決にはつながらない。
 
 先進国で最も自殺率が高く、殺人や殺傷事件でたびたび精神鑑定が話題となる現在の日本において、自らや他人を傷つけたり、殺害する可能性のある人を看護しないままにしているのは、果たして人権尊重と言えるのか、深く考えさせられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/10/25 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/05 19:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/25 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/17 21:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/15 18:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/07 16:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/21 11:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/23 21:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/18 01:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/05 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/26 14:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/10 15:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/13 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/22 20:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。