サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~8/31

新規会員50%OFFクーポン ~8/31

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 経済・ビジネス
  4. 経営・ビジネス
  5. NHK出版
  6. ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 282件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2014/10/16
  • 出版社: NHK出版
  • ISBN:978-4-14-081658-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

著者 ピーター・ティール(著),ブレイク・マスターズ(著)

空飛ぶ車が欲しかったのに、手にしたのは140 文字だ「もし本気で長期的な人類の発展を望むなら、ただの140 文字や“永遠の15 分” を超えた未来について考えなければなら...

もっと見る

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

税込 1,408 12pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 8.8MB
Android XMDF 8.8MB
Win XMDF 8.8MB

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

空飛ぶ車が欲しかったのに、
手にしたのは140 文字だ
「もし本気で長期的な人類の発展を望むなら、
ただの140 文字や“永遠の15 分” を超えた未来について考えなければならない。
ZERO to ONE はシリコンバレーを教科書に、
難題を克服してこれまで存在し得なかった偉大な物事を築きあげるための本だ」 by Peter Thiel

たとえば、日本が「失われた20年」と言われている間に、世界のイノベーションを引っ張っているのはアメリカ、特に西海岸のシリコンバレーだ。アップルやフェイスブックといった名前がすぐに思い浮かぶけれど、数多のスタートアップが起業しては消えていく世界でもある。
そんな中、次々と成功する企業を立ち上げる起業家集団がある。
オンライン決済サービス・ペイパルの初期メンバーとして繋がりが深く、現在もシリコンバレーで絶大な影響力を持つことから「ペイパル・マフィア」とも呼ばれる彼らは、ご存知ユーチューブ(YouTube)をはじめ、電気自動車のテスラ・モーターズや民間宇宙開発のスペースXからイェルプ(Yelp!)、ヤマー(Yammer)といったネットサービスまで、そうそうたる企業を立ち上げてきた。
本書はそのペイパル・マフィアの雄、ピーター・ティールが、母校スタンフォード大学で行った待望の起業講義録である。

掲載中の特集

ためになる本をテーマに10作品以上をラインナップしています。ほかにもhontoでは無料の本を集めた無料漫画特集無料男性コミックを展開しています。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー282件

みんなの評価4.0

評価内訳

電子書籍

起業・投資家は一読すべき

2019/08/16 10:25

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キートン - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルから想像される内容からはいい意味で裏切られた。
起業の教科書かと思ったが読了してみればもっと幅広い。

そして濃い内容なのに小難しくなく腹に落ちやすい。
ピーター・ティールがカフェで語っているような構成・文体なので
すごく理解しやすいし、読んでいて疲れない。

スタートアップの起業から投資に関する話、そして今後の未来について。
何度でも読み直して彼の考え方、視点を自分にインストールしたい。

強調されていたのが「隠された真実」
起業にしろ投資にしろ生き残るにはいかに隠された真実を見つけ
たどり着けるか。

起業、投資する人間はすぐに手に取れるようにそばに置いておきたい。
それほど重宝する優しい教科書じゃないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

最高でした

2017/12/27 08:21

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろば - この投稿者のレビュー一覧を見る

国内の安易な知識の寄せ集め本ではなく、
自身も創業者として活動していただけあって知見が深い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

米国ITの世界

2016/01/17 21:09

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:徹徹 - この投稿者のレビュー一覧を見る

米国流のITビジネス構築の話が展開されています。米国流のITイノベーションとは何かを知る上で読んでおくべき1冊と思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

0に飛び込め

2015/03/26 12:03

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

読後に無性に行動したくなる本だったから当たり。『リーン・スタートアップ』の最小のものから始め最速で改善するという考えとはかなり異なる。タイトルの通り完全にまっさらで競争企業が存在しない0に飛び込もうとする 会社に投資するのが彼のスタイル。投資家は着目点がおもしろい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スタートアップの7か条

2016/04/10 01:09

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コピーマスター - この投稿者のレビュー一覧を見る

これまで世の中になかったものを、一番効果的なフィールドを狙ってドカンとやれ、もちろん考え抜いてやれ。それが未来を作ることだ。「ゼロ・トゥ・ワン」はそんな本だ。
著者のピーター・ティールは「リーンスタートアップ」とは逆の立場。
また、戦略もなしにトレンドに乗ってあとは成り行き任せという怠慢な態度も批判している。
本書を読むと、「大きく」成功する企業は、成功すべくして成功しており、決して偶然の産物ではないことがよく分かる。その法則はペイパルのようなユニークなサービスを売る企業だけに限定されることではない。
ドットコムとか、クリーンエネルギーとか、多数の企業が参入し、最終的にバブルがはじけた時、あれはバブルだったから失敗したというような論調の話になりがちだが、そんな中でもきちんと成功している企業もあることが紹介されている(ペイパルもドットコムバブル期の企業)。
明暗を分けた違いは何か。
それを知るには本書のスタートアップで考えるべき7か条がとても参考になると思う。
ところで、本書をビジネス書としてみた場合、せいぜいお金や名声を得ようとか、よくても社会貢献しようという発想の人は引いてしまうかもしれない。ピーター・ティールの未来を作るという、まるでマルクスのような理想に鼻白んでしまうだろうから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

起業しようと思うなら読むべし

2015/08/31 03:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ほん太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

リーンスタートアップなどとは対極にあるかもしれない。
これを読んだからといって0から1を生み出せるようになるかは別だと思うが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/12/29 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/04 22:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/11 20:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/01 10:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/14 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/08 01:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/02 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/11 01:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/02 00:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。