サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~3/14

最大40%OFFクーポン ~3/14

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2014/10/17
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-752009-0
一般書

電子書籍

無防備都市 禿鷹の夜II

著者 逢坂剛

ヤクザにたかり、弱きをくじく、冷酷非情な刑事が帰って来た! 史上最悪の刑事禿富鷹秋(とくとみたかあき)――通称ハゲタカ。警視庁神宮署の放し飼い。彼にかかれば、上司もキャリ...

もっと見る

ポイント40倍

無防備都市 禿鷹の夜II

03/18まで6pt

税込 734 266pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 5.6MB
Android EPUB 5.6MB
Win EPUB 5.6MB
Mac EPUB 5.6MB

無防備都市 (文春文庫 禿鷹の夜)

税込 737 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ヤクザにたかり、弱きをくじく、冷酷非情な刑事が帰って来た! 史上最悪の刑事禿富鷹秋(とくとみたかあき)――通称ハゲタカ。警視庁神宮署の放し飼い。彼にかかれば、上司もキャリアも関係なし。警察組織を食い荒らし、南米マフィアを翻弄し、さらには関係を持った女性をも平気で見殺しに――。圧倒的存在感で描かれた悪漢、神宮署生活安全特捜班のハゲタカの非道ぶりをご覧あれ。本邦初の警察暗黒小説、待望の第二弾。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

醜いうえに派手好き、しかも暴力を振るうことに躊躇わない、そんな禿富がこの話ではどうも変わってしまったようです。それがいいかどうかは疑問ですが

2006/02/07 19:38

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

《渋谷の片隅で小さなバー〈みはる〉を営む桑原世津子の店に、元敷島組の宇和島が法外なみかじめ料を出せと言ってきた。その宇和島を叩きのめしたのが、神宮警察署の警部補禿富だった》
好き嫌いはともかく、最近の日本の警察小説に登場した人物のなかで、異様さで群を抜くのは逢坂の『禿鷹の夜』に登場した禿富鷹秋でしょう。暴力を躊躇わず、組織そのものを拒否するような警部補というのは他の小説でも見ますが、派手な背広に異様な顔つき、おまけに冷酷は珍しいものです。
元敷島組の組員で、いまはマスダに乗り換えた宇和島博。裏切ることを何とも思わない男が目をつけたのは、少ない売り上げで何とかやっているバー〈みはる〉でした。主人の桑原世津子は40代後半の独身。気の強さが災いして、男と長続きしないのが玉に瑕ですが、もともとは美人。宇和島が世津子に要求した金は20万。稼げなければ、暴力バーにして稼がせてやるというのです。
拒否した世津子に怒り、暴れだした宇和島を取り押さえたのが、一見警察官とは思えない30代の男。それが渋六組と関係がある神宮警察署生活安全特捜班の警部補 禿富鷹秋でした。でもそのご面相ときたら・・・
マスダに鞍替えした宇和島は、自分の顔が効く神宮警察署の刑事課長代理の鹿内警部に、禿富を懲らしめることを依頼します。その結果、禿富は渋六の幹部 水間と歩いているところを、鹿内に命じられた三人の男たちに襲われるのです。傷を負った禿富は、旨いレンコンの甘煮を出してくれた世津子の店に転がり込みます。
暴力団の縄張り争い。日本で一旗あげようとするコロンビアに本部を持つマフィア・スダメリカナ。以前、禿富にミラグロという殺人者を差し向けたマスダ。暴力団に情報を売ることで便宜と金を得る警察官たち。
『禿鷹の夜』に続くシリーズ第二弾です。男達の欲望が、怒りが、不満が暴力となって渋谷の夜を血で染めていきます。前回は、決して好ましいとは思えなかった禿富が、今回は実に格好いいのです。無論、相変わらず身勝手ではあります。人を、組織を無視するところは全く変わりません。にもかかわらず、何かが変わりました。それがシリーズ化のせいか、それを見抜いた読者が作者にシリーズ化させたのか。逢坂のシリーズ、公安、御茶ノ水署、そして禿鷹、重蔵、西部劇、重さに差はあるものの、どれも面白い。その分、スペインものが俗っぽくなってきているのは、仕方ないのだろうか・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/10/17 23:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/04 20:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/02 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/13 16:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/28 22:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/23 15:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/22 07:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/20 09:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/20 12:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/17 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。