サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

⑤[4日間限定バナー]12月度:コミック ポイント30倍(~12/14)

⑤[4日間限定バナー]12月度:コミック ポイント30倍(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 小説・文学
  4. 水神
  5. 水神(上)(新潮文庫)
水神(上)(新潮文庫)(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2014/11/21
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-128822-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

水神(上)(新潮文庫)

著者 帚木蓬生

目の前を悠然と流れる筑後川。だが台地に住む百姓にその恵みは届かず、人力で愚直に汲み続けるしかない。助左衛門は歳月をかけて地形を足で確かめながら、この大河を堰止め、稲田の渇...

もっと見る

水神(上)(新潮文庫)

659 (税込)

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

水神 上 (新潮文庫)

594(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.7MB 無制限
Android EPUB 6.7MB 無制限
Win EPUB 6.7MB 無制限
Mac EPUB 6.7MB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

目の前を悠然と流れる筑後川。だが台地に住む百姓にその恵みは届かず、人力で愚直に汲み続けるしかない。助左衛門は歳月をかけて地形を足で確かめながら、この大河を堰止め、稲田の渇水に苦しむ村に水を分配する大工事を構想した。その案に、類似した事情を抱える四ヵ村の庄屋たちも同心する。彼ら五庄屋の悲願は、久留米藩と周囲の村々に容れられるのか──。新田次郎文学賞受賞作。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

江戸農民の凄まじき生活

2012/06/26 12:13

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽかぽか - この投稿者のレビュー一覧を見る

江戸時代の農民の暮らし、どれだけ苦労して自然と対峙し作物を作っていたかが骨身に沁みるような心地で読んだ。泣く泣く女房を売ったり土を食ったり、川が氾濫して家が流されたり。衣食住の全てが満たされない中、年貢はなくならず借りは増える一方で、直訴すればハリツケや打ち首。そりゃあ一揆も起こるわと…。

当時の農業での灌水の方法や、食生活(藁餅なんてのもある)、山で何を採ったか(松の皮まで食べた)などの詳細な描写がとても面白かったが、中には今はなくなった生活方法もあるので、映像で見てみたいと思った。農民の中には土を食おうとしたという話も出てきて、この本を読むと米に向かって手を合わせる気持ちが強くなるようだ。

やや話の筋に触れるが、物語の中後半で、川から出た巨石を、村々の人々が総出で運ぶ場面は手に汗を握り、感動しながら読んだ。

文章はやや難し目の漢字や、前記した分からない部分もあるが、慣れれば心地良く、民俗学的な知的好奇心を満たしつつ物語に入りこめる。それにしてもこの時代に庄屋がここまで農民のことを思い、命を投げ打ってまでお上を動かし大事業を成し遂げたということに素直に驚かされる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/04/23 12:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/02 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/19 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/29 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/21 14:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/07 17:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/26 20:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/24 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/14 09:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/20 07:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/29 01:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/16 12:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/16 14:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/15 10:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る