サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~5/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 新潮社
  6. 新潮文庫
  7. 警視庁強行犯係・樋口顕
  8. リオ―警視庁強行犯係・樋口顕―(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 89件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2015/01/02
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-132151-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

リオ―警視庁強行犯係・樋口顕―(新潮文庫)

著者 今野敏

「彼女が容疑者だとは、思えない」警視庁捜査一課強行犯第三係を率いる樋口警部補は、荻窪で起きた殺人事件を追っていた。デートクラブオーナーが殺害され、現場から逃げ去る美少女が...

もっと見る

リオ―警視庁強行犯係・樋口顕―(新潮文庫)

税込 737 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 5.7MB
Android EPUB 5.7MB
Win EPUB 5.7MB
Mac EPUB 5.7MB

リオ (新潮文庫 警視庁強行犯係・樋口顕)

税込 781 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「彼女が容疑者だとは、思えない」警視庁捜査一課強行犯第三係を率いる樋口警部補は、荻窪で起きた殺人事件を追っていた。デートクラブオーナーが殺害され、現場から逃げ去る美少女が目撃される。第二、第三の殺人が都内で起こり、そこにも彼女の姿が。捜査本部は、少女=リオが犯人であろうという説に傾く。しかし、樋口の刑事の直感は、“否”と告げた。名手が描く本格警察小説。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー89件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

刑事・樋口の苦悩

2014/01/10 00:02

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:taka - この投稿者のレビュー一覧を見る

殺人事件が3件続けて発生した。現場には常にリオという少女の存在が目撃されていた。リオ容疑者説の捜査本部に疑いの意見を持つ樋口が捜査を進めるが真犯人は果たして・・・
リオと同世代の娘の父親でもある樋口の苦悩が常に付きまとう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「リオ」は、美少女の名前

2018/05/05 23:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の樋口という刑事は、およそ刑事らしくない内省的な性格。
 私より少し上の年齢に設定してあって、その世代のものの見方が面白かったですね。自分たちは団塊の世代の後始末をさせられているという見方は、私なども、なるほどと思いました。
 さすが、今野敏は面白い。シリーズなので、また読もう。
 なお、「リオ」は、都市名ではありません。物語に重要な役割を持つ美少女の名前です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

警視庁強行犯係に似つかわしくない樋口警部補の人柄が印象的

2007/08/12 21:39

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 以前、『鼓動』というタイトルの付いた警察小説の競作集を読んだことがあり、その作家の一人に今野敏がいた。そこでの作品がどうであったかは、もう忘れてしまった。書店で偶然取り上げ、買い求めたのがこの『リオ』である。
 警視庁刑事部捜査一課強行犯係の警部補が主人公である。所轄署の刑事とある事件の捜査本部で共同で事件解決に当たる物語である。副題に警視庁強行犯係樋口顕とある。
 地味でシャイな主人公だが、上司や仲間には頼りにされている。その樋口が事件の発生した荻窪署に設置された捜査本部で活躍する。この事件とは別に連続して殺人事件が発生するが、これが最初の事件とどのように関わってくるか。その辺りの筋立ては見えているのだが、アプローチが興味深い。
 また、樋口の心の中で世代論が展開される。樋口は40歳という設定だが、その世代を指導してきた団塊の世代との係わり合いである。通常は絶え間なく続く組織内でのノウハウの継承は、世代間で移転されて行く。それが組織としての意義であり、個人事業との違いである。
 警視庁のような大組織になると、「団塊の世代」という世代が大きなウェイトを占めてくるのかもしれない。世代などは継続しているがゆえにあまり意識されないのが普通ではあるまいか。
 もう少しマクロに見るとたしかに世代という論議は有効かもしれないし、意味が出てくるのかもしれない。しかし、一般的にはそれほどの目に見えた実像は姿を現さないのが一般的であろう。
 その世代論を除けば、本作品は娯楽作品としては大いに楽しめたのである。この樋口警部補を主人公とした作品は続編があるようなので、強行犯係には似つかわしくない樋口の性格はかえって目立つ。このキャラクタをうまく育てて行ってもらいたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

テレビドラマよりも好き

2022/04/07 11:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:imikuto - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリーとしての出来はイマイチだが、エンタメとしてはまずまず楽しめる。
主人公の樋口は、自信はなく、優しく、ナイーブな、刑事らしからぬ性格。そんな設定にして読者を惹きつけている。
キャラと、ストーリー性で読ませるところは、さすが今野さん。
でも隠蔽捜査シリーズよりは、やや落ちるかな。

テレビでもシリーズドラマ化されているが、キャラ的には別物という感じがする。
原作のほうが絶対良い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/08/30 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/27 14:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/08 21:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/11 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/14 20:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/04 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/31 11:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/15 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/02 00:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/22 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/29 16:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。