サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

★OP 最大40%OFFクーポン (クーポン祭り)

お買い物金額分全額還元キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 自然科学・環境
  4. 動物学
  5. 太郎次郎社エディタス
  6. 野生動物が見つめるゴミ列島 宮崎学のカメラ・アイ
野生動物が見つめるゴミ列島 宮崎学のカメラ・アイ

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

野生動物が見つめるゴミ列島 宮崎学のカメラ・アイ

著者 著:宮崎学

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使...

もっと見る

野生動物が見つめるゴミ列島 宮崎学のカメラ・アイ

税込 864 8pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 43.4MB 無制限
Android EPUB 43.4MB 無制限
Win EPUB 43.4MB 無制限
Mac EPUB 43.4MB 無制限

野生動物が見つめるゴミ列島 宮崎学のカメラ・アイ (Taro book Jiro book)

税込 1,835 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
最大40%OFFクーポン配布中!
「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

繁栄と自然破壊、飽食とゴミ、自然の生態系がくずれるなかで、日本の野生動物の変貌は人間社会のぶきみな未来像を予告する。中卒後、独学でカメラ術を究め、自然界の報道カメラマンとなった著者がゴミ列島日本の取材とこれまでの自分史とを語り、衝撃の写真50葉を添える。

目次

  • I……生きる戦略を自然界から学ぶ 勉強なんて大嫌い! 鳥たちに熱中した小学校時代 転機となった子リス“コロ”の死、鳥たちを空に放つ カメラとの出会い、レンズは鷹の目の輝き 絶望の淵へ、河川工事で汚れた飲み水で腎臓病に 神秘の鳥・フクロウ、だれにも撮れない写真を撮ろう! 徹夜のフクロウ撮影で吐血二度、死んだつもりになって 知られざる自然界を探ろう、「フクロウ」から「けもの道」へ 絶望のときクマタカに魅せられて、ワシとタカ15年II……「けもの道」から「鷲と鷹」へ 「けもの道」の発見、道は人間だけのものではない 発想を転換して、ロボットカメラで「けもの道」を撮る 日本のワシとタカ16種類、その全部を撮ろう ハヤブサとの出会い、潮風にさらされた断崖絶壁の八時間 カンムリワシへの挑戦、沖縄・西表島へ 通説をくつがえす、カンムリワシの営巣を撮る 野生動物の一員として、自然界から学んだカメラ・アイIII……フクロウとカラスの子育て フクロウの性別分業、オスは狩り、メスは育児 卵に話しかける親鳥、こたえる卵の中のヒナ 不気味な絶叫、母フクロウの子別れ・子フクロウの親別れ 自然界のサイン、巣の外に産みおとされる卵 自然界のバランス、餌を中心につながりあう カラスの人間ウオッチング、カラスの巣づくりから見えてくる人間社会 すばらしい学習能力、親子カラスのゴミあさり学習会IV……野生動物から見た人間のゴミ事情 東京に暮らす、ドブネズミとクマネズミ タヌキを襲った異変、ガンと白毛のタヌキ 人間がつくりだした“害獣”、サルとニホンカモシカ 巨大産業となったペットブーム、「動物愛護センター」って? 自然界の“お掃除屋さん”がいても、新種の“菌”が異常繁殖 拡散していくゴミゴミ事情、自然界の変動に適応する野鳥たち 生命の汚染、ハヤブサの子育て9年間の失敗 絶滅するウリミバエ、動物たちは黙って生きているV……動物たちの死、その循環 動物にとって“死”とはなにか? 使命感につき動かされて 動物の死体はどうなる? 死体から自然界に出されるサイン 季節によって出番がくる、死体処理係の生きものたち 死体は大地に還り、新たな生命にひき継がれて 覚醒する瞬間、ひとは大地に生かされ、大地に還る

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

単なるゴミ問題糾弾モノとは異なります。

2001/02/07 12:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:岡埜謙一 - この投稿者のレビュー一覧を見る


 宮崎学さんの名前を初めて知ったのは、写真集『けもの道』(共立出版・絶版)だった。いまからもう20年も前になる。地元・伊那谷の山中に赤外線で感知するカメラを仕掛け、そこを通る動物たちを撮した写真集だ。たとえカメラ任せだったにせよ、その発想はとても斬新で、撮影された動物たちの姿もいきいきしていた。続いて平凡社から発行された『鷲と鷹』『フクロウ』など、その仕事ぶりには目を見張るものがあった。これらは私の貴重な蔵書になっている。その後も宮崎さんの活動はいっこうに衰えてない。しかし一般に写真集というものは、読者が考えるほど部数が出るものではない。ベストセラーになるのはごく一部のアイドル写真集くらいだ。なかでも野生動物の写真集というものは極めて労多くして、報われるところの極めて少ないものだ。なまなかな決意で始められるものではないし、長く持続することはさらに難しい。それだけに、名前に馴染みのある写真家の新しい作品を目にすると本当に嬉しくなる。
 ただし本書は新作の写真集ではない。前半は宮崎さん自身の半生を語ったもので、信州伊那谷における子ども時代の動物との関わりや、動物写真を志したいきさつ、「けもの道」から「鷲と鷹」「フクロウ」など一連の作品を完成させる苦労話がいきいきと書かれている。「鷲と鷹」では日本に棲んでいる鷲・鷹16種類すべての撮影をめざし、それを成功させている。野鳥に興味のない人はたった16種類と思うだろう。しかし、それを撮影する側にとっては気の遠くなるような数なのだ。実際、宮崎さんはそれを完成させるのに15年もかけているのだ。これに続く「フクロウ」では、山中に撮影のための小屋を設け、長期間泊まり込んでの撮影だった。
 後半は動物とゴミとの相関関係がテーマだ。鳥の巣に使われている材料に紙おむつを発見したことから、宮崎さんのゴミ捨て場巡りが始まった。人間たちが気軽に捨てるゴミを動物たちがどう活用しているか、生態系がどう変化してきているか、それを執拗に追求しているのだ。宮崎さんは決して、本書で声高にゴミ問題を糾弾しているのではない。しかしここに書かれている内容はかなりショッキングだ。ゴミ捨て場にまかれた殺虫剤のために癌になって全滅したタヌキの群、果樹園に捨てられたリンゴを食べにきて害獣にされてしまったニホンザル、農薬や化学物質が食物連鎖をたどってもたらす影響など、ぞっとするような話も出てくる。一方で、カラスやドバトがゴミをあさるおかげで、結果的に環境のクリーニングに役立っているという事実も書いている。こういった見方は、野生動物と自然界のできごととを冷静に見つめ続けている写真家ならではのものだ。
 もしも本書読まれた方は、ぜひ「フクロウ」や「鷲と鷹」も手にしてほしい。これらはいまだに版を重ねている動物写真の名作だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。