サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~4/30

最大50%OFFクーポン ~4/30

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.7 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2015/01/30
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-767008-5
一般書

電子書籍

おらんくの池

著者 山本一力

元気なお父さんが、日本を明るくする!“おらんく”とは土佐弁で「おれの家」のこと。愛する故郷・高知から上京して40年。21世紀の江戸に暮らす山本家は今日も大騒ぎ。効果的なセ...

もっと見る

おらんくの池

税込 591 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 5.6MB
Android EPUB 5.6MB
Win EPUB 5.6MB
Mac EPUB 5.6MB

おらんくの池 (文春文庫)

税込 597 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

元気なお父さんが、日本を明るくする!
“おらんく”とは土佐弁で「おれの家」のこと。愛する故郷・高知から上京して40年。21世紀の江戸に暮らす山本家は今日も大騒ぎ。効果的なセールストーク、道中疲れを治す秘伝、贈り物の極意――生きていく上で役立つ“一力流格言”はきっとあなたの心に届くはず。「週刊文春」連載の爆笑日常エッセイ第1弾。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

こういう人生経験と魅力ある人々に囲まれてこその、山本作品たちなんだなと。

2009/09/28 11:27

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

私がずばり「粋な時代物を書かせたら当代一!」と言って憚らない山本一力氏の、エッセイ集であります。「おらんく」というのは「俺の家」という意味の土佐弁だそうで。池というのは土佐湾の事。「おらんくの池にゃ、潮吹くさかなが泳ぎよる。」負けん気の強さでは日本一!と自称する高知の人々が、土佐湾を自分の家の池に見立て「自分の家の池では鯨が泳いで潮を吹いているぞ!」と見栄を張るのだそうだ。高知出身の作者が、郷土を愛し郷土の言葉を愛している事が良く分かるタイトル。
またもちろん山本ファンなら、氏の作品は江戸を舞台にした物がほとんどである事を知っている。であるだけに、そのギャップが逆に楽しみだったりする。ちゃきちゃきの江戸っ子だったらなんだか当たり前な感。高知出身で、東京に出てきて新聞配達をしながら高校に通ったという山本さん。そして職も二転三転し、時代物の物書きへと辿り着いていく。その波乱万丈の日々と、今日までに出会った魅力溢れる人々との触れ合い。それを描いているのが当作品「おらんくの池」。高知出身の山本さんが東京に出てきて、江戸の世の中を描かせたらピカ1と評されるまでになるには、一体どんな経験をし、どんな人々に出会ってきたのか。
まず何しろその経験値の高さに驚かされる。新聞配達員を務めた時の経験は著書「ワシントンハイツの疾風」で読ませて頂いていたが、他にも大手旅行代理店の添乗員や広告代理店関係の営業などなど、いろんな職業を経験されている。「ワシントンハイツの疾風」では、新聞配達員として働く日々で得られた、かけがえのない体験が物語形式で描かれていた。配達先のワシントンハイツで英語を習得し、その語学力で大手旅行代理店へ就職し成功していく。そしてまた幾人もの女性との出会いと別れで得られた、人間としての成長。そんな事をテーマにした、山本氏の自伝的物語。本作品ではその後の旅行代理店や広告代理店での経験や、今の日々に何を思うのかなどが山本氏の素の言葉で綴られている。まま現れる土佐弁も、氏の心底を現しているようで非常に好感触。 
320ページほどの本に、何と80近くものエッセイが並んでいる。そのどれもが興味深く考えさせられ、またご家族とのやりとりには腹を抱えて笑わされてしまう。一日にひとつふたつ、じっくりと心に刻むように読むと、良いかもしれない。氏の物語が何故あんなにも深く胸に染み込んでくるのか、何だか少しその理由が分かるような、エッセイ集でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。