サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員600万人突破 大感謝祭ポータルページ  ~1/11

【講談社連載】honto×講談社 マンガ連載

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 700件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2015/03/01
  • 出版社: マガジンハウス
  • ISBN:978-4-8387-2502-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

世界から猫が消えたなら

著者 川村 元気

僕は生きるために、消すことを決めた。今日もし突然、チョコレートが消えたなら電話が消えたなら映画が消えたなら時計が消えたなら猫が消えたらそして僕が消えたなら世界はどう変化し...

もっと見る

世界から猫が消えたなら

税込 682 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 23.6MB
Android EPUB 23.6MB
Win EPUB 23.6MB
Mac EPUB 23.6MB

世界から猫が消えたなら

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

僕は生きるために、
消すことを決めた。

今日もし突然、
チョコレートが消えたなら
電話が消えたなら
映画が消えたなら
時計が消えたなら
猫が消えたら
そして
僕が消えたなら

世界はどう変化し、人は何を得て、何を失うのか
30歳郵便配達員。余命あとわずか。
陽気な悪魔が僕の周りにあるものと引き換えに1日の命を与える。
僕と猫と陽気な悪魔の摩訶不思議な7日間がはじまった―――

消してみることで、価値が生まれる。
失うことで、大切さが分かる。
感動的、人生哲学エンタテインメント。

★プリント版にはない特別付録SPECIAL PHOTOBOOK付き。

掲載中の特集

感動する本をテーマに10作品以上をラインナップしています。ほかにもhontoでは無料の本を集めた無料漫画特集無料男性コミックを展開しています。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー700件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

『生きている』という事

2013/02/16 01:56

22人中、19人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:carmen - この投稿者のレビュー一覧を見る

一日で読み切りました。
一見物語風なのに、自分が今『生きている』という事がなんなのか、人生とはなんなのかを教えられた気がします。
後半から、涙が止まりませんでした。
『大切なものは失ってから気付く』。でも、これを読んだ人は、失う前に気付けるかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

自分にとって大切なものとは

2020/01/27 21:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ななな - この投稿者のレビュー一覧を見る

「人間というのはとかく、選んだ人生から選ばなかった人生を眺めて、うらやましがったり、後悔したりしている生き物ですから」。人生において選択を迫られたときにどれほど後悔しない選択ができるか。大切なものを失う前に大切だと気付くことが出来るか。読んだ後、自分にとって大切なものは何か、自問自答したくなる作品。死がテーマの作品だが、文章表現はライトでわかりやすい。さくっと読め、読後感も重くない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ほっこりしました。

2020/01/10 10:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さくら - この投稿者のレビュー一覧を見る

脳腫瘍じゃなくても、数日後、数年後に死んでしまうのが私たち。いつ、何があるかなんて分からないんですよね。生きている自分と真逆の自分が「死に神」としてやって来て、自分の一生を振り返ることが出来るならばいいなぁ…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不思議な清々しさ

2013/05/14 21:04

8人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スーパーヘルパー - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでいる途中は なんとなく苦しく
それでいて 思わず吹き出してしまうシーンもあった
最後には数ページ残して 結末がわかったけれど 最後の答えは読者に任される
そのわかったあたりから とても清々しい気持ちになる
自分と親の関係が若干かぶるが 結末のようにしようとは 私は思わない
なのに残る清々しさは なんだろうか
情景を思い浮かばせる表現に長けているからなのだろうか

読み始めの重苦しい雰囲気とは裏腹に 読み終えた時の清々しさを感じるべく 読んで頂きたい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろいけど

2015/09/13 04:09

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tomyam0702 - この投稿者のレビュー一覧を見る

猫が好きなので、猫を飼っている主人公が究極の選択を迫られる、というストーリー展開はおもしろかったし、最後に猫を選ぶところもいいと思う。しかし、手元に大切にして繰り返し読むことはなさそうだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

タイトルにやられた

2016/09/25 17:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プロビデンス - この投稿者のレビュー一覧を見る

うーん、まあ、世界からxxが消えたら、というのは面白い発想だとはおもう、だいたいそれでタイトルが良いとおもったし。しかし、読んでみたらそれほど衝撃がない、というか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

うーん

2019/04/26 17:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わにわにわに - この投稿者のレビュー一覧を見る

稲垣吾郎さんが出てる番組で紹介されており、面白そうだなと思い買いました。ハードカバーを。うーん、、この内容なら図書館で借りて読むくらいで良かったかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この本の表現したかったこととは

2017/05/31 21:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:melon - この投稿者のレビュー一覧を見る

病魔に侵され寿命が尽きようとしていた主人公。そこに悪魔がやってきて、1日生き延びることができることと引換えに何かを世界から消滅させる契約を交わす。最初は電話、次に映画、そして時計、最後に猫を…。
何かを得るためには何かを失わなければならない。それが本作品の主題なのであろう。人類は電話という便利なツールを発明したが、それによって待ち合わせのドキドキ感を失った。時計により束縛されるようになったが、安心感を得ることはできた。
本作品はエンターテインメントとしてはさほどではないだろう。文章が面白いわけでもない。続きが気になる展開でもない。寿命と引換えに何かを消滅させるという設定もなかなか強引だ。むしろ小説という形をとって、世界を見つめなおすきっかけを読者に与えようとしたのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読み終わって…

2016/12/28 14:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おめが - この投稿者のレビュー一覧を見る

文章の書き方が普段作家の人の文を読んでいるからか安易で読みづらかったです。なので好みの本かと問われると違うなって言うのが印象でしたが伝えたいことがハッキリと分かる作品だったので星3にしました。映画と本を両方観て理解できる作品だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

表紙の猫が可愛い!

2015/01/26 20:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:3biki no shirokuma - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙の猫に一目惚れで買いました!世の中の一つのものを消す代わりに一日の余命を得る主人公。このストーリーがとても斬新で読み始めるとどんどん引き込まれていきました。ですが、前半が良かっただけに後半へ読み進めていくにつれて少し期待はずれでした。最後の終わり方については賛否両論あると思いますが私は好きだなと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

月並み

2016/02/13 22:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

脳腫瘍で余命わずかと知った30男。何か1つを消せば、1日命が延びると悪魔と取引。児童文学にはよくある話で、全く目新しさはない。おまけに文章が下手だから、投げ出したくなるのを我慢して読むのは、かなりつらかった。猫というタイトルに釣られた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

全く共感できず・・・

2016/06/28 22:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すずうき - この投稿者のレビュー一覧を見る

期待が高すぎたせいもあり、小説としては文章が稚拙な感じがするのが気になってストーリーに入り込めないまま終わってしまいました。キャラクターの設定もだいぶ前にヒットしたとある本に似ています。小説なのか、自己啓発本っぽくしたかったのか、どっちつかずで私はあまり好きになれませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自分勝手

2017/10/15 21:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ペンギン - この投稿者のレビュー一覧を見る

この主人公は、自分勝手だな。と思った。彼女だった人の好きな食べ物を覚えていなかったところは、彼女と会っていても僕は自分のことばかり考えていたように見える。お母さんはいつも息子である僕のことを第一に考えていたと結論付け、ありがとうとさえ言えなかったと振り返るところは、大人になっても精神的に母親に甘え続けていたように見える(男の人には普通なのか?)。お父さんと仲良くできないところは、相手を一人の大人として扱えない子供っぽさの表れのように見える(表面だけでも取り繕えばいいのに)。ただそばにいてくれるだけの猫に対するかけがえのない思いを、もう少し周りの人間に向けていたら、この主人公はもう少し幸せになれたと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/19 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/09 16:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。