サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~8/31

新規会員50%OFFクーポン ~8/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 175件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2015/03/20
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-115204-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

国盗り物語(一)(新潮文庫)

著者 司馬遼太郎

世は戦国の初頭。松波庄九郎は妙覚寺で「知恵第一の法蓮房」と呼ばれたが、発心して還俗した。京の油商奈良屋の莫大な身代を乗っ取り、精力的かつ緻密な踏査によって、美濃ノ国を〈国...

もっと見る

国盗り物語(一)(新潮文庫)

税込 825 7pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.5MB
Android EPUB 4.5MB
Win EPUB 4.5MB
Mac EPUB 4.5MB

国盗り物語 改版 1 斎藤道三 前編 (新潮文庫)

税込 880 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

世は戦国の初頭。松波庄九郎は妙覚寺で「知恵第一の法蓮房」と呼ばれたが、発心して還俗した。京の油商奈良屋の莫大な身代を乗っ取り、精力的かつ緻密な踏査によって、美濃ノ国を〈国盗り〉の拠点と定めた! 戦国の革命児斎藤道三が、一介の牢人から美濃国守土岐頼芸の腹心として寵遇されるまでの若き日の策謀と活躍を、独自の史観と人間洞察によって描いた壮大な歴史物語の緒編。

掲載中の特集

歴史小説をテーマに10作品以上をラインナップしています。ほかにもhontoでは無料の本を集めた無料漫画特集無料男性コミックを展開しています。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー175件

みんなの評価4.3

評価内訳

電子書籍

面白かった

2017/05/21 00:32

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読書灯 - この投稿者のレビュー一覧を見る

司馬遼太郎の作品でこの本のこの第一巻が一番好きだ。
まるでライトノベルのような詩的な書き出しだが、熱気が伝わってくる。
巻を追うにつれて淡々とした歴史小説のような文体に落ち着いてしまうけれども、私はこの巻の熱さがやっぱり忘れられない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「麒麟がくる」再開までに読んでおきたい

2020/06/23 16:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

新潮文庫版で4冊となっている長編歴史小説を読むにあたって、まず書誌的な話から書こう。
 戦国時代の美濃の武将斎藤道三とその娘婿である織田信長の物語を司馬遼太郎さんが書いたのは、1963年(昭和38年)8月から1966年(昭和41年)6月までで、雑誌「サンデー毎日」に連載された。
 ちょうど司馬さんは40歳で、前年には『竜馬がゆく』や『燃えよ剣』の連載も始めていたから、まさに油ののった執筆時期だったのだろう。
 連載が終了した1966年には『竜馬がゆく』の完結と合わせ、第14回菊池寛賞も受賞している。

 斎藤道三といえば、戦国時代、あるいは下克上の象徴ともいえる武将である。
 もとの名は松波庄九郎。
 巷間いわれるように京都の油屋の女主人と懇ろとなり、やがて天下をねらう大きな野望を持つようになって、名前も出世のつど変わっていく。
 人から「蝮の道三」と恐れられるほどの人物だったから、権謀術数に長けた悪人であったにちがいない。
 それでいて、司馬さんが描く道三(司馬さんはこの物語では終始庄九郎と表記したが)は唾棄するほどの悪人ではない。
 むしろ、痛快な男として、読者は感情を添えることになる。
 例えば、こんな一節。
 「庄九郎の人生には目的がある。目的があってこその人生だと思っている。生きる意味とは、その目的にむかった進むことだ。」
 こんな男の生き方に昭和40年代の男たちは鵜方どんなに勇気づけられたことだろう。

 第一巻となるこの巻では道三がいかにして油屋の主人に納まり、その後美濃にはいって国主土岐頼芸の女までも奪い去る姿が描かれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

斎藤道三

2002/04/01 15:22

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:LR45 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 斎藤道三・織田信長という、中世の旧則をうち破った革命児を描いた作品の前編。
 一介の僧侶から油屋を乗っ取り、ひいては美濃一国を乗っ取ってしまい、歴史上でも蝮で通る斎藤道三。道三はその鮮やかな乗っ取り劇の連続から悪役に取られがちだが、この作品内においては英雄面を前面に押し出して描かれている。
 その正否はともかくとして、道三の革命的な意識は、間違いなく次世代の天才的革命児織田信長に引き継がれているはずである。そういう意味で二人を一つの小説にまとめて描こうというのは、当を得たことだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

生き生きとした出だし

2021/07/14 10:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Koukun - この投稿者のレビュー一覧を見る

吉村昭ほどではないが比較的淡々とした記述が目立つ司馬遼太郎の中期以降の作品において、珍しくこの作品は生き生きとした出だしで読者を引きつける。ただし中盤以降はいつもの落ち着いた調子に戻るが。斎藤道三だけではなく織田信長も準主役の地位を占め、従来からのしきたりにとらわれない武将として描き出されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

天下人

2020/05/27 05:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七無齋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

斎藤道三を成り上がりの典型とし織田信長と明智光秀をその弟子としてとらえた作品。古い時代のものだから道三は一人説となっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

好みが分かれそう

2017/07/09 19:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nocturne2 - この投稿者のレビュー一覧を見る

斉藤道三の回だが、正直言うと、私の好みではなかった。道三の強烈な個性の描き方が、めまいを起こさせる感じで、ストーリーがかすんでしまった。好みが大きく分かれるのではないかと思う。本当は僧侶から商人を経て、身の一帯の実力者にのし上がった才覚がある人だと思っていたのだが、その知性や胆力の部分がもっと見たかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/11 19:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/25 19:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/11 19:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/13 19:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/11 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/15 15:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/13 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/15 16:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/12 09:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。