サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

集英社BOOK 全品ポイント50倍(~5/26)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. ライトノベル
  4. 新フォーチュン・クエストII
  5. 新フォーチュン・クエストII(4) あのクエストに挑戦!〈上〉
新フォーチュン・クエストII(4) あのクエストに挑戦!〈上〉(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

新フォーチュン・クエストII(4) あのクエストに挑戦!〈上〉

著者 著者:深沢 美潮,イラスト:迎 夏生

パステルたちのトゥルース大陸での次の目的地は、ヒュー・オーシから餞別がわりにもらった、『レベル7~8』のダンジョンのクエスト! 設定レベルが高めなのはちょっと不安だけど、...

もっと見る

新フォーチュン・クエストII(4) あのクエストに挑戦!〈上〉

572 (税込)

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

新フォーチュン・クエスト 2-4 あのクエストに挑戦! 上 (電撃文庫)

572(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 16.8MB 無制限
Android EPUB 16.8MB 無制限
Win EPUB 16.8MB 無制限
Mac EPUB 16.8MB 無制限
電子全品対象!ポイント最大50倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!電子書籍ストア全商品ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

パステルたちのトゥルース大陸での次の目的地は、ヒュー・オーシから餞別がわりにもらった、『レベル7~8』のダンジョンのクエスト! 設定レベルが高めなのはちょっと不安だけど、久しぶりの冒険らしい冒険に、みんなわくわくしつつ向かうことに。 はたしてそのダンジョンとは、挑戦者のレベルに応じてダンジョンが自動生成される、「インスタント・ダンジョン」だということで……? 新たに僧侶もパーティに加入し、ますます賑やかな「新FQII」第4巻です!!

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

まいどお馴染み

2015/08/16 21:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ままゆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み始めて20年近くになるけれど、未だに新刊が出ると買ってしまう不思議な魅力。
半ば意地なのか?
今回も大きな目新しさはないけれど、自分の原点的な作品なので、楽しく読めました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

長いシリーズです

2015/10/17 07:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:waltz - この投稿者のレビュー一覧を見る

10年以上前から子供が買い続けています。これだけ長く続くとさすがにマンネリ化するのかな…と思うのですが、全然飽きないそうで、新刊が出る度に買ってきて読んでいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/14 20:48

投稿元:ブクログ

フォーチュンでは久しぶりのダンジョンアタック。インスタントダンジョンといういかにもコンピュータゲーム的なネタを、うまいことアナログに落とし込んでますね。

2015/04/14 20:58

投稿元:ブクログ

みんな、あいかわらず。でも、そろそろ飽食気味なのでフォーチュンのレビューはこれが最後、かな。特別何か思うことがあったら今後もレビューします。

2014/06/12 13:33

投稿元:ブクログ

フォーチュン新刊~♪
いやー破妖読んだ後だとこのちゃんとした感に感動しちゃうわあ。ちゃんと、おもしろい。
いつものメンバーに、今回はプラスワン。
ちょっと騒々しい、でも頼りになる闘うクレリックのジョーイ。初見、しゃべり方からも姐さんキャラかと思いきや、トラップのキツイ言いように一瞬でしゅんっとなったり、とかわいらしい一面も、口調と内面とのギャップがおもしろい。
そのプラスワンで挑むのはダンジョンクエスト。
インスタントダンジョン、っとはおもしろい。
あいかわらず商売上手なプルトニカン生命。全く、手広い上に、あくどい(笑)なあ。
でも、まあ、クエストはクエスト。
参加料を払ったパステルたち。
ダンジョンクエストらしく、迷路っぽいその道に、なんだかわくわく。
そして出会ったモンスターは、モグラ!?
フォーチュンのモンスターは、こーゆー愛嬌のある、
ちょっと笑える子たちが多い。
そして、イベントが・・・・。
ボールから逃げろ!やら、カヌー競争やら、よく考えたら小学生の遊びかいっっとつっこみたくなるようなイベントなんだが、読んでるうちに、こっちも夢中になって応援してしまう。うーん、さすがフォーチュン、楽しいなあ。
あ、あとやっぱりいつもの通り、迎さんのお食事イラストのおいしそうなこと!!最近、多い企画ですが、
フォーチュンもレシピ本とか出せると思う。

上巻はシロちゃん行方不明で、下巻へ続く。
ちょっと体調不良っぽいのが治ってきてた、と安心したんですが、ここいらでなにかひとイベントあるのかな?
そーいや、シロちゃんとはいつ出会ったんだったっけなあ?今度読みかえしてみよう。
一見、全く変わってないようにみえて、シロちゃんもルーミィも成長してんのねえ(しみじみ)
しっかしそーなってくるとパステルはちょっと心配かな。やっぱマッパーなのに、その方向音痴具合はさすがに、そろそろヤバイのでは・・・・。
まあ、本人が一番気にしてるんだろうし、彼女の存在意義って、そこにあるわけじゃないんだけどさ。
そして、ジョーイの頬染めシーンは、これから先展開があるのか??とりあえず、フォーチュンは、パーティ内での恋愛話は、おいといて、てなスタンスでいままできたと思うんだが
(だからこそ、クレパスやらトラパスやらファンが勝手に楽しんでいられるんだが)
少しは変化があるのかしら??
とりあえず、私は俄然トラパスなのだー。
トラップのツンデレ加減にきゅんきゅんですわ~。(笑)

2014/06/11 19:19

投稿元:ブクログ

副題『あのクエストに挑戦!(上)』。

迎夏生さん、絵が変わらないなぁ。勿論無印の1巻とは大分違うけど、それは画力向上からくる変化であって、絵柄そのものはずっと安定してる。そこが凄い。

さて、本編。
FQシリーズ、本編とTRPGリプレイ本との境目が曖昧になってきていると言うか、TRPGリプレイ本を読んでいるような気分。今回はクエストそのものがそうさせる要因でもあるんだけれど、近頃のFQは、小説的な要素?が薄れつつある気がする。

新FQ3巻辺りまではドラマチックな場面も結構あったでしょう?しかし最近はパーティ自体冒険に慣れてきたからなのか、何と言うか、ドラマが無いよね。普通に日記を小説にした感じって言うのか、やっぱり小説感が薄い。

起承転結がきっちりしてない、って方がわかりやすいかな?!
ちょっとグダグダしちゃってると言うのか、プロット無いまま小説書き始めると結構こんな感じになるよね、的な。

本屋へ行って見つけた時、あまり置いてないから感動するし、読むまでワクワクするんだけど、最近は読んでみると「ええ?!これだけ?!」ってなることが重なっていて、少しずつ少しずつ、心が離れている気がして切ない。

主人公たちの年を遥かに追い越してしまったからとかじゃないな、これは。逆に主人公たちの若さが喪われていってるんじゃないか?

それでいて毎回パステルがみんなとはぐれて涙ぐみながら、こんなんじゃダメ!って自分を鼓舞する描写はマンネリ化してて、またかよ?!ってなる。毎回反省してるはずなのに。

成長するところと、残しておくところ?天丼にするところ?の選択を誤ってるような。

ほのぼのドタバタ、ご飯おいしいのは好きなんだけど。本当に、ドラマが欲しい。

そろそろシロちゃんかルーミィの話を本編に持ってきても良いんじゃないかしら?!

新キャラのジョーイムゥがどんな意味を持っているのか、下巻に期待するけど…

2015/11/20 21:55

投稿元:ブクログ

僧侶話も落ち着いて、今度こそようやく”あのクエスト”に挑戦。
ガッツリダンジョン系の話になっていて、クエストをするにあたり新メンバーが加入!
すんなりメンバー加入になって驚いたけど、ずっと一緒にパーティを組むんではなさそう。
ダンジョンでは沢山のイベントがあって、次々とパステルたちはクリアしていくんだけど、その最中にまたもやルーミィがいなくなり・・・その時のパステルの取り乱しようが何だかな・・・全然成長してなくて正直イライラしてみたり。
あまりに自分本位すぎて。
そのルーミィもちゃんと見つかるけれど、今度はシロちゃんがいなくなって・・・一難去ってまた一難という感じ。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む