サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/29)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

ようこそ、わが家へ

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 573件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2015/03/27
  • 出版社: 小学館
  • ISBN:978-4-09-408843-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ようこそ、わが家へ

著者 池井戸潤

恐怖のゲームがはじまった。真面目なだけが取り柄の会社員・倉田太一は、ある夏の日、駅のホームで割り込み男を注意した。すると、その日から倉田家に対する嫌がらせが相次ぐようにな...

もっと見る

ようこそ、わが家へ

税込 745 6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.3MB 無制限
Android EPUB 4.3MB 無制限
Win EPUB 4.3MB 無制限
Mac EPUB 4.3MB 無制限

ようこそ、わが家へ お試し特別版

税込 0 0pt

ようこそ、わが家へ お試し特別版

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.4MB 無制限
Android EPUB 3.4MB 無制限
Win EPUB 3.4MB 無制限
Mac EPUB 3.4MB 無制限

ようこそ、わが家へ (小学館文庫)

税込 751 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

恐怖のゲームがはじまった。

真面目なだけが取り柄の会社員・倉田太一は、ある夏の日、駅のホームで割り込み男を注意した。すると、その日から倉田家に対する嫌がらせが相次ぐようになる。
花壇は踏み荒らされ、郵便ポストには瀕死のネコが投げ込まれた。さらに車は傷つけられ、部屋からは盗聴器まで見つかった。
執拗に続く攻撃から穏やかな日常を取り戻すべく、一家はストーカーとの対決を決意する。
一方、出向先のナカノ電子部品でも、倉田は営業部長に不正の疑惑を抱いたことから、窮地に追い込まれていく。
直木賞作家が“身近に潜む恐怖”を描く文庫オリジナル長編を電子化。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー573件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

人生の教訓

2013/11/04 13:17

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:taka - この投稿者のレビュー一覧を見る

通勤電車で起きた出来事、棚卸作業から発覚した架空取引の疑い、その両方に関わることになってしまった主人公。正義を信じていれば必ず救われるということ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

続きがよみたい

2016/02/29 09:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よいふろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

相葉君がやっていたドラマというのはしっていましたが、池井戸さんというと金融(半沢直樹とか)かな~と思っていたので本屋でみても購入しようとはおもいませんでしたが、お試しがあったのでよんでみたところ、やはり読みやすくて、続きが気になります。割引クーポンがでたら、買います!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白かった

2013/10/24 16:52

4人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うべ - この投稿者のレビュー一覧を見る

やっぱり池井戸潤。
面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白い

2017/11/09 17:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:てくちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

恐怖と緊迫感が感じられてとても面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

電車に乗って…

2015/10/31 16:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひかまま - この投稿者のレビュー一覧を見る

もしかしたら、本当にこんなことがあるかも…という、日常と隣り合わせのシチュエーション。はらはらドキドキで、一気に読み上げてしまいました。いつもの池井戸氏の作風とは少し違った作品ですが、お勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ドラマを見て

2015/09/24 12:34

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東野ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

2015年4~6月までフジテレビで放映されていて、最初は何となく見ていたのですが、途中から展開が面白くて早く結末が知りたくて原作を手に取りました。原作は父太一が主人公ですが、ドラマでは相葉雅紀演じる健太が主人公で、また沢尻エリカの役はドラマ独自の設定ということが判明。
脚本と原作では違いが多々見られましたが、それもドラマ作成の醍醐味なのだなと思いました。また池井戸さんらしく、主人公太一は銀行員という設定も面白かったです。会社経費の不正を暴くシーンは少し話が専門的な印象を受けましたが、自分の知らない世界を物語を通じて知ることは新しい発見でした

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

電車に乗るのが怖くなる?

2013/07/21 19:48

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BACO - この投稿者のレビュー一覧を見る

ストーカーという興味深いテーマであり、現実的な問題と捉えることができた為、自分自身に置き換えてのめり込んでしまった。
緊張感もあり一気に読める。終盤はちょっとあっさりしすぎたかな?という印象。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

表題とは裏腹に・・・

2015/01/30 16:25

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maki - この投稿者のレビュー一覧を見る

表題を見て、穏やかな話かと思いきや。。。
読み始め、半沢シリーズの近藤さんの話に似てるかと思いきや。。。
「名無しさん」の気味悪くも恐ろしいお話。
「名無しさん」に対しての、「ようこそ、我が家へ」だったのね(@_@)
自分のちょっとした行動が、「名無しさん」を刺激してしまうかもしれない!?
加害者にも被害者にもならないように生きていかねば!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

我が家

2018/09/30 08:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なま - この投稿者のレビュー一覧を見る

普通のサラリーマンが、駅のホームで割り込む男を注意しただけで、こんな事になってしまうという悲しい話だが、話の展開が速く、一気に読めた。こんな時代だからこそ、家族のありがたさを感じる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

身近なきっかけから始まるサスペンスが空恐ろしい

2018/02/18 09:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

書き下ろし小説『ようこそ、わが家へ』は作者前期のミステリー・サスペンス要素に現在の登場人物一人一人の人生を掘り下げるという持ち味が加味された味わい深い小説。主人公は冴えない51才の取引先へ総務部長として出向中の銀行員で真面目なだけが取り柄の倉田太一。池井戸小説最弱のヒーロー、らしい。電車通勤中に割り込みを注意したことで逆恨みを買ってしまい、自宅までつけられた挙げ句に花壇は踏み荒らされ、郵便ポストには瀕死のネコが投げ込まれ、さらに車は傷つけられ、部屋からは盗聴器まで見つかるという執拗な嫌がらせを受ける羽目に。出向先でも在庫と帳簿が合わないことを発端に色々なトラブルに見舞われます。平凡なサラリーマンの生活をおびやかす、実に身近な罠というかきっかけが空恐ろしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

本好きばあば

2017/05/20 19:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:北風 - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルに惹かれ、何気なく読んだら、わが家で起た問題とあまりにも似ていたので、本当にびっくり仰天でした。解決方法に警察を頼んだことも同じでしたが、犯人と思われた人が、わが家で警察官と偶然はち合わせして、その後一連のストーカー行為はぴったりなくなり、この時警察官から 嫌がらせを受けたらしいと思われたときは、即座に反撃するように、という事でした。主人公の一家が団結して解決を目指すことも、微笑ましかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

読みやすいし面白かった。

2016/03/24 23:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐藤 - この投稿者のレビュー一覧を見る

池井戸作品の中でも読みやすく面白い。
一気に読むことができました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

表題とは裏腹に、なかなか「怖い」内容です!

2016/02/15 09:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品は、池井戸作品の中でも異色です。一介の会社員である主人公は、ある日駅で電車を待っている時、割り込みをしてきた男性に注意をします。それがきっかけで、それ以降、主人公の家では様々な嫌がらせが起こります。車が傷つけられたり、死んだ動物の遺体がおかれていたり....。毎日の何気ない日常生活の中でも、ふとしたことからこのような危険に巻き込まれる可能性があることを示唆してくれる少し「怖い」作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ようこそ、わが家へ

2015/12/26 12:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kon - この投稿者のレビュー一覧を見る

池井戸さん作品の一作目でした。TV放映を機会に読み一気でした。読みやすいですね、引き付けますね。今後も池井戸作品に夢中になりそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日常的な恐怖

2015/11/19 20:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

電車への割り込み乗車を注意したことから、自宅への嫌がらせが始まる。ストーカー問題などが深刻になっている昨今、他人ごとではないと恐怖に駆られる。上司の営業部長の疑惑に目を向けることも、サラリーマンならあり得なくはない。だから日常的な恐怖なのだが、対照的ともいえるタイトルが一層、作者の狙いをあらわしている気もする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。