サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【最大40%】大感謝祭クーポン祭り(~4/23)

【LINE Pay】平成最後の超Payトク祭(~4/30)

最低で最高の本屋(集英社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 57件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2015/04/03
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • ISBN:978-4-08-746491-7
一般書

電子書籍

最低で最高の本屋

著者 松浦弥太郎

「本当のこと」を教えてくれない授業に違和感を感じ高校を中退し、何の目的もなく怠惰な日々を送っていた少年時代の著者。好きなことは本を読むこと。高村光太郎の詩集、そしてケルア...

もっと見る

最低で最高の本屋

税込 486 4pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.5MB 無制限
Android EPUB 5.5MB 無制限
Win EPUB 5.5MB 無制限
Mac EPUB 5.5MB 無制限

最低で最高の本屋 (集英社文庫)

税込 583 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
最大40%OFFクーポン配布中!
「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「本当のこと」を教えてくれない授業に違和感を感じ高校を中退し、何の目的もなく怠惰な日々を送っていた少年時代の著者。好きなことは本を読むこと。高村光太郎の詩集、そしてケルアックの『路上』。本の中に広がる世界に憧れた彼は、ひとりアメリカに旅立った。古書店カウブックスを営み、『暮しの手帖』編集長として多くの若者に支持される著者が綴った青春と「働くこと」についてのエッセイ集。

目次

  • 序文/エムカンとは(一)/本当のことって何だろう/読書とアメリカへの思い/サンフランシスコへ/どこへ行っても、最年少/エムカン前夜/エムカンとは(二)/思いついたことはすべてやる/勉強とコミュニケーション/はじめての「店」/エムカン、中目黒時代/「本業」への迷い/僕の旅する本屋/自由について/「自由」と「自分勝手」/セカンド・バースデイ/旅の自由、旅の不自由/移動本屋の旅/いつかエムカンの「客」になりたい/「はじめること」と「やめること」/書くこととつくること/「BOOK BLESS YOU」/坪田譲治と壺井栄/話すように書く/書き出す前の「二日間」/編集者とのやりとり/今までに会得した「書くコツ」/「自分のこと」を書く覚悟/編集は「シンプルに、わかりやすく」/「工夫」と「取り組む姿勢」/キャスティングの妙、人間関係の難/最低で最高ということ/「最低にして最高の道」/アラ探しか、魅力探しか/孤独を受け入れること/神様と生きる意味/ブラブラの効用/スタンダードと新しいこと/『ライフ』/『ハーパースバザー』と『ヴォーグ』/僕の三大オールドマガジン/オールドマガジンから得られるもの/次のテーマは「技術」/「カウブックス」誕生

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー57件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

珍しい本はないけど、うれしい本はある本屋さん!

2013/09/14 11:28

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

松浦弥太郎さんのエッセイは、いつも手に届くところに置いている。
たまにパラリと読むとそこがとても響いたり、出かける時に鞄に一冊と思うときは弥太郎さんの文庫本を手にする。

今回、サイン本を思いがけなく手に入れることができて、また読み返してみました。

何度も読んだことがあるはずなのに、読むたびにいいなぁと思います。「カウブックス」誕生のところ。

~ うたい文句は、「珍しい本はないけど、うれしい本はある」。
珍しい本を求めて来られても違う。
うれしい本を見つけて、たくさん揃えていきたいと思っています。~

うれしい本がある「カウブックス」
いいなぁ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/09/15 10:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/30 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/28 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/11 00:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/23 16:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/16 17:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/28 14:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/04 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/30 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/21 21:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/29 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/12 22:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/02 09:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/11 01:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。