サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全品ポイント最大50倍(0603-30)

修正:全品ポイント最大50倍(0603-30)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 100歳まで自分の歯を残す4つの方法
100歳まで自分の歯を残す4つの方法(健康ライブラリー)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

100歳まで自分の歯を残す4つの方法

著者 木野孔司,齋藤博,ヨシタケシンスケ

私たちはなぜ大事な歯を失ってしまうのでしょうか。歯を失う2大原因といわれるのが、虫歯と歯周病です。実に歯を失う原因はこの2つが90%近くを占めています。いずれも食習慣や歯...

もっと見る

100歳まで自分の歯を残す4つの方法

1,512 (税込)

ポイント :14pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

100歳まで自分の歯を残す4つの方法 (健康ライブラリー スペシャル)

1,512(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 40.8MB 無制限
Android EPUB 40.8MB 無制限
Win EPUB 40.8MB 無制限
Mac EPUB 40.8MB 無制限
電子書籍 全商品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年6月3日(土)~2017年6月30日(金)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

私たちはなぜ大事な歯を失ってしまうのでしょうか。歯を失う2大原因といわれるのが、虫歯と歯周病です。実に歯を失う原因はこの2つが90%近くを占めています。いずれも食習慣や歯みがきなどの生活習慣と密接不可分の関係にある、いわゆる「生活習慣病」です。逆説的にいえば、問題となる生活習慣を改善すれば、虫歯や歯周病とは無縁の生活を送ることができます。しかし、なかなかどうして一度身体に染みついた生活習慣を正すことは簡単ではありません。また、最近の歯科学の研究で、意外な生活習慣が歯の健康に悪影響を与えていることがわかってきました。従来はていねいなブラッシングと歯科医師による定期的な口腔ケアを励行しておけば、歯を失うことはないといわれてきましたが、実はそれだけでは不十分だったのです。鍵を握るのが、無意識のうちに上下の歯をつけるTCHという癖です。自分の歯を最後まで残そうこと思ったら、このTCHを是正しなければなりません。本書では虫歯や歯周病予防、そしてTCH是正を通じて、自分の歯を最後まで残すための実践的なテクニックを紹介します。

目次

  • はじめに
  • 第1章 私たちはこうして歯を失っていく
  • 第2章 無意識の生活習慣TCHが歯周病と虫歯を悪化させる
  • 第3章 自分の歯を残すための4つの生活習慣 その1 歯の接触時間を減らす
  • 第4章 自分の歯を残すための4つの生活習慣 その2 砂糖を極力とらない
  • 第5章 自分の歯を残すための4つの生活習慣 その3 1日1回正しい歯みがきをする
  • 第6章 自分の歯を残すための4つの生活習慣 その4 3ヵ月に1回歯周病管理のために歯科医院に通う
  • 第7章 実は一番大事なのは歯科医院選び
  • 第8章 なぜインプラント治療に熱心な歯科医は抜歯を薦めるのか?
  • あとがき

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

歯磨きの基本を教えてくれる本

2016/11/29 15:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たてやまりんどう - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本では、虫歯や歯周病になる仕組みやそれらを防ぐための正しい歯のケア方法が書かれています。毎日当たり前のように行っている歯磨きですが、この本を読んで、自分の歯磨きの仕方が間違っていたことに気づかされました。正しい歯磨きの仕方が、付録でポスターになってついているので、この本を読んでからはこのポスターを洗面所に貼って、それを見ながらそれぞれの歯を磨くときに注意すべき点を確認しながら歯磨きしています。情報が正確でわかりやすく読みやすい本であるとともに、とても学ばされることの多い本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

100歳まで自分の歯を残す4つの方法

2016/11/20 19:17

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:花ザクロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

特別付録の『歯離してる?』シールは、トイレのペーパーホルダーの上の壁や、電話機、台所等、自分なりに効果の上がりそうな所に貼っています。歯磨きポスターは、大きめのカードケースに入れると、濡れずに歯磨きしながらチェック出来て便利です。シールや挿絵、表紙の個性的なイラストはヨシタケシンスケさんで、楽しみながら読めます。これで、100歳迄、歯が残る事を願っています!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/22 00:09

投稿元:ブクログ

①歯の接触時間を極力減らす
②砂糖をできるだけ控える食生活をする
③最低1日1回丁寧に歯磨きする
④三ヶ月に1度、歯周病管理のために歯科医院に通う

2017/01/09 10:44

投稿元:ブクログ

感想は以下
http://masterka.seesaa.net/article/445732074.html

2014/10/07 14:02

投稿元:ブクログ

生活習慣病である虫歯、歯周病を防ぎ、自分の歯を残すための4つの生活習慣。それは…

1 歯の接触時間を減らす
2 砂糖を極力とらない
3 1日1回正しい歯みがきをする
4 3か月に1回歯周病管理のために歯科医院に通う

今日からさっそく実践しよう!

2013/05/19 15:07

投稿元:ブクログ

歯医者は苦手でもうずっと人前で大口を開けていないが、プロに正しく診てもらわないと歯は守れないと改めてわかった。失ってからでは遅いのだ!

患者にも基礎知識が必要だ。医師の言いなりになってはいけない。いい歯科選びの方法も紹介されていたので、これを参考にして信頼できる生涯のパートナー(歯医者さん)を探したい。

2017/05/02 09:36

投稿元:ブクログ

ちょっと矛盾してるけど
歯は大事にしてきたつもり。
でも歯医者通いは好きじゃない。

フロスやフッ素は日常使っている。
歯磨き粉も使わない。
これらは拘ってる。
でも歯の磨き方が自己流だった。
歯肉の退化も気になる。

本田俊一の口内ケアは興味深かった。
歯をいつ磨くのが良いかということと
唾液の大切さ。

ただどう歯を磨くのが良いのか?
それは不明だった。
昔から磨き過ぎで知覚過敏に
なったりしてた。
磨き過ぎは良くないことなんとなく
わかってる

この本で劇的、画期的な事を知った
(他人には当然のことなのかも知れないが)

なんと
①ブラシの毛先を動かさない
②溝に差し込み振動を与えると
密になった毛の間にプラークが入っていく
(P107)

「毛先を動かさない」。
これには驚いた。

本田俊一の話で
歯垢と他ベカスを混同していた
自分を知っていたので、
「プラークはトロッとした粘着物」
にも納得。

何だか長年の疑問が氷解したような、
視界が拓けた感があって嬉しい (^o^)

病気の知識 ランキング

病気の知識のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む