サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~8/31

新規会員50%OFFクーポン ~8/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 118件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2015/05/01
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-115233-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

項羽と劉邦(下)(新潮文庫)

著者 司馬遼太郎

楚漢の天下争いは勝負がつかない。圧倒的な項羽軍の前に、穀倉のある山にのぼってこれと対峙する劉邦軍。やがて和議成って故郷に帰る項羽軍を劉邦は追撃し垓下に囲む。ある夜、包囲軍...

もっと見る

項羽と劉邦(下)(新潮文庫)

税込 737 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.5MB
Android EPUB 4.5MB
Win EPUB 4.5MB
Mac EPUB 4.5MB

項羽と劉邦 改版 下 (新潮文庫)

税込 781 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

楚漢の天下争いは勝負がつかない。圧倒的な項羽軍の前に、穀倉のある山にのぼってこれと対峙する劉邦軍。やがて和議成って故郷に帰る項羽軍を劉邦は追撃し垓下に囲む。ある夜、包囲軍の中から楚の国の歌が湧き上がるのを聞いた項羽は、楚人はことごとく漢に降伏したかと嘆き、天が我を滅ぼしたことを知る。あらゆる人物の典型を描出しながら、絢爛たる史記の世界を甦らせた歴史大作。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー118件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

感動のフィナーレ

2021/12/04 22:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:某歴男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

上中に続いて買いました!
劉邦と項羽のそれぞれの葛藤がこの回に凝縮されているような雰囲気でとても楽しく学ばせていただきました!
前編を見ていなくても分かるかもしれません!それくらい面白くてわかりやすいです!
オススメです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ストーリーの密度の濃さのみならず、司馬先生の蘊蓄語りの密度も大変濃かった

2021/01/23 19:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:大阪の北国ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

巻の冒頭から韓信の活躍が描かれる。単なる兵力の大小ではなく頭脳を用いた韓信の戦いぶりは大変面白く、読んでいても膝を叩いて「天晴れ韓信!」と叫びたくなった程だ。また戦いに弱くて逃げまくる劉邦の姿も大変人間味豊かに描かれており、司馬先生の筆力にはいつもながら圧倒された。
後半から大詰めにかけて弁士侯公が登場し、常人とはかなり違った自身の生き方の哲学を語り、それのみではなく項羽との和平交渉にも登場し、そしてそれを成功に導く。普段の人付き合いの巧拙と、確固たる信念に基づいた弁士の透徹した将来眼とは全くリンクしないことをこの侯公の生き方から学び、考えさせられた。司馬先生に感謝する思いである。
本巻には桑原隲藏博士による「中国の食人風習研究」について紹介した一節がある。私も同博士の論文「志那人の食人肉風習(大正8年)」を読んでみた。それによると中国人の食人の動機は
1.凶作
2.戦時下の兵糧不足
3.嗜好
4.憎悪・怨敵
5.疾病治療
の5つがあったとのこと。この一つの例として本巻の一シーンが挙げられていたのには驚いた。また吉岡郁夫教授の日本における食人についての論文も拝読した。この巻を入り口として学べたことは多く、また司馬先生の蘊蓄に大いに興味を惹き込まれた一冊であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

項羽と劉邦

2017/03/04 20:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:shirai8128 - この投稿者のレビュー一覧を見る

王とはいかにあるべきかを考えさせられる小説で、現代にも通じる所があると思う。司馬さんの作品の中でも、私にとって一二を争う好きな作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

逆転

2017/12/02 10:57

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:井沢ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

項羽に歯が立たない劉邦が、力をつけてなかなか動いてくれない将軍、韓信と彭越(ほうえつ)の協力をようやく仰いで項羽を攻め落とすまでを描いている。項羽と劉邦の関係を詳しく書いているが、やや冗長すぎ飽きがくる。晩年の年になって読んだのでそのように感じるが、若年の時に読んだら、また違った感想だったかもしれない。高校時代に読んだ歴史小説、井上靖の蒼き狼や敦煌などを思い出させる。これでほとんど著者の主要な作品はここ1、2年前に初めて読んでから読破したように思う。ただ大河ドラマに出ていた本は除外したが100冊はくだらない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/25 17:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/02 17:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/29 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/22 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/09 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/05 12:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/17 17:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/08 05:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/25 17:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/01 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/17 17:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。