サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

全商品10%OFFクーポン(0524-28)

HARD THINGS

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 91件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/04/25
  • 販売開始日:2015/04/25
  • 出版社: 日経BP社
  • ISBN:978-4-8222-5085-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

HARD THINGS

著者 ベン・ホロウィッツ(著),滑川海彦,高橋信夫(訳),小澤隆生(序文)

「偉大な会社をつくり、育て、運営したいすべての人に、信じられないほど価値ある本」マーク・ザッカーバーグ(フェイスブックCEO)「本書は、意志の力だけで会社を破滅の淵から救...

もっと見る

HARD THINGS

1,944 (税込)

ポイント :18pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

HARD THINGS 答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか

1,944(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 8.9MB 無制限
Android EPUB 8.9MB 無制限
Win EPUB 8.9MB 無制限
Mac EPUB 8.9MB 無制限
電子全品対象!10%OFFクーポン!

こちらは「10%OFF 電子書籍クーポン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年5月24日(水)~2017年5月28日(日)23:59

電子全品対象!ポイント最大50倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!電子書籍ストア全商品ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「偉大な会社をつくり、育て、運営したいすべての人に、信じられないほど価値ある本」
マーク・ザッカーバーグ(フェイスブックCEO)

「本書は、意志の力だけで会社を破滅の淵から救えるという証言」
ラリー・ペイジ(グーグルCEO)が絶賛!

シリコンバレーのスター経営者に慕われる
最強投資家からのシンプルなアドバイス

シリコンバレーで一番注目されるベンチャーキャピタル(VC)、アンドリーセン・ホロウィッツ。
ブラウザを発明した天才、マーク・アンドリーセンとともに、このVCを共同創業したのが著者のベン・ホロウィッツだ。
ベン・ホロウィッツはネットスケープなどを経て、クラウド企業のラウドクラウド社やオプスウェアのCEOを務めた。

起業家時代のホロウィッツには、これでもかというほどの困難(ハード・シングス)が次々と襲った。
ドットコム不況が襲い、顧客が次々に倒産し、資金がショート。打開策を見つけてIPO(新規上場)を目指すも、
投資家へのロードショウ中には妻の呼吸が止まる。
上場してもパーティさえ開けないような状況でITバブルが弾け、株価は35セントまで急落。
最大顧客の倒産、売上9割を占める顧客が解約を言い出す、3度にわたって社員レイオフに踏み切らざるを得ない状況に――。
しかし最終的には、困難を切り抜け続けて、1700億円超で会社を売却するという大成功を収めた。

壮絶すぎる実体験を通して、ベン・ホロウィッツが得た教訓とは何なのか?

リーダーへ、そしてゼロから何かを生み出そうともがき苦しむ人へ、著者がシンプルで説得力のあるアドバイスを贈る。

目次

  • 日本語版序文 小澤隆生
  • イントロダクション
  • 第1章 妻のフェリシア、パートナーのマーク・アンドリーセンと出会う
  • 第2章 生き残ってやる
  • 第3章 直感を信じる
  • 第4章 物事がうまくいかなくなるとき
  • 第5章 人、製品、利益を大切にする――この順番で
  • 第6章 事業継続に必須な要素
  • 第7章 やるべきことに全力で集中する
  • 第8章 起業家のための第一法則

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー91件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

「直感を信じてはいけない時もある」

2016/01/04 02:38

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Naki - この投稿者のレビュー一覧を見る

Netscapeからラウドクラウド、オプスウェアのCEOを経験してきたベン・ホロヴィッツの「マジでしんどかった」経験だけを集めた本。

どうすればいいのか?なんて本当は誰にもわからないので、自分が苦しんできたことを書いたという著者の姿勢からして、なんだか信頼できる先輩の言葉を聞いているような感覚で読み進められる本でした。

人材を外から引っ張ってきて適切に評価する、取締役会も含む「外」への責任を果たす、株に関する事項の決定等、アメリカのCEOがどのような職務・権限を持つのかというところで日本の会社経営者とはだいぶ違うところもあるのでしょうが、
もし自分がそうなったらと思うと胃がキリキリしてきそうで、これから起業を考えるならこの覚悟は絶対にいるな・・と思う点ばかりでした。

ごく限られた情報だけで、自分の直感も信じきれない決断をしなければならない時がある。そんな時に、著者のように信頼できるメンターが得られるかどうか・・それは運によるところが大きいのでしょうが、そんなメンターを引き寄せていることすらもCEOの資質なのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

苦闘するということ

2016/04/20 02:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コピーマスター - この投稿者のレビュー一覧を見る

スタートアップのCEOが、大きな困難に直面した時、どうやれば切り抜けられるか(成功するか)は、状況しだいでかなり難しいことが伝わってくるので、この本を読んでも多分わからないだろう。だが、これだけは避けるべきという事はよく教えてくれており、この点だけでも本書の大きな価値だ。ところで、マルクスを引用した「苦闘」というワードといい、古参幹部をレイオフする話といい、この著者の戦時のCEOぶりは革命家を彷彿とさせる。経営者の価値は、負けが込んだときにどこまで根性を発揮できるかにかかっているのだと思うし、いわゆる「優秀なCEO」よりも「苦闘し続けているひとりの孤独な人間」のほうに私は惹かれるというのが正直なところだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

傍らにおいておきたい

2016/02/28 16:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tad - この投稿者のレビュー一覧を見る

この手の本で成功物語的なものが多い中で、リーダーたるものが取るべき判断、特に困難な時期にどのような判断をしてきたかがよくわかる。部下もこの本を読んでおけば、そのとき上司はどのように考えているかがわかると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まさにハード

2015/11/13 20:25

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シンジー - この投稿者のレビュー一覧を見る

厳しい状況に置かれた時、どのように対処するべきか。筆者の具体的な経験をもとに、分かりやすくまとまっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

良書です

2017/05/26 11:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ボブ - この投稿者のレビュー一覧を見る

経営を非常時と緊急時で分けて考える視点が素晴らしい。1つ1つの項目が丁寧に説明されており、非常に分かりやすかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/21 09:50

投稿元:ブクログ

シリコンバレーのベンチャーキャピタリストが書いた、CEOやマネージャー、部長職がどう困難に立ち向かうべきか、その参考になる一冊です。

著者のベン・ホロウィッツは現在はベンチャーキャピタリストですが、以前は上場会社のCEOとして厳しい環境の中でビジネスの舵を握った、事業側も経験している方。

ベン・ホロウィッツに降りかかったタイトルにある「HARD THINGS(困難)」がこの1冊にてんこ盛りに収録されいて、そのときどう立ち向かったが書かれています。

表紙にあるコピー「答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか」とありますが、この本には答えはないです、基本的に。
しかし、先人がどう立ち向かったかを知ることでとても参考になり、自分の頭で考えて行動するきっかけになると考えています。

2015/06/12 10:16

投稿元:ブクログ

涙なしでは読めない。
この本を、ただふーんと読みこなす人は
たぶんCEOはできない。この本にもあるが
CEOになるとは武道家になるということに似ている。
武道について学ぶことはできても、あり続けなければ意味はない。
この本から深く深く学ぶことも出来るし、あっさりおわってしまう人もいるだろう。

2015/06/20 23:37

投稿元:ブクログ

会社に置いてあったので何となく読んだ一冊。
結論として今まさに読むべき一冊だった、自分がCEOになる時には改めてもう一度読みたい一冊。
本書の序文やあとがきでも触れられているが、本書は経営書によくある「ヤバかったけど私はこうして成功した」という方向ではなく「常にヤバくて、失敗しまくったし、生き残るのに必死だった」という方向から経営を語った稀有な一冊である。
実際にスタートアップの事業に触れていると大体の場合でヤバい状況であり、ぶっちゃけどうすれば良いか分からないという事が殆どだと想います。たまに良い事が起きてもせいぜい3日しか持たず、あとはヒーヒー言いながらギリギリで意思決定して実行して検証して「うわぁやっちまった!」となっている事が殆どだと思います。
著者のベン・ホロウィッツは赤裸々にそれらを語り、心の底からアンチパターンを捻り出して紹介しているのが分かります。そしてCこの本から得られる重要なポイントは、CEOはこういう場面でどのような感情になっていて、部下や会社に対してどのような想いを持つのかを、CEOでは無い人が知れる事はスタートアップの成否を分ける上で大きな意味があると感じます。
そしてポール・グレアムも良く言っている「反直観的」という言葉。この意味が生々しいアンチパターンを通して知れるのがこの本を重要な存在にしています。

2016/01/23 10:10

投稿元:ブクログ

「苦闘を愛せ」--単純な成功物語ではなく、土壇場に何度も追い込まれたスタートアップ経営者はどう行動すべきなのか、赤裸々に描いている。IIJ鈴木幸一さんの「日本インターネット書紀」と合わせて読むと、いい意味でも悪い意味でも、日米の文化の違いが浮き彫りになる。

2015/07/25 18:53

投稿元:ブクログ

スタートアップの経営のリアルストーリー。輝かしい業績なんて氷山の一角で、経営の問題は日々あちこちで発生している。それを実話を通して学ぶことができる。まさに困難に対してどのように立ち向かうか。

2016/02/26 01:11

投稿元:ブクログ

著者がシリコンバレーのスタートアップでCEOとして困難にどう立ち向かったか。その戦いの記録のような本。通常の「こうやって成功しました」というビジネス書とは違う。会社を経営するならぜひ再読したい。「人生は苦闘」という言葉が印象に残った。

2015/04/27 02:41

投稿元:ブクログ

ハイテク業界での有名ベンチャ投資ファンドのアンドリーセン・ホロウィッツの共同創業者のベン・ホロウィッツが自身の企業経験とそこから得たCEOとしての教訓を惜しげもなく披露したもの。

前半は、著者がラウドクラウド社を創業し、ITバブルなどの中で、そこからハードウェア部分を売ってソフトウェア事業だけを切り出したオプスウェア社を成長させた後に1600億円でHPに売却するまでの8年間のストーリー。後半は、著者のその経験に基づくCEO論が綴られる。そして、最後は自身の投資家としての現状で締めるという構成。

最初の起業ストーリーも、マーク・アンドリーセンなどIT界の著名人も多数登場して面白いのだが、白眉は著者のCEO論だろう。「人生は苦闘だ」- カール・マルクスの言葉を引き、「苦闘とは、そもそもなぜ会社を始めたのだろうと思うこと」という文から始まる18個の「苦闘」が並ぶ文に想いが込められており、迫力がある。苦闘は不幸で孤独で無慈悲だと書いた後、それがゆえに「苦闘は、偉大さが生まれる場所である」と諭す。

自身の経験だが、あるとき日本の中小企業の創業社長にもインタビューをすることがあった。その社長は、比較的大きな企業に所属している自分たちに対して、「悪いこと言わないから起業なんかしない方がいいぞ」と言った。そして豪快快活で比較的心も太そうなその社長は、「何もかもなくすかもしれないという恐怖で眠れないなんてことはなかっただろ」と言った。起業するということは、ある意味でそういうことなんだと思う。そのときから起業家に対してさらに敬意の念を抱くことになったことをこの本を読みながら思い出した。
起業にしても多くの人の目に入るのは、成功して残った事例だけだが、その他にうまくいかなかったがゆえに目にも入っていない多くの挑戦がある。そして挑戦のさなかにいるときには、自分がどちらの側にいるのか、わからない長いときを過ごすのだろう。

CEOの心得として著者は、解雇や降格の心得、人・製品・利益の順に大切にするという物事の守るべき優先順位、社員教育の重要性、社内政治や野心の制御、肩書きや昇進、コミュニケーションの重要性、スケーリングの準備、CEOの責任と評価、売却の判断、などたくさんの実際的で示唆に富む言葉が並ぶ。そういった中で第一に感じたことは、不確実な世界の中で大切なことは結局は誠実さであるのではということだ。ドラッカーが、マネージャーに求める資質として「真摯さ(Integrity)」を求めたが、そのことにまさに呼応していると言えるのではないかと。

原題は”HARD THINGS ABOUT HARD THINGS”。困難についての困難。よいCEOになるには、CEOになるしかないと言うけれども、この本はCEOでなくとも勉強になるところあると思うよ。苦闘する人におすすめ。

2016/02/11 20:12

投稿元:ブクログ

仕事と私とどっちが大事なの?

人によっては簡単に答えが出る問題なのかもしれないが、
比較することはできない問題だと思う人はたくさんいるだろう。
そしてこの答えは出せるわけがないと思う人もたくさんいるだろう。

だが世の中は理不尽にできており、姿を変えながらこの問題を突きつけてくる。
無理だと思ったそこから、決断という一歩を踏み込むためには、
大事なものは何か、ということを整理しておくことかもしれない。

(以下抜粋)
○母がこの上なく辛抱強い人間でなかったら、私は学校教育を受け損なっていたに違いない。
 この子供には心理療法が必要だという声が周囲では強かったそうだが、
 母は私の気持ちが落ち着くまで、無限に長い時間を待ってくれた。(P.15)
○自分がしたいことではなく、何がたいせつなのかという優先順位で、
 世界を見ることをこのときに初めて学んだ。(P.25)
○もし私が家へ帰れば、会社は間違いなく倒産する。
 もし、ここに残れば・・・・・・(P.53)
●それは約20万ドルと安くはなかった。
 その上、われわれはジョンをほとんど知らなかったし、義務も負っていなかった。
 しかし、ジョンはまもなく命を失おうとしている。
 私は彼の医療費を払う決断を下し、費用を工面することにした。
 そうした理由はおそらく、絶望がどんなものか知っていたからだろう。(P.81)
○完全に間違っているアドバイスは、必要以上に「ビック」な人物を雇えというものだ。(P.114)
○ベン、きみとマイクが探そうとしている特効薬は悪くないが、
 われわれのウェブサーバーは5倍遅いんだ。 それを直せる特効薬は存在しない。
 だから、われわれは何にでも効く魔法の銀の弾丸ではなく、
 鉛の弾丸を大量に使うしかない。(P.130)
○良い組織では、人々が自分の仕事に集中し、
 その仕事をやり遂げれば会社にも自分自身にも良いことが起こると確信している。
 こういう組織で働けることは真の喜びだ。(P.148-149)
○大きな会社と小さな会社でもっとも大きく違うのは、
 経営している時間と、創造している時間の長さだ。(P.176)
○純粋に数字だけによるマネジメントは、数字通りに色を塗るぬり絵キットのようなもので、
 あれはアマチュア専用だ。(P.189)
○HPでは、会社が現在と将来の両方で高い売上を求めていた。
 完全に数字だけに集中している今のHPは、将来を犠牲にして成り立っている。(P.189)
●この職場で働く上で一番不愉快な点は?
 この会社で一番頑張って貢献しているのは誰だと思う?
 われわれがチャンスを逃しているとしたら、それはどんな点だろう?
 この会社で働くのは楽しい?(P.248)
○勇気と決意に投資するのは私にとって簡単な決断だった(P.277)
●心を静めるテクニック(P.286)
 友達をつくる。
 問題点を書き出す。
 側壁ではなくコースに意識を集中する。
○凡庸な製品と魔術的に素晴らしい製品との差は、往々にして、
 社員にあまり厳しく責任を求める会社運営と、
 社員が創創造性を発揮するためなら必要なリスクを取ることを許す経営との差にある。
 社員の約束に責任を持たせることは重要だが、重要なことはほかにもたくさんある。(P.345)

2016/08/14 12:40

投稿元:ブクログ

CEOの心得
主に、失敗事例を中心に学んだこと

CEOを目指す人や既に渦中の人物が読むべき本。大変なんだなぁ、CEO、と思った。

2015/06/11 21:54

投稿元:ブクログ

2015年56冊目。

「吐き気と悪寒。本書を読みながら、何度も何度も感じた症状である。」
と日本語版序文にあるように、著者のベンチャー経営における壮絶な苦難の数々が生々しく綴られている。
中盤からは、その経験を踏まえての具体的なアドバイス(人を解雇する方法、肩書きや昇進の与え方、会社を売却するか否かの判断など)が記される。
現実的でとてもシビアな話が多く、組織のトップが直面し続ける苦難を覚悟させられる1冊だった。

経営者・起業 ランキング

経営者・起業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む