サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~7/31

 新規会員50%OFFクーポン ~7/31

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 歴史
  5. 新潮社
  6. ローマ人の物語[電子版]
  7. ハンニバル戦記──ローマ人の物語[電子版]II

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 49件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2015/05/29
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-309611-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ハンニバル戦記──ローマ人の物語[電子版]II

著者 塩野七生

紀元前3世紀後半、イタリア半島統一をなしとげ、興隆の途についたローマ人が初めて大きな危機に直面した。北アフリカの強国カルタゴとの直接対決。象を伴ってアルプスを越えた規格外...

もっと見る

ハンニバル戦記──ローマ人の物語[電子版]II

税込 1,540 14pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 16.8MB
Android EPUB 16.8MB
Win EPUB 16.8MB
Mac EPUB 16.8MB

ローマ人の物語 2 ハンニバル戦記

税込 3,080 28pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

紀元前3世紀後半、イタリア半島統一をなしとげ、興隆の途についたローマ人が初めて大きな危機に直面した。北アフリカの強国カルタゴとの直接対決。象を伴ってアルプスを越えた規格外の名将ハンニバルと、ローマの全権を託された若き執政官スキピオ。地中海の覇権を賭けたポエニ戦争はいかなる結末を迎えたのか――。 ※当電子版は単行本第II巻(新潮文庫第3、4、5巻)と同じ内容です。

掲載中の特集

歴史小説をテーマに10作品以上をラインナップしています。ほかにもhontoでは無料の本を集めた無料漫画特集無料男性コミックを展開しています。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー49件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

すがすがしき兵(つわもの)たちの物語

2007/06/06 23:48

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コーチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 イタリア半島を統一したローマが次に直面した敵、カルタゴ。地中海を支配するこの商業民族との120年におよぶ戦い—ポエニ戦争(前264〜前146)は、都市国家ローマが帝国国家へと進化してゆくうえで必然的な戦いだったが、それは決して平坦な道ではなかった。特に、第2次ポエニ戦争においては、カルタゴの名将ハンニバルによりイタリア本土を侵攻され、ローマは絶体絶命の危機にさらされた。そんな彼らに最終的勝利をもたらしたのは、第1巻『ローマは一日にして成らず』においても描かれたローマ自身の次のような態度だった。
 その1、それまでのローマが常に示していた同盟諸国に対する寛容に満ちた政策。敗者にさえも自分たちと同等の権利をあたえようとするローマを裏切ってまでカルタゴ側につこうという信義を欠いた同盟都市は、ほとんどいなかった。ローマを窮地に追い込んだハンニバルの甘い誘いを受けても、それは変わらなかったのだ。
 その2、度重なる敗戦という屈辱的経験に耐え、かつそこから学びとる態度。ローマ史上最大の敗北を喫したカンネーの戦い以降のローマ軍は、天才軍師ハンニバルに対し真向勝負には出ず、「ぐず男」と揶揄されたファビウスのもと、持久戦法をとるようになる。そして、そのように耐えに耐えた十数年の後、ローマ軍はハンニバルの戦法を徹底的に自分のものとした若きローマの将軍スキピオのもと、ついにザマの戦いにおいて宿敵ハンニバルを破ることとなる。
 戦記はまた、ローマ、カルタゴ軍ともに数々のドラマも描き出している。幼少の頃より、ローマへの復讐を誓いそれを実行に移した孤高の武将ハンニバルと、それに付き従うカルタゴ兵たちとの静かなる君臣関係。戦死した敵将マルケルスの遺体を前に長い間、黙祷をささげるかのごとくたたずむハンニバルの姿。明るく屈託のない性格で人をひきつけるスキピオと、それに従う副将レリウス、ヌミディア武将マシニッサらとの友情。ポエニ戦役後に再会をしたハンニバルとスキピオとの語らい。...これらを読むとき、いにしえの武人たちのすがすがしさを垣間見たような気がして、熱いものがこみあげてくるのは私だけだろうか?
 その一方で、物語の終盤は悲哀の色合いが深まる—平和の訪れたローマでスキピオを待っていた晩年の屈辱、奇しくも同じ年に起るスキピオとハンニバルのともにさびしい死、そして第3次ポエニ戦争で壊滅するカルタゴの最期...百年の戦記そのものがまるで、盛者必衰の理を感じさせてくれるかのようだ。
 カルタゴを滅ぼして後のローマは、地中海の覇者としての道を突き進んでいく。それは新たな発展と繁栄の幕開けであると同時に、古きよき時代の終息でもあった。
 古代のつわものたちの夢を追うような一巻であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

判官贔屓もローマの強さがあってこそ

2002/03/17 19:27

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぶん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この巻は戦争の天才ハンニバル1人に捧げられている。歴史上何人も現れる戦争の天才であるが、ハンニバルはその中でも最上級の天才である。この評価は異論をみないだろう。
 その天才が、どうしてもローマには最終的な勝利を得ることができなかった(局所的な勝利は数知れないが)。判官贔屓好きと言われる日本人にとっては、この天才の悲劇ぶりが楽しくて仕方がないはずだ。
 ただ、この判官贔屓を楽しめるのも、ローマの強さがあってこそ。ローマが弱ければ、ハンニバルがあっけなくローマを打倒して話が終わってしまう。何度ハンニバルが勝っても、戦いが終わらず、最終的にはハンニバルが破れてしまうというできすぎたストーリーができるのも、ローマの底のない強さがあってこそなのだ。
 ローマの強さに感謝しながら、判官贔屓を楽しもう。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

筆が踊っている

2022/02/15 18:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Koukun - この投稿者のレビュー一覧を見る

この「ローマ人の物語」シリーズ以降、単なる小説家というよりは司馬遼太郎に続く歴史小説家の地位を確立した作者である。ただ先輩の司馬遼太郎と比較すると、いかにも筆が渋く読みにくい難点のある作品が多い。しかし、この作品は世界史上、屈指の戦術家ハンニバルのおかげで、作者の筆が踊り ワクワクするような躍動感ある作品に仕上がっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハンニバル登場

2017/08/07 21:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハンニバルの存在感の大きさは驚くほど。彼の戦術の冴えの凄みには唸るしかない。彼のライバル・スキピオといい天才の世紀だったのだな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

システムと、天才と、歴史の必然。

2003/05/29 23:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Taka.★ - この投稿者のレビュー一覧を見る

第二巻はポエニ戦争、それもハンニバルが主役となる第二次ポエニ戦争に書幅の殆どが割り当てられている。
アレクサンダー大王以来の戦術の天才、ハンニバル・バルカの畢生の大事業『ローマ東征』に対して、共和政ローマというシステムが、いかに敗れ、いかに苦闘し、いかに学び、そして最後に勝利するかのプロセスが、塩野七生独特の視点と筆致とで活写されている。
そしてハンニバルという劇薬を克服したローマが、必然的に覇者への道を踏み出すに至る過程も。
教科書では決して感じることのできない、歴史の作られる場面におけるダイナミクスを感じることのできる珠玉の一編。
一人でも多くの人に手にとってもらいたい物語である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ローマ繁栄は

2021/01/31 15:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エムチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

ローマが、かつて、なにゆえにあの繁栄を得たのか……それは常勝将軍のハンニバル率いるカルタゴをやぶったからに他ならない。しかし……なぜ、ハンニバルはローマに敗れたのか…この本で、…よくわかります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とてもついていけない。

2009/08/24 08:15

11人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 昔は塩野氏のファンで新刊が出ると欠かさず読んでいた。しかし、この本でローマの寛容?な政策にも関わらす、カルタゴが自滅したかのように書かれていたから、彼女におさらばした。カルタゴ側にも誇りや愛国心があるのを見落としているからだ。
 昨今の「新自由主義」を称する面々が韓国併合を正当化したり、左翼がチベットや東トルキスタン(以前だったら、同志レーニンが厚顔にも政権奪取前後は独立を認めると言いながら支配したロシア帝国の諸民族をはじめ、彼が独立を承認したはずなのに再併合したグルジアや同志スターリンが総統と結んだ独ソ不可侵条約によって併合したバルト三国等。ポーランドが独ソ両軍によって分割された事も。)について無視している姿に似ている。
 ローマ帝国が歴史的に見て興味深い存在には違いないが、「支配の天才」とか「理想の国家」とか言うのは持ち上げ過ぎだ。ヨセフスの「ユダヤ戦記」に書かれたマサダでの集団自決前にエレアザル・ベン・ヤイルが語ったという、シオニストがマサダを聖地にした演説を読んだ方がいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/05/03 06:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/11 13:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/12 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/24 17:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/24 14:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/23 09:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/12 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/16 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。