サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/30

 新規会員50%OFFクーポン ~6/30

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 43件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2015/06/05
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-115227-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

胡蝶の夢(一)(新潮文庫)

著者 司馬遼太郎

黒船来航で沸き立つ幕末。それまでの漢方医学一辺倒から、にわかに蘭学が求められるようになった時代を背景に、江戸幕府という巨大組織の中で浮上していった奥御医師の蘭学者、松本良...

もっと見る

胡蝶の夢(一)(新潮文庫)

税込 781 7pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.5MB
Android EPUB 4.5MB
Win EPUB 4.5MB
Mac EPUB 4.5MB

胡蝶の夢 改版 第1巻 (新潮文庫)

税込 825 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

黒船来航で沸き立つ幕末。それまでの漢方医学一辺倒から、にわかに蘭学が求められるようになった時代を背景に、江戸幕府という巨大組織の中で浮上していった奥御医師の蘭学者、松本良順。悪魔のような記憶力とひきかえに、生まれついてのはみ出し者として短い一生を閉じるほかなかった彼の弟子、島倉伊之助。変革の時代に、蘭学という鋭いメスで身分社会の掟を覆していった男たち。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー43件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

江戸時代という厳しい身分社会を蘭学というメスで生き抜いた男たちの物語です!

2016/08/05 09:44

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、黒船ペリーの来航で沸き立つ幕末を舞台に、それまで漢方医学一辺倒だった状況が、にわかに蘭学へと変わっていく社会を描きます。そこには江戸幕府の蘭学者、松本良順が主人公として登場します。そして、悪魔のような記憶力とひきかえに、生まれついてのはみ出し者として短い一生を閉じるほかなかった弟子の島倉伊之助が登場します。彼らが、身分社会の厳しい江戸時代をどのようにして生きていったのか、蘭学という視点から江戸時代という時代を見つめた見事な作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

外国語学習に興味がある人に

2005/09/10 20:19

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る

大阪に出張する機会に時間が許す限り出かける場所が私にはあります。それは緒方洪庵の適塾。福沢諭吉も学んだというこの建物の中に、透明なケースに入れられてオランダ語の辞書ズーフ・ハルマが展示されています。この辞書を眺めていると、限られた教材でオランダ語の勉学に力をそそいだ若き蘭学者たちの熱い思いが伝わってくる気がします。趣味と実益を兼ねて外国語の学習を続けている私にとっては、どことなく勇気を与えてくれるような思いもして、とても楽しい時を過ごせる場所なのです。

 そんな話をたまたましたところ会社の同僚が私に勧めてくれたのがこの「胡蝶の夢」です。幕末の蘭学者たちを描いた長編歴史小説です。とりあえず第一巻を読んでみました。

 漢方全盛の時代にあえて蘭学による医療を目指す若き医師・良順、そしてその付き人的存在で外国語習得に異能を見せる伊之助。満足な辞書もなければ、十分な教科書もなく、ましてや録音教材などは皆無の時代に、次代の日本のためにオランダ語を身につけようと奮闘していく若き主人公たちの姿を大変興味深く読みました。

 時代がまだついてきていないほどの最先端を走る彼らにとって世間の風は決して温かく応援はしてくれません。開拓者の宿命でしょう。いつの時代も外国語を身につけようなどという酔狂に走る御仁は奇妙奇天烈な異人扱いなのかもしれません。

 主人公たちに自分の姿が重ならないでもないので、とりあえず第二巻へと進んでみようと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幕末の動乱の中の医師の物語

2017/04/10 20:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:numa - この投稿者のレビュー一覧を見る

幕末の蘭学を学ぶために奮闘した人たちの物語。良順と伊之助が師弟関係となるところ、良順が漢方の試験を課された時に喧嘩のために覚えるのだからと基礎からではなく丸暗記で望むところの場面が爽快。なかなかできる人はいない。続きが楽しみだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

青春小説家

2002/07/10 23:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 関川夏央さんの「司馬遼太郎の<かたち>」という作品の中で、関川さんは司馬文学をこう評している。「司馬遼太郎の本質は、少なくとも<坂の上の雲>までは青春小説家であった」青春小説家という言葉は、以前映画になった「恋愛小説家」という題名から誘発されて関川さんが作った造語だろうが、なるほど司馬さんはそうであったと頷ける言葉である。

 この全4巻からなる「胡蝶の夢」もいわれてみれば、松本良順や伊之助といった主人公だけに限らず、幕末というまるで青春そのものといえる時代にあって、登場する多くの人々がその年令に関係なく青春群像といえる。

 関川さんがいうように司馬さんは<青春小説家>として、彼らの熱情を生き生きと描いた。そんな彼らの物語に日本中がわいた。小説の中の時代も、小説として読まれた時代も、まだ青春そのものであったといえる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

別な次元の幕末

2017/05/06 17:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:井沢ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

幕末に江戸時代の将軍を見る奥御医師で蘭学医の松本良順と弟子の島倉伊之助の出会い、及び漢方医から蘭学医への転換を図るための葛藤と行動。江戸時代の幕末に医術の進歩をはかりたい医師と弟子の話になっている。松本良順が、抵抗勢力である漢方医の親玉、多紀楽真院が牛耳っていた社会から脱却し、長崎でオランダの軍医に学ぶところを描いている。また、伊之助の天使的な記憶力と頭脳と道徳感のなさが問題を引き起こす内容も描かれているが、全体として今の時代にも通じるところがある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/11 19:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/28 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/22 00:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/06 00:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/17 00:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/12 20:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/24 19:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/25 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/25 23:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/24 19:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。