サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

[5/15~5/27最大50%]6周年クーポン祭り

6周年施策(ポータルページ)

烏に単は似合わない(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 288件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2015/06/19
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-790118-9
一般書

電子書籍

烏に単は似合わない

著者 阿部智里

松本清張賞を最年少で受賞、そのスケール感と異世界を綿密に組み上げる想像力で選考委員を驚かせた期待のデビュー作は、壮大な時代設定に支えられた時代ファンタジー!人間の代わりに...

もっと見る

烏に単は似合わない

720 (税込)

ポイント :6pt / 紙の本より36おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

烏に単は似合わない (文春文庫 八咫烏シリーズ)

756(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.3MB 無制限
Android EPUB 7.3MB 無制限
Win EPUB 7.3MB 無制限
Mac EPUB 7.3MB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
honto6周年記念
クーポン祭り開催中!
「最大50%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

キャンペーン期間

2018年5月18日(金)~2018年5月31日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

松本清張賞を最年少で受賞、そのスケール感と異世界を綿密に組み上げる想像力で選考委員を驚かせた期待のデビュー作は、壮大な時代設定に支えられた時代ファンタジー!

人間の代わりに「八咫烏」の一族が支配する世界「山内」では、世継ぎである若宮の后選びが今まさに始まろうとしていた。朝廷での権力争いに激しくしのぎを削る四家の大貴族から差し遣わされた四人の姫君。春夏秋冬を司るかのようにそれぞれの魅力を誇る四人は、世継ぎの座を巡る陰謀から若君への恋心まで様々な思惑を胸に后の座を競い合うが、肝心の若宮が一向に現れないまま、次々と事件が起こる。侍女の失踪、謎の手紙、後宮への侵入者……。峻嶮な岩山に贅を尽くして建てられた館、馬ならぬ大烏に曳かれて車は空を飛び、四季折々の花鳥風月よりなお美しい衣裳をまとう。そんな美しく華やかな宮廷生活の水面下で若宮の来訪を妨害し、后選びの行方を不穏なものにしようと企んでいるのは果たして四人の姫君のうち誰なのか? 若宮に選ばれるのはいったい誰なのか? あふれだすイマジネーションと意外な結末――驚嘆必至の大型新人登場!

掲載中の特集

ファンタジー 小説をテーマに10作品以上をラインナップしています。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー288件

みんなの評価3.9

評価内訳

電子書籍

驚きの結末

2015/09/30 09:03

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みぃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかく驚きの結末。
「こう来るかぁ~。」と結末を読みながら、どんどん物語に引き込まれて行きました。全てを読みきった後の充実感が、実に気持ち良かったです。ただ、姫達の立場から話が進むこの話だけでは、金烏側の動きが分からないのでぜひ『烏は主を選ばない』を合わせて読んでほしいです。きっとより深くこの世界観を楽しめるはず。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

意外な結末

2015/10/27 20:36

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:youcitrus - この投稿者のレビュー一覧を見る

ありきたりなコピーだが、そう思う。入内を目指す姫君たちの話とのことで、女の争いや最後にだれが勝つのかという期待で読んでいた。主に西家の姫の視点で進んでいき、徐々に彼女を応援する気になるのだが……ネタバレはしたくないのでこの辺で。ただ、読み終わる頃には「こんなのあり!?」と思わされた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

衝撃

2016/09/06 11:33

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:moco - この投稿者のレビュー一覧を見る

何気なく手に取った作品でしたが、ひっくり返り方が衝撃で、トリコになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

よくヒトをわかってらっしゃる。。

2016/02/27 12:27

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プロビデンス - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白かった。異界の雰囲気も良かったし、話の展開も良かったし、驚きましたし。若い作家だと思うけど、人間観察が鋭いなあと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

すごい世界観

2016/10/24 19:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:フィン - この投稿者のレビュー一覧を見る

架空の世界の物語が好きですが、今まで読んださまざまなシリーズのどれにも似たものがない気がします。とても独特。烏に変身できる人間という設定で、服はどうなるんだろうと現実的な疑問を持ったのですが、ちゃんと解決策が用意されていて、「たかが」ファンタジーという感じはなく、その世界観には圧倒されました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

騙されました

2017/09/10 16:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

入内を狙う姫君の思惑や、争いやがすごすぎて・・・
それに、描かれる姫君達の姿と、若君から見た姿とのギャップがみそでしょうか?
一気読みは確実ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

実はミステリーな、和ファンタジー!

2017/06/05 21:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おかよさん。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

だーいどーんでーんがーえし!
という懐かしい幻聴が聞こえました。
どうぞ世界観を楽しみながら、騙されて下さい。
以降の同シリーズも「空棺」以外はミステリー含みで楽しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

予想外の展開にびっくり!

2016/11/14 01:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:polka - この投稿者のレビュー一覧を見る

まず世界観が独特でひきこまれた。ちょっとだけと思いながら、序盤から一気に最後まで読んでしまった。寝不足。
女の争いは怖いよねーと思いながらしたり顔で読んでたら展開にびっくり!やられた!わかります。こういう女はほんとに怖い。
読了感も良かったので、次作を読むのがとても楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

後宮を舞台にした和風ファンタジー

2016/01/30 22:52

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雪花菜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『あなたの予想を裏切る』の文字が踊る帯、表紙の雰囲気、八咫烏という生き物が支配するという世界観に惹かれて手にとりました。

正直なところ、はじめに読み終えたときの感想は「なんやこれ、もやもやする!」でしたね。

和風ファンタジーの雰囲気が好きだったので、それをいまいち生かし切っていないように感じられる展開、結末に至るまでの伏線の弱さ、結末の唐突な感じ。


『どんでん返し』に「やられた!」と思う反面、結末自体に釈然としない部分もあり、肩透かしをくらったような気分にもなりました。

このへんは賛否両論あるかもしれませんが。

ですが私は、「なんやこれ!」と思わず叫んでしまうような結末だったからこそ、だからこそ、この作品は評価されるべきだと思いました。


読み終えた後はもやもやするかもしれません。「なんやこれ!」と叫びたくなるかもしれません。

でもこの物語のことが、決して悪い意味だけでなく心に残り、この作品の世界に惹きつけられる自分に気づくかもしれません。


一読の価値はあると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

先の読めないストーリー

2017/03/04 11:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆゆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

以前読書好きの方が薦めていたので、一度読んでみようと購入しました。しばらく積読状態だったのですが、読み始めると止まらず、予想をことごとく裏切る展開が楽しい一冊でした。八咫烏シリーズとして続いているので、すぐにでも次の巻が読みたくなります。次に刊行された『烏は主を選ばない』とは表裏一体の仕掛けとなっているので、併せて読むとよりハマります!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

驚いた

2016/09/28 04:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:OGE - この投稿者のレビュー一覧を見る

こんな手法があるのか、というのが読み終わった最初の感想だった。
途中まで読んだ内容が、最後の章で突然覆されてしまう・・・。
最初はぽかーんとしてしまったが、うん、成程面白いと言えば面白い・
とにかくシリーズをもう一冊読んでみよう、という気になった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スンナリ読めます

2016/03/28 17:00

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まだまだbutterfly - この投稿者のレビュー一覧を見る

ファンタジーなんですがスンナリと読めます。最後の展開は裏切られましたが女の世界を描いていると言う事で、なるほどと納得しました。シリーズで読みたいと思っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

驚かされます。

2018/05/16 19:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

ほんの少しの違和感がありながらも、こういうお話なのかなと予想をつけつつ読み進めていました。その違和感の正体がわかった時、慌ててもう一度読み直したくなる、そんな本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

意外な面白さに驚かされました。

2017/09/23 12:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

意外な面白さに驚かされました。前半は皇后選出の無差別戦という余り興味のない話だが、各家の権力闘争に深く結びついてくることで俄かに面白味を増してくる。更に、宗家内部の複雑な人間関係も絡んで陰謀渦巻く権力闘争に雪崩れ込んでいく四章辺りから面白味が増してくる。そして、五章で明かされる様々な謎に一気読みでした。何やら、実際の朝廷や幕府における姻戚関係を用いた権力闘争そのものといった作品でした。5点でも良いのだが、まだ先が見えない分控えめに4点としておきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

異色のファンタジー

2016/09/23 18:16

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Chocolat - この投稿者のレビュー一覧を見る

八咫烏が人形で暮らす世界を描いた、異世界の華麗な王朝絵巻を楽しんでいたら、段々、「え?」という感じで、異世界ならぬ、異色ファンタジーでした。
面白い若い作家が出てくれて、これからが楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する