サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(0319-21)

Payトク 20%残高バック(~3/31)

烏は主を選ばない(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 151件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2015/06/19
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-790383-1
一般書

電子書籍

烏は主を選ばない

著者 阿部智里

八咫烏の世界を描くファンタジー絵巻、第2弾!八咫烏が支配する世界山内では次の統治者金烏となる日嗣の御子の座をめぐり、東西南北の四家の大貴族と后候補の姫たちをも巻き込んだ権...

もっと見る

烏は主を選ばない

税込 720 6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.0MB 無制限
Android EPUB 6.0MB 無制限
Win EPUB 6.0MB 無制限
Mac EPUB 6.0MB 無制限

烏は主を選ばない (文春文庫 八咫烏シリーズ)

税込 756 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

八咫烏の世界を描くファンタジー絵巻、第2弾!

八咫烏が支配する世界山内では次の統治者金烏となる日嗣の御子の座をめぐり、東西南北の四家の大貴族と后候補の姫たちをも巻き込んだ権力争いが繰り広げられていた。賢い兄宮を差し置いて世継ぎの座に就いたうつけの若宮に、強引に朝廷に引っ張り込まれたぼんくら少年雪哉は陰謀、暗殺者のうごめく朝廷を果たして生き延びられるのか……?

掲載中の特集

ファンタジー 小説をテーマに10作品以上をラインナップしています。ほかにもhontoでは無料の本を集めた無料漫画特集無料男性コミックを展開しています。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー151件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

安定感

2016/09/06 11:34

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:moco - この投稿者のレビュー一覧を見る

2作目も期待を裏切らない内容で、あっという間に読破しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

合わせ鏡のように

2015/10/24 20:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たこやき - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作「カラスに単は似合わない」を、違う人物の視点から語りなおしたような作品で、合わせ鏡のように楽しめる仕掛けが斬新。ミステリーとしても良くできた話です。第3作を早く読みたいのですが、単行本が出たばかりなので文庫化はずっと先かと思うと、読もうか待とうか、悩ましいところです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

展開に衝撃でした!

2018/11/06 14:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

異世界の設定で、こんなに違和感なく入り込めるなんてびっくりです。
周りの反応の中にちょっとずつ見せていった、雪哉の生い立ち。
それで終わるか!という締めくくり。
阿部さんすごいです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

緻密な筋書構成と論理的展開にしっかりと搦め獲られました。

2018/06/21 09:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

緻密な筋書構成と論理的展開にしっかりと搦め獲られました。止む無き事情で、シリーズ1・3・4・2と読む順序が大幅に狂ってしまったが、結果として若宮と兄宮=長束との対立関係の巧みな描き方が良く見えて逆に面白く読めた。如何にも、若宮と兄宮=長束とが対立してるかのように書きながら、事情を知って読むと確かに全てが芝居であり、真の反若宮勢力、つまり“大紫の御前”を追い詰めていく戦略であることが良く見えて来る。シリーズ3・4は既に読んでしまったので、いよいよ5・6を残すだけとなった。期待が大いに膨らんできた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

表と裏

2017/10/17 11:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

一巻では、表でお姫様たちの華やかな(?)お話。
この第二巻では、その時「若宮」は?ってことですけど、なぜお出ましにならないか、
出れるような状況でもないし、出ることで、選ばれない姫君の運命をも変えかねないことまでおもんばかって、とは。
まあ、いろんな意味で、またもや気持ちよく騙されました。
今夜はもう一度じっくり再読します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

視点が変わるおもしろさ

2016/10/24 19:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:フィン - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本の前に一冊読んでいます。登場人物は同じですが、中心になる人物が変わります。どの人物のサイドで描くかで物語は変わるものですが、その面白さを上手に使っています。前に読んだ1冊と同じ時間帯の物語なので、もう1冊を読み返しながら楽しみました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

前作とセットで

2015/10/27 20:40

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:youcitrus - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作と同じ時間軸で、別の場所で起こっている出来事を書いている。今回のメインは宮廷の男性陣。ボンクラだったはずの主人公がだんだんかっこよく見えてくる。
単行本は値段や持ち運びの点で買いづらいので、次作も早く文庫で出てほしい。
なお、このシリーズが気に入ったのは確かだが、巻末の「解説」は不要。他人がべた褒めした文章を載せるのは興ざめなのでやめてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

雪哉はいいキャラクターですね

2017/01/24 21:22

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

若宮と雪哉のやり取りが活き活きして魅力的でした。特に若宮が雪哉を売り飛ばした後のくだり(笑)前の巻ではわからなかった若宮の個性が雪哉を通してはっきりした輪郭を持ちましたね。次が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そうだったのかぁ~

2016/07/01 00:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nazu - この投稿者のレビュー一覧を見る

デビュー作にしてシリーズ一作目の「烏に単は似合わない」と対になる作品。「烏に単は~」同様、途中まで読んで認識していたものが180°変わります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

別目線からのストーリー

2016/05/30 19:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あなぼこさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

1作目と同じ時を、若宮側から書かれた作品。
私は普段、「同じ時を別目線から」っといった類の話は苦手なのですが、この話はとても楽しむことが出来ました。1作目と同じ出来事に関しての内容のところでも、その舞台裏を知るようで大変面白く、ますます話に惹き込まれていきました!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

★★★★

2016/04/17 11:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆな - この投稿者のレビュー一覧を見る

一作目を若宮側からの視点で書くとこういうことなのね。ドロドロした政治の世界があっさりさらりと書かれている。雪哉の一度見たら忘れない頭脳が欲しい(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

個人的第一作。

2016/02/14 12:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ順はあまり考えずにこの巻から読み始めた。
それがかえって良かったのか、後宮以外の山内のイメージをもって読み進められたように思う。
登場人物の言動は時代色をつけている設定にくらべて軽いが、ラノベ感覚で読みやすいともいえる。
ラストと響き合うこのタイトルにも唸らされる一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

別の視点からみた物語

2016/01/05 00:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あや - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ2作目。
1作目で気にある動きをしていたある人物の側から見た物語。言うならばside.Bって感じである。
1作目より私はこちらの方が好きです!
跡継ぎ問題が絡んだ権力争いをえがいていて独特の世界観の中で、うつけと思われている若君と地方貴族の次男坊が自由に動き回っている。伏線の回収が鮮やか。
ミステリーは読み直しをしたくなるが、今刊を読むと前刊side.Aを読み直したくなる。
単行本にて、シリーズ3.4が既刊である。この文庫版は単行本で読みほしくなって購入した。注意すべきは、文末の紹介が内容に触れすぎているため先に読んではいけない。
文末の紹介文が蛇足かつしつこく感じたので読了後のよさが減った気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/08/01 13:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/19 00:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

文春文庫 ランキング

文春文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。