サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~7/29)

【集英社】週刊少年ジャンプ50周年記念読書マラソンキャンペーン(~7/31)

十二月八日と八月十五日(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2015/06/19
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-790390-9
一般書

電子書籍

十二月八日と八月十五日

著者 半藤一利・編著

開戦と終戦の日。人々は何を考えたか太平洋戦争開始の1941年12月8日。終戦の玉音放送が流れた1945年8月15日。人々は何を考え、何を発言し、何を綴ったか。

もっと見る

十二月八日と八月十五日

580 (税込)

ポイント :5pt / 紙の本より3おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

十二月八日と八月十五日 (文春文庫)

583(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.6MB 無制限
Android EPUB 6.6MB 無制限
Win EPUB 6.6MB 無制限
Mac EPUB 6.6MB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
対象商品
最大40%OFFクーポン

「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

キャンペーン期間

2018年7月13日(金)~2018年7月29日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

開戦の日の熱狂と戦後の態度

2017/08/26 22:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hiroyuki - この投稿者のレビュー一覧を見る

昭和の最も重要な日、十二月八日と八月十五日を著者の旧作と当時を生きた人の日記等から振り返る。戦後生まれの自分が一番驚いたのは、開戦の日の熱狂である。当時の知識人たちも、全然戦争を否定的に捉えていない、勝利を確信している。戦後の、自分たちは騙されていた、厭戦、反戦の気分とは大違いである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読んで良かったです

2015/09/29 14:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦争が始まるのと終わるのとでは状況が大きく違います。当時の日本人の気持ちを知りたかったので、とても参考になりました。読んで良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

十二月八日と八月十五日

2015/08/26 09:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:せいはく - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルからわかる通り、12月8日は真珠湾攻撃があった開戦の日、8月15日は終戦を迎えた日である。当時の日本人がどんな気持ちで開戦を迎え、終戦を受け入れたのかを如実に伝えようとしている。史実をもとに伝えようとしている半藤文学に敬意を表したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

十二月八日と八月十五日

2015/08/27 23:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まさちえ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、太平洋戦争の最初の日と最後の日を、多数の人の日記を引用しながら、単なる時系列の歴史の解説でない、生き生きとしたものに仕上げています。【第1話:開戦の日】「帝国陸海軍は本八日未明、西太平洋において米英軍と戦闘状態に入れり」太平洋戦争開戦直後、それまでの米英の圧迫に我慢できなかった多くの日本人が、日米の国力の差によるその後の苦難の道を想像できず、快感を味わっていたことがわかります。今のわれわれがそれを単純に非難するのは必ずしも公平ではありません。そういう時代だったのだろうと思います。しかし、その後の展開を考えると悲しさを感じます。【第2話:終戦の日】「謹んでお伝えします。畏きあたりにおかせられましては、このたび詔書を渙発あらせられます。・・・国民はひとりのこらず謹んで玉音を拝しますように」戦争中に正確な情報を与えられず、神州不滅を信じていた日本人も多かったと思いますが、沖縄戦が厳しい状態にあり、日本国内も多数の都市が空襲に見舞われ、広島・長崎に原爆が投下された中での終戦。ほとんどの日本人にとっては青天の霹靂であり、悔しさもあったが、喜びと解放感を感じた人も多かった。戦争は否定すべきものではありますが、何故戦争に突入することになってしまったか、どのように終戦に至ったか、それぞれの過程で日本人がどう感じていたかを学ぶ必要があると思います。本書は、そのひとつの手掛かりになります。なお、著者ご自身の体験もまじえており、臨場感とまで書くと書き過ぎでしょうが、親しみを感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

時代の雰囲気を知ることができました。

2016/04/20 21:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けやき - この投稿者のレビュー一覧を見る

太平洋戦争の開戦の1941年12月8日と終戦の1945年8月15日を著名人の日記や手記で再現したもの。時代の雰囲気を知ることができました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/08/17 00:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/01 11:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/21 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/23 18:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/22 23:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る