サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~3/14

最大40%OFFクーポン ~3/14

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 32件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2015/07/03
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-710587-7
一般書

電子書籍

菜の花の沖(二)

著者 司馬遼太郎

海産物の宝庫である蝦夷地からの商品の需要はかぎりなくあった。そこへは千石積の巨船が日本海の荒波を蹴たてて往き来している。海運の花形であるこの北前船には莫大な金がかかり、船...

もっと見る

ポイント40倍

菜の花の沖(二)

03/18まで6pt

税込 713 259pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 6.2MB
Android EPUB 6.2MB
Win EPUB 6.2MB
Mac EPUB 6.2MB

菜の花の沖 新装版 2 (文春文庫)

税込 770 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

海産物の宝庫である蝦夷地からの商品の需要はかぎりなくあった。そこへは千石積の巨船が日本海の荒波を蹴たてて往き来している。海運の花形であるこの北前船には莫大な金がかかり、船頭にすぎぬ嘉兵衛の手の届くものではない。が、彼はようやく一艘の船を得た、永年の夢をとげるには、あまりに小さく、古船でありすぎたが…。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー32件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

主人公が船乗りとして、また船主として、大いに名を挙げる快挙に拍手を送りたくなる。頑張れ嘉兵衛!

2016/09/18 17:43

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:大阪の北国ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

本当に面白い本だった。
菜の花の沖 第2巻は、兵庫の湊の豪家北風家の描写から始まる。この時代の物品集散の大中心地大坂が近過ぎるため、船もモノもヒトも通過してしまう「兵庫」に活力を与えるため、北風家当主が、縁があろうがなかろうが、やってくる全ての「船員」に、風呂も食事も宿泊も無料で厚くもてなすさまを描く。それによって、少々の荷物であっても兵庫に流れ、商いの場所となり賑わいを生むとともに、集まってくる船員同士の操船技術や航海情報などの情報交換の場ともなり、また商品相場や航路沿岸の情報集積の場ともなった。何やら今日の商工会議所活動の数段先をゆく活動とも思え、商売繁盛の原点を教えられた思いがした。
続いて江戸に清酒を届ける樽廻船で一番乗りを果たして名を挙げた主人公嘉兵衛の、北風家デビューの場面へと続くが、この北風家との接点が後に嘉兵衛が船を持つ重要な契機となる。次に嘉兵衛は、紀州藩銘木12本を筏に組み、弟たちとともに無謀にも真冬に江戸まで波と潮にのっていくという快挙を遂げ、益々名を挙げる。
そして滞在していた江戸で、船を手にできるとの情報を得る。その船で荷を運んだ秋田での「船大工棟梁」との出会いが、自分の巨大船、千五百石船建造へと繋がっていくが、数々の冒険譚の合間合間に、司馬さんらしく木綿の大衆化の歴史と北前船によるその肥料の運搬、酒田など寄港地の賑わいの風景などが「街道をゆく」さながらに描かれる。また司馬さん独自の「日本人の気質や村社会文化の特性」、「商人からみた武家社会の非合理性」への考察も展開され、読んでいて飽きさせない。それにしても作家である司馬さんが、和船、唐船、オランダ船などの船の構造と耐久性、その進化について、これほど深く極められたことに敬服せざるを得ない。また脱帽させられた。
物語は商売と船建造資金、船員育成への人材援助を求めて、若い頃村八分にされた故郷へと戻っていく。そこで思わぬ吉報が待っていた。
次の第3巻が楽しみであるとともに、6巻本の この第2巻だけでも一編の歴史小説、商売の極意に触れられるビジネス書としても充分楽しめるたいへん内容の濃い一冊であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/11 11:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/10 18:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

1996/01/01 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/21 08:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/17 16:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/25 12:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/17 23:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/22 00:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/13 12:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/14 18:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/10 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/26 22:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/20 15:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/10 10:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。