サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~5/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 137件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2015/07/24
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-126651-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ひらいて(新潮文庫)

著者 綿矢りさ

“たとえ”という名の男子に恋をした女子高生・愛。彼の恋人が同級生の美雪だということを知り、次第に接近する。火のように激しい気性を持った愛は、二人の穏やかな交際がどうしても...

もっと見る

ひらいて(新潮文庫)

税込 473 4pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 5.7MB
Android EPUB 5.7MB
Win EPUB 5.7MB
Mac EPUB 5.7MB

ひらいて (新潮文庫)

税込 539 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

“たとえ”という名の男子に恋をした女子高生・愛。彼の恋人が同級生の美雪だということを知り、次第に接近する。火のように激しい気性を持った愛は、二人の穏やかな交際がどうしても理解できず、苛立ち、ついにはなぜか美雪の唇を奪う――。身勝手にあたりをなぎ倒し、傷つけ、そして傷ついて。芥川賞受賞作『蹴りたい背中』以来、著者が久しぶりに高校生の青春と恋愛を詩的に描いた傑作小説。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー137件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

溺れる

2015/08/11 23:59

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:XM-X1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

綿矢りさの文章は溺れる。
不快な溺れ方じゃなく、とても心地よく溺れることが出来る。
タイトルの『ひらいて』は、なかなかに意味深で良かった。
手を開いてなのか、心を開いてなのか、目を開いてなのか、はたまた未来を開いてなのか。
邪魔するものは叩いて潰す、主人公の無茶苦茶度合いも好き。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

青春

2015/08/17 21:26

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:T.s - この投稿者のレビュー一覧を見る

青春時代、我々は心で思ったことを伝えようとするのだけど、上手く伝わらない。誰しもがそんな経験をしたであろう。でも、いつからか、マニュアルと言う言葉を覚え、上手く自分の感情を表現できるようになった僕が、あなたがいる。あの頃に比べれば、純粋さ、もどかしさ、が感じれないためか、素直じゃなくなった自分がいる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

映画の原作

2021/11/06 20:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:H2A - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画を観た後で読んだ。高校生活という舞台設定についてくるキラキラしたイメージは早々に裏切られる。主人公の愛の視点で物語るので綿矢りさらしいユニークで痛い言葉の数々が健在で、恋愛が思いもよらぬ方向に進展していく。作者に抱いていたどこか上品そうなイメージは吹き飛ぶような踏み込んだ内容。愛という主人公の行動や心理がエキセントリック過ぎて共感できない向きもあるだろうが、そんな自己中心そのもので他人を顧みない行為の中にも好きな相手を振り向かせたいという切実さはある。物語の最後に、愛が美雪にかける言葉とは裏腹に物語では愛の恋の行方はどこにも落ち着きようもないところで結末を迎える。言葉の力がある分こちらの原作の方が映画よりも少し上のような気もするが、映画の2人のヒロインの演技も熱演で(特に愛役の女優の目力が強いので)映像の方も原作の世界と拮抗している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

奪い逃げるヒロイン

2020/05/04 22:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

大好きな彼のために、病弱な彼女の唇を奪ってしまうヒロイン・木村愛の一途さが切ないですね。ひとり残された愛が、息苦しい教室と町を飛び出すラストも圧巻です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

高校生の危うさ

2021/07/31 09:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:makiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校3年生の女子が同級生の男子を好きになったものの相手にされず、その男子と交際している女子に近づき、同性愛に近い行為までする話。10代後半の狂気に近いような危うい精神とそれに基づく行動を鋭く小説にしている内容。好きになれるストーリーではなかったですが、こういう小説を思いつくところがスゴイと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なまえ

2020/11/15 00:25

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:4mh - この投稿者のレビュー一覧を見る

彼の名前がとてもすてきだと思った。相手のことが気になってしまう、気になる、気になる、で、どんどん深みに嵌っていく。それが、目立たないタイプのひとなら尚更だと思う。
「わたしだけに」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/07/20 23:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/11 21:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/03 07:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/28 16:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/07 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/17 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/28 09:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/30 19:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/18 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。