サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~2/21)

修正:予約キャンペーン(0215-28)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 集英社
  6. 集英社文庫
  7. 明日 一九四五年八月八日・長崎
明日 一九四五年八月八日・長崎(集英社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2015/07/17
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • ISBN:978-4-08-749120-3
一般書

電子書籍

明日 一九四五年八月八日・長崎

著者 井上光晴

原爆投下の前日八月八日、長崎の街にはいま現在そこに住む人々と、おなじ人間の暮らしがあった。結婚式を挙げた新郎新婦、刑務所に収監された夫に接見する妻、難産の末に子供を産む妊...

もっと見る

明日 一九四五年八月八日・長崎

400 (税込)

ポイント :3pt / 紙の本より32おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.8MB 無制限
Android EPUB 3.8MB 無制限
Win EPUB 3.8MB 無制限
Mac EPUB 3.8MB 無制限

明日 一九四五年八月八日・長崎 (集英社文庫)

432(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
最大40%OFFクーポン配布中!
「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

原爆投下の前日八月八日、長崎の街にはいま現在そこに住む人々と、おなじ人間の暮らしがあった。結婚式を挙げた新郎新婦、刑務所に収監された夫に接見する妻、難産の末に子供を産む妊婦……。愛し傷つき勇気を奮い起こし、悲喜こもごも生きる人々を突然に襲う運命の「明日」。人間の存在意義を問い、核の脅威と向き合う「今日」を鮮烈に描き出す。昭和文学の金字塔。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

殺された何十万人の内の一人ではなく、その人たちひとりひとりの生活が確かにあったのである

2016/08/16 17:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなしお - この投稿者のレビュー一覧を見る

長崎に原爆が落とされた前日の人々の生活を描いたものである。明日、原爆が落とされ命を落とすことになろうとは夢にも思わない人々の話である。方言がきつく読みにくい面はあるが、たいしたことではない。戦時下とはいえ、いつもと変わらない日常を生きている人々である。8月9日の描写はないが、誰もが知りつつ読むはずである。殺された何十万人の内の一人ではなく、その人たちひとりひとりの生活が確かにあったのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

戦後70年のとしに

2015/08/27 00:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すまいる - この投稿者のレビュー一覧を見る

原爆の日に長崎へ行くので、この本を読んでみました。たんたんと書かれていると思います。とても面白いという感想ではありませんが、戦争を考えるにはよい小説だと思います、でも、読むには重い小説です。でも一度は、読んだほうがいい小説です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読んで良かった

2015/09/29 15:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

誰にでもやってくる明日という日。昨日、今日、明日と続いていくのに突然それは壊されてしまった。恐ろしい原爆によって。
無辜の命を奪った原爆を許せない。これを機に来年の夏に長崎をもう一度訪れてみようと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/07/25 16:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/04 07:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/04 16:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/25 14:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/30 11:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/28 13:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。