サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【最大40%】大感謝祭クーポン祭り(~4/23)

7周年施策(ポータルページ)(~6/30)

せんそうしない
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 販売開始日:2015/07/31
  • 出版社: 講談社
  • ISBN:978-4-06-219549-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

せんそうしない

著者 谷川俊太郎,江頭路子

ちょうちょと ちょうちょは せんそうしないきんぎょと きんぎょも せんそうしないくじらと くじらは せんそうしないまつのき かしのき せんそうしない谷川俊太郎の言葉で語ら...

もっと見る

せんそうしない

税込 1,134 10pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 40.6MB 無制限
Android EPUB 40.6MB 無制限
Win EPUB 40.6MB 無制限
Mac EPUB 40.6MB 無制限

せんそうしない

税込 1,404 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
最大40%OFFクーポン配布中!
「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ちょうちょと ちょうちょは せんそうしないきんぎょと きんぎょも せんそうしないくじらと くじらは せんそうしないまつのき かしのき せんそうしない谷川俊太郎の言葉で語られる戦争への思い、江頭路子の絵の透明な生命力が融合して、ひとつの世界観を作り出しています。人間の知恵はどこにあるのかを、静かに問いかける絵本。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

『せんそうしない』

2018/01/15 22:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:百書繚乱 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょうちょと ちょうちょは せんそうしない
きんぎょと きんぎょも せんそうしない

こどもと こどもは せんそうしない
けんかは するけど せんそうしない
せんそうするのは おとなと おとな

うみと かわは せんそうしない
つきと ほしも せんそうしない

谷川俊太郎の詩を江頭路子が子どもたちの笑顔に託し水彩で表現した絵本

明るい色彩で表情豊かに描かれる12場面の中で第10場面の暗い廃墟が目に焼きつく

ひとが ひとに ころされる
しぬより さきに ころされる

戦後70年を機に出版された“戦争と平和を考える本”

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子どもたちに伝えないといけないこと

2015/09/13 07:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦後70年を迎えた今年、高齢化によって戦時中のことを知る人が減少していることが問題化している。どのように子どもたちに戦争の悲惨さを伝承していくか。
 それは戦後生まれの私たち全員が考えなければならない問題だろう。
爆弾が落とされ、街が燃え上がったことを知らない私たち。食べ物がなく、飢えてなくなった人がいることを知らない私たち。銃剣で子どもを殺したことも、殺されたこともない私たち。愛する人を戦地に送りだしたことのない私たち。その人が帰ってこなかったことさえ知らない私たち。
 そんな私たちが、どのように戦争はよくないんだよと伝えていけばいいのだろう。

 安保法案を推し進めようとする政治家たちの多くも戦後生まれだ。それでも、戦争までの距離を何歩も縮めようとするのはどうしてだろう。
 知らないからできるのだろうか。
 そうではないような気がする。
 知らなくても、私たちは想像できる。戦争のことを想像できる。燃える街のことも殺したり殺されたりすることも想像できる。
 ちいさなきっかけで。ちいさな言葉で。
 それがこの絵本なのかもしれない。

 詩人のたにがわしゅんたろう(谷川俊太郎)さんがやさしい日本語で、戦争反対をうたった絵本。
 ひらがなだけで書かれてはいるけれど、最初は大人が読んであげるのがいいかもしれない。
 言葉のリズムが子どもたちに想像の翼を広げさせるはず。
 次は子どもたちが自分で読んでみると、いい。声を出して読んでみると、いい。
 想像の翼は、きっと強く大きくはばたくだろう。
 「せんそう しない」。
 書かれていることは、少しも難しくはない。何故、「せんそう しない」かが明確にわかる。
 誰も殺したり殺されくないからだ。
 そんな簡単なことが、国を守るとか子どもを守るみたいな、あるいは法案説明の難解な答弁で歪められていくのは、おかしい。
 子どもたちに国会での大人の声が理解できるだろうか。

 えがしらみちこ(江頭路子)さんの描く、男の子と女の子。
 この子たちの未来を。私たちは守れるだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こんなふうに言われたら

2015/10/28 06:22

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふくちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

声だかに「せんそうはだめ」と言われるよりも
こんなふうに言われたら偉い人たちも感じることができるのかな
わいんと にほんしゅ
うみとかわ つきとほし 
ちょうちょと ちょうちょう はせんそうしない
ですからね

水彩画の絵も親しみやすくおよそテーマとは関係ないような
絵柄です
子どもたちに読んでいます、大人だけにも読んでいます
読むだけでちゃんと意味は通じますね

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

良いような悪いような

2015/08/20 21:06

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たぬき - この投稿者のレビュー一覧を見る

有名な詩人の新作。ホットなテーマ。ということで買ってみたが、もともと詩を解さない人間には難しかった。人に読み聞かせてみたところ、「それで、何が言いたいの?」と言われてしまった。言いたいことは「せんそうしない」!につきると思うが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新聞書評を見て

2017/05/27 07:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:休みの朝 - この投稿者のレビュー一覧を見る

わたしが子どもに伝えたい事は、わたしやあなたに必要な、一切合切のものを、戦争はすべて否定し、奪って行ってしまうという事。
そして、その悲しみや悲惨さは決して癒される事はないという事。

生きている者同士の単なる争いでは無い、戦争をしたい人達の思惑、浅はかさ、そして莫大なお金の流れが歴然とある中で、戦争を許さない心を育てるには、この詩だけでは、余りにも弱く感じます。

人間が、死ぬ前に、殺し殺される事を、正当化する人達に、愚かだね、というだけでは、わたしには足りないのです。

大切な家族と離れた、遠い国に、自身に何の直接の利害無い人達の住む所へ、兵隊として行き、飢え、渇き、どの様な最期だったのかもわからない、最後に何を願ったのか知る事も出来ない、そういう目に合わした人達を、絶対に許さないし、忘れない。それが、戦争で、国民同士が武力で戦わされるという事。誰かの子であり、親である人同士が、そしてその家族が、平穏な日常を金輪際失ってしまうという事。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/07/24 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/30 11:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/06 12:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/20 18:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/08 20:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/16 11:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/28 18:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/07 17:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

児童書・絵本 ランキング

児童書・絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。