サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~4/30

最大50%OFFクーポン ~4/30

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2015/07/31
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-790334-3
一般書

電子書籍

かけおちる

著者 青山文平

妻はなぜ逃げたのか。最旬作家の傑作時代長編藩の執政として秘策を練る重秀はかつて、男と逃げた妻を斬った。二十年後に明らかになる女心の真相とは。松本清張賞作家の傑作。

もっと見る

かけおちる

税込 662 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 5.8MB
Android EPUB 5.8MB
Win EPUB 5.8MB
Mac EPUB 5.8MB

かけおちる (文春文庫)

税込 671 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

地方再生の時代小説

2016/01/16 08:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

直木賞候補と知り、読み始め3冊目。
すっかりお気に入りの作家です。
苦しい柳原藩の財政を立て直すために新しい事業を興す事に活躍する阿部重秀。鮭の遡上に成功し、これからは柳原藩へ人を集客するため柳原文庫を計画する。現代にも通じる地方再生の話は経済小説に通じる面白さ。
婿の阿部長英は江戸の中西道場で取立免状の剣の天才。
しかし、これからは剣で生きるのではなく、義父の興産の仕事の跡を継がなければならない。武士として生きたい心の葛藤、興産の手柄をたてたい焦り、長英は苦悩する。
そんな二人の妻が欠け落ちた人。
妻がかけおちたら、夫は地の果てまで追いかけ妻とその男を討たねばならい時代。しかし、重秀には秘密があり終盤大きく物語が動き、その展開に驚かされる。
武士として活躍する場所がない時代に生きる男達。その男達を守るためにかけおちる女達。
しばらく青山文平から離れられない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

内面の深いところに響いてくる作品。

2015/09/14 09:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

書き方や登場人物、そういった具体的な部分ではなく、もっと深いところにある何かが心に訴えかけてくる。
題名が暗示するように、この作品、かなり悲惨な内容ではある。娘はかけおち、婿はまだ知らされていないが実は切腹。そんな中、本人も昔斬り損ねた妻とかけおちる。その関係や、なぜそうなったかを書くとかなりややこしくなるから省くとして、「かけおちる」理由は人によっては説得力を備えていないように思うようなものだろう。けれど、こういう理なき理のようなもので人が死んだり、それまでの生活を捨てたりといったことがあるのが江戸時代という時代なのではないだろうか。そしてそれを不条理と切り捨てるのではなく、真正面から見つめてそこに生きる人の心情を描いたこの作品の世界観は、貴重なものだと思うし、大変興味深い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

淡いけれど残るもののある作品

2016/11/12 16:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

レコードじゃないですがジャケ買いです。ここまでスッキリした装幀の作品も珍しいのでは。

かけおちるの「かけおち」は「駆け落ち」だと思っていたのですが、本作では「欠け落ち」の字をあてています。
人を思う形の多様性というか、それは愛情なのか?と疑問にも感じられるところもあったりした作品でした。
戦という死ぬことを一つの成果とする時と場所を失った時代に、どう生きるかではなく、どう死ぬかとしか考えられない武士という存在の危うさに哀れさに近い思いを抱きました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/06/27 18:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/04 01:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/12 02:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/13 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/27 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/21 19:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/18 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/03 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/14 16:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/13 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。