サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

桜井さん、うちの子受かりますか?
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/12/11
  • 販売開始日:2015/12/11
  • 出版社: 産経新聞出版

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

桜井さん、うちの子受かりますか?

著者 桜井信一

受験生を抱える親の悩みに、『下剋上受験』著者の桜井氏がすべて答えます。内容「なぜ子どもは勉強しないのか」「塾に通っても伸びないはなぜか」「ミスを減らすにはどうすればいいの...

もっと見る

桜井さん、うちの子受かりますか?

1,512 (税込)

ポイント :14pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

桜井さん、うちの子受かりますか? 中学受験親の悩みにすべて答えます

1,512(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 12.4MB 無制限
Android EPUB 12.4MB 無制限
Win EPUB 12.4MB 無制限
Mac EPUB 12.4MB 無制限
電子全品対象!ポイント最大50倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!電子書籍ストア全商品ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

受験生を抱える親の悩みに、
『下剋上受験』著者の桜井氏がすべて答えます。

内容
「なぜ子どもは勉強しないのか」
「塾に通っても伸びないはなぜか」
「ミスを減らすにはどうすればいいのか」
「最も挽回可能な科目は何か」
「我が家の家計でも私立にいけるのか」など
受験生を抱える親の悩みに『下剋上受験』著者の桜井氏がすべて答えます。

人気ブログ「父娘の記念受験」を通じてこの1年、
桜井氏のもとに寄せられた相談メールの内容などから、
今最も親御さんが聞きたい情報を厳選して紹介。
中学受験をしない家庭や高校受験生を持つ家庭にも役立つ内容です。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

救われます

2015/08/18 07:07

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にゃんたろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

前著も問題集も持っているので、もういいかなと思いつつ、購入。これは、素晴らしい。ほかの中学受験本には書かれていない、しかし素晴らしくしみこむ言葉が書かれています。つい、夫と桜井パパを比較してしまうのが難点です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

勉強になりました

2016/01/17 12:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:だい - この投稿者のレビュー一覧を見る

共感できる部分が沢山ありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

下剋上受験の続編のようなものです。

2016/03/12 22:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たまお - この投稿者のレビュー一覧を見る

普通の中卒だった著者がすっかり知的になってしまったようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

賛否ありかもですが読ませる説得力があります。

2016/07/25 17:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:気まぐれネット購入者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

下剋上受験の著者が自らの体験に基づいて受験アドバイザーになったという本です。
 このお父さんは凄いなーって思うものの、本当かなって思う部分も否定できません。しかし、ついつい読んでしまう説得力があるのは事実です。
 中学受験は親が9割なんて言われており、どれだけ親がコミットする覚悟があるか否かが受験を左右するという考え方に肯定的な方は参考になるでしょう。
 とくに、子供の学習について、どれだけ進捗度を把握できているのかについては親の気概次第という部分が大きいと思います。この著者のように子供とガッツリ関わるのであれば誰よりも子供のことを知っているという自負があることでしょう。
 ネットをはじめとする各種媒体の受験情報が沢山あり、これに惑わされないようにする為には、子供の学習理解度や進捗状況を誰よりも把握している必要があると思います。そうすれば、塾への質問なども具体的になり対処も個別的になってくると思いますし、不要な情報に右往左往する必要もなくなるでしょう。
 塾に行くだけで成績が上がり大丈夫ならば良いのですが、最終的には家庭で必要な問題をどれだけ繰り返し、定着できるかが分かれ目になると思います。
 すなわち、家庭学習にどれだけ親が伴走できるかが問われるものと思います。そして、必要な範囲と繰り返す量の拡充具合を見極めるのが最も重要なサポートになるはずです(盛るもサボるも親のサジ加減ではないでしょうか)。
 きちんと伴走し、どれだけ進捗度や理解度を把握できているのかが物量をこなす効率性や最適度に直結してきます(不必要な家庭学習を省き、必要な箇所へ時間を振り分ける等の取捨選択)。
 受験に対する親の気概を問われている、そう感じる一冊です。ここまで、ガッツリと関わる覚悟があるか否かは別として、受験に対する親の気概に自信が無くなってしまった場合に本書を読んで力が湧くとか気持ちを新たにするとか、そんな効用のある本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

下剋上シリーズ第2弾

2017/05/04 04:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

桜井信一の子どもとともに受験に望む覚悟が伝わってくる。中学受験はやはり親の熱意がなければ難しいのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/26 23:20

投稿元:ブクログ

「下克上受験」に比べると、著者の人生観など受験以外の話題やブログ読者とのメールのやり取りなど多くなっている。エッセー集。
ストーリー性では「下克上受験」に劣るのと、内容も玉石混交という感じ。一冊目を読めば足るという印象

2016/05/31 06:11

投稿元:ブクログ

「下剋上受験」は読んでいないけど、かなりの中学受験親から反響があったらしい。
専門家ではないので、こうすればいいよ、というのではなく、自分はこう考えてこのようにした、というスタンス。でも臨場感があって共感できるところが多かった。

2015/10/28 13:47

投稿元:ブクログ

中卒だけれども、娘を桜蔭に入れようと頑張った父親が書いた中学受験についての本。
私は1作目の『下剋上~』を読んでいないので、そちらの本も気になりました。
桜井さんは中卒とのことですが、なんで??というくらい勉強家で努力家です。私には真似できない……。

私の考え方と違うなーというところが何点かあったので、こういう風に考える人もいるのだな、という参考程度にするのがいいのではないでしょうか。

桜井さんは桜井さんの考え方があると思いますが、受験に「正解」はないと思っています。みんな子どものためを思ってやっていることですが、何が子どもにとって一番大切か、ということを私も考えていきたいと思いました。

2016/11/23 12:25

投稿元:ブクログ

・中卒の両親が娘を超難関私立中学校の受験に挑んだとき様子をブログ及び書籍化した後に、受験生の親から届いた質問や自身がぶつかった壁の乗り越え方の実体験を伝えている。
・父親が娘と一緒に塾に通わずに5年生から取り組んだ生々しい内容になっているので、他の中学受験本よりも近い感覚のノウハウが書かれている。
・子供を塾に通わせているだけで成績が上がることはない。子供の頑張りによるちょっとした成長に気づき、認めてあげることが次の日のやる気につながる。
・休日を有効に使えない人は、そこで大きな差が生まれてしまう。
・中学受験を子供がしたいと言ったからといって、途中でだらけたり他のことが出来なくなったりしても子供のせいにしてはいけない。最終的には親も賛成しているのだから、責任は親にも同じだけある。最初に親子で諦めない覚悟を決めることが大事。
・中学受験では学校のことは一切役に立たないので放課後だけが勝負になる。そうなると普通のこともできなくなってしまうのは仕方のないこと。普通のことが出来なければ、中学受験に合格してもだらしない生活が続いてしまうと心配になるが、中学に入学すれば、学校生活鵜を中心にそれまでとは異なり規則正しい生活を過ごすようになる。
・子供が同じことで何度も怒られるのは、反省が下手だから。それは人生経験が少なく、反省する機会も少ないので仕方のないこと。それよりも、前を向かせるために人生表を作成して、この先何をやればどういう人生になるかを示してあげることが大事。
・中学受験に必須な計算問題は単純にひっ算をするのではなく、工夫して計算するのだが、その工夫の仕方を一つ一つ塾では教えてくれない。何も知らない子供は毎日の宿題をひたすらひっ算をしているのでやる気がなくなってしまう。上位クライスの子供だけは自分で工夫ができてしまうが、その他の子には親が助けない限り改善することはない。
・解けない問題を粘り強く考え続けても答えにはたどり着けない。解き方をマスターさせて押したり引いたりして解き方を変えてみることが必要。
・親にとっては受験まで1年、半年しかないと焦ってしまうが、子供にとっては同じ1年が長く感じるのでのんびりしているだけ。それをやる気がないと責めてしまうと、本当にやる気がなくなってしまう。
・親は頑張ってダメなら仕方がないというが、子供は頑張らなかったからダメだったという言い訳を準備したくなる。かといって頑張らないなら受験を止めなさいと言っても子供にも体裁もあるので止めない。
・算数は基本的な計算方法と解く手順が分かれば、誰でも出来るようになる科目。
・問題集の使い方は、単元ごとに分けてあり、全パターンの解法が載っている問題集を1冊用意する。塾に通っていれば、専用テキストでよい。それを順番に一通りこなす。復習はしない。後はその本に辞書のようなインデックスを付けていつでも開けるように机に置いておく。そして他のテキストを解く。弱点が分かっていればその単元だけを問題集で補強する。同じ問題を復習するのではなく、色々な問題を解くことでその単元をマスターでき��。解き方が分からない時は最初の問題集で調べる。そこに解法が載っていない問題は、奇問なので捨てる。
・算数で扱う数字を子供の生活で使う数字に置き換えてあげると理解が一気に進む。
・計算ミスをする子供はミスをしない計算方法に変えてあげる必要がある。ひっ算をしない。繰り下がりの引き算をしない。割り算を使わない。
・成績は勉強量と比例して伸びるのではなく、基礎を積み上げ、練習という勉強をし、知識を整理して備える準備が整うと、一気に成績が上がる。それが6年生の12月ごろだったりするから子供だけでなく親も焦ってしまうが、それを信じて焦らないことが大事。
・5年生以下なら下位クラスでも難関中は十分に狙える。下位クラスに半年も在籍している時点で、地頭勝負の可能性は低い。その子は塾の宿題も自力でこなすなんて無理。宿題を自力でこなせるほど授業を理解できていれば下位クラスにはいない。その子はやる気がないのではなく、やる気が出ないほど分からないだけ。その子には受験まで全てを犠牲にして全力で親がサポートする必要がある。
・算数のどこの単元の基礎ができていないのか復習するのには、「ザピックス分野別シリーズ 算数 標準(スタンダード)20回テスト1~7」が校舎販売だが塾外生でも購入可能。1冊千円なので7冊で7千円。
・出来ない子も解き方は理解しているが、どの解き方をどの問題に使えばよいかが分からないだけ。そこで改めて解き方を詳しく説明しても意味がない。出来ない子は、やや高いレベルに苦労した後で低いレベルを眺めたときには自然と出来るようになっている。毎週の単元をその週に理解できないだけで翌週には理解できているので、どんどん遅れていくという事はない。
・憧れの学校をモチベーションにしても続かない。勉強へのモチベーションは「どんどんできるようになる」ことが一番。第一志望に行きたいなら頑張りなさいと言っても子供には響かない。
・入試問題は偏差値55付近までは比較的簡単だが、偏差値60になると急に難易度がアップする。さらに偏差値70になるとここでも急に難易度があがる。偏差値に沿って比例して難易度が上がるわけではない。
・過去問の難問を解くよりも、それ以外を確実に解ければ合格できる。難問を解ける子は合格者のほんの少数で、その他はミスなく難問以外の標準問題を確実に解ける子。
・年末あたりからは、親が不安そうな表情やアサリを見せると子供に感染してしまうので、絶対にしてはいけない。この時期はとにかく子供を褒めてあげれば、子供はその気になって前向きになっていく。

ノンフィクション・ルポルタージュ ランキング

ノンフィクション・ルポルタージュのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む