サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(0301-31)

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

ぼくたち日本の味方です(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2015/12/25
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-790493-7
一般書

電子書籍

ぼくたち日本の味方です

著者 内田樹,高橋源一郎

3.11後の日本をどう生きるか――渋谷陽一氏の司会で、国内政治をテーマに二人の論客が対談するシリーズ第二弾。2010年11月から2012年2月にかけて、東日本大震災をはじ...

もっと見る

ぼくたち日本の味方です

税込 780 7pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 8.0MB 無制限
Android EPUB 8.0MB 無制限
Win EPUB 8.0MB 無制限
Mac EPUB 8.0MB 無制限

ぼくたち日本の味方です (文春文庫)

税込 788 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

3.11後の日本をどう生きるか――

渋谷陽一氏の司会で、国内政治をテーマに二人の論客が対談するシリーズ第二弾。2010年11月から2012年2月にかけて、東日本大震災をはじめ、沖縄基地問題、橋下徹論、原発問題、天皇制、経済成長、民主主義などを語り合った。

<わたしたちは、やがて、いなくなるが、わたしたちの後から来る人たちのために、「ニッポン」さんには、まだまだ頑張ってもらわなきゃならない。そのためにどうすればいいか。わたしは、ない知恵をふりしぼって考えてみた。みなさんが考えるためのヒントに少しでもなれば幸いである。>高橋源一郎「文庫版のためのあとがき」より


※このコンテンツは『どんどん沈む日本をそれでも愛せますか?』(2012.6 ロッキング・オン刊)を改題したものです。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

表紙がなんとなくよかった。

2015/11/29 00:33

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:朝に道を聞かば夕に死すとも。かなり。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

2人のおじさんが「この世界は私たちだけのものじゃないからパッサーとして、ガタついている世の中を少しでもマシな状態でパスしたい」と話し合います。

 原発の話では、別に私たちは法的に間違った事をしたわけではないけど、あれほどの規模の国土を自分たちの「人災」のせいで失ったことに対し、責任の取り方が難しい。

 チェルノブイリ原発事故を見ても、他国の事は記号的に見ていた私たち。そして「安心社会」は実は自分たちの「世間」だけで通用しない理屈だったって気づいて動揺しています。

 原発については何にも考えず気分で判断してきたから、どんな言葉を持てばいいのかわからない。どう子どもに説明したらいいのかわかんない。だから震災の話は重苦しい。

 内田さんは「第1に国土の保全、第2に国民の健康」に優先順位があって「これはお金の問題なんだよ」って言われたら「そうなのか」って思うのはどうなの?オレは与(くみ)しないよって言います。

 高橋さんがおもしろいお話をしていました。山口県の祝島で反対運動を30年やっていて、やってる人がほとんどがおばあちゃんで、島の中を25分回ったらおしまいで、「原発反対」とか言っているけどみんな歩きながら世間話している、っていうのがなんか東浩紀さんの「弱いつながり」を思い出しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

安心感をくれる対談

2016/05/31 09:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぎんがむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

日頃ニュースを見聞きしながら私が感じていることをそのまま言葉にしてもらったようで、とても嬉しくなりました。対談であるせいか、文字を追うだけでは理解するのが少し難しいところがあります。じっくり繰り返し読みたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/12/20 17:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/23 22:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/13 17:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。