サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(~4/30)

修正:全商品10%OFFクーポン(0420-27)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた
日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた(角川書店単行本)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた

著者 著者:嶌 信彦

1947年11月のロシア革命30周年までにビザンチン風造り、3階建て1400席の劇場建設にあたった450人余の日本兵捕虜がいた。いま、その劇場はウズベキスタンの誇りとなっ...

もっと見る

日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた

1,728 (税込)

ポイント :16pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた

1,728(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 13.1MB 無制限
Android EPUB 13.1MB 無制限
Win EPUB 13.1MB 無制限
Mac EPUB 13.1MB 無制限
電子全品対象!10%OFFクーポン!

こちらは「電子書籍ストア全商品対象!10%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年4月20日(木)~2017年4月27日(木)23:59

電子全品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月6日(木)~2017年4月27日(木)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1947年11月のロシア革命30周年までにビザンチン風造り、3階建て1400席の劇場建設にあたった450人余の日本兵捕虜がいた。いま、その劇場はウズベキスタンの誇りとなっている。戦後70年目に蘇る実話。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

これまで知らなかった事実が

2015/10/04 23:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Nolita - この投稿者のレビュー一覧を見る

何度かウズベキスタンのナボイ劇場は日本人が立てたとテレビで見た事があったが、こんなに素晴らしい方々が建てた事をしり感動した。
シベリア抑留はシベリア地域のものだけだと思っていたので、旧ソ連領であるウズベキスタン等中央アジアの国まで多岐にわたっている事を知り、その事も驚かされた。シベリア抑留は辛い事が中心の本が多いが本書は素晴らしい日本人の方々が登場され本当に敬意を表したい素晴らしい本だったので多くの人に読んでほしいと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/22 12:36

投稿元:ブクログ

戦後、シベリア抑留者たちの中で、ウズベキスタンへと連行され、そこでオペラハウスの建造に関わった人たちの記録。
このオペラハウスはソ連4大劇場のひとつと称賛され、1966年タシケントを襲った 大地震にも耐えたそうです。

ウズベク人との交流などのほんわかする部分や、全員の無事帰国を目標とした永田大尉は部下全員の氏名と住所を記録し、帰国後にラーゲリ会を発足、晩年まで集まり続けたという驚嘆するようなことがらも書かれています。

収容所、と一口に言ってもそれは一つきりではないし、各収容所ごとに特色というのか、雰囲気が違っていること。
それは管理する側のソビエト兵たちにもよるかもしれませんが、日本兵たちの代表者たちの人柄、考え方が大きく影響するのだと言うこともよく分かりました。

2016/02/28 21:56

投稿元:ブクログ

2016.02.21 もっと早く読めば良かったな、と言っても変わらないけど。読んでおいて良かったし、意外と読みやすくおもしろかった。

2016/02/24 12:50

投稿元:ブクログ

これは読んで良かった。現地に行ってみたくなった。文章が少し読みづらく感じた所があったけど、内容は本当に「目から鱗」。つい先日、本学主催の杉浦千畝さんに関する展示のお手伝いをしたけれど、この歴史も知る事で人生を豊かにできると感じました。子ども等にも読ませたいので、図書館で読んだけど自宅用に一冊買おうと思います。

2015/11/30 19:19

投稿元:ブクログ

シベリア抑留といえば、極寒の地での奴隷的強制労働しか浮かばない。後に、あのエリツィンが非人間的な行為だったと謝罪するほどだもの。いくら旧ソ連では南方のウズベキスタンとはいえ、ろくな食事も得られず、厳しいノルマで建設工事に従事する虜囚。帰国の目途もなく、およそ心身を健全に保つことなどできない状況で、優れたリーダーに導かれ、懸命に労働する。結果、素晴らしいオペラハウスを築き、成果はもちろん、その仕事ぶりにウズベク人、さらにソビエト人からも尊敬されるのだから、同じ日本人として誇らしい。