サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

集英社BOOK 全品ポイント50倍(~5/26)

失踪(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

失踪

著者 著者:ドン・ウィンズロウ,翻訳:中山 宥

平穏な町で起きた5歳の少女の失踪事件。3週間が経ち、誰もがその生還を絶望視する中、第二の事件が起きた。事件を担当する刑事デックはすべてをなげうち、 わずかな手がかりを元に...

もっと見る

失踪

1,426 (税込)

ポイント :13pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

失踪 (角川文庫)

1,426(税込)

失踪 (角川文庫)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 11.2MB 無制限
Android EPUB 11.2MB 無制限
Win EPUB 11.2MB 無制限
Mac EPUB 11.2MB 無制限
電子全品対象!ポイント最大50倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!電子書籍ストア全商品ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

平穏な町で起きた5歳の少女の失踪事件。3週間が経ち、誰もがその生還を絶望視する中、第二の事件が起きた。事件を担当する刑事デックはすべてをなげうち、 わずかな手がかりを元に少女の行方を追う――。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ノンシリーズ故のあっさり感の中にも、ウィンズロウ節炸裂

2016/01/18 02:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

430ページ強という、ほどよい量とシンプルなプロット故、思いのほか早く読み終われました。

舞台はアメリカ中西部のネブラスカ州リンカーン市。 ある日突然、5歳の少女ヘイリー・ハンセンが行方不明になる。 担当刑事のフランク・デッカーはヘイリーの母親に彼女を必ず見つけ出すと約束するが、捜査関係者をあざ笑うようにもう一人の少女がいなくなる。
ヘイリーを見つけ出せないまま事件の幕引きをすることにどうしても折り合えないデッカーは職を辞し、わずかな手掛かりを頼りにヘイリーを探して国内を探しまわり、ついにNYに辿り着いたが・・・という話。

デッカーの一人称なので余計読みやすかったということもあるかも。
テンポのよい、反復と省略を効果的に使った文体も心地よく、デッカーの皮肉過ぎず、乾ききっていない穏やかなユーモア精神と相まって、次第に暴かれていく事件の内容はひどいものなのだけれど、読者としてそこまで陰惨な気分にならずにいられた。

そう、たとえるならばデッカーは『ストリート・キッズ』のニール・ケアリーがもしコメディ路線に行かず、最愛の彼女とも出会わず、“おやじさん”とも仮に別れることになったらこんな人になったのではないだろうか、というような<面影>を読みとってしまったので、余計にそう思ったのかもしれない。
デッカーを主役にシリーズ化してほしい気もするけど、そうすると彼がまたつらい目に遭うのか・・・と思うと躊躇する。

イタリアン・マフィアのボスが登場しても昔堅気の仁義を大事にする人だったりと、善悪を白黒で分けないのもまたウィンズロウ的であり、そこに救われてしまうという複雑な心境もありで、あっさりテイストでありながらも(それでもツイスト要素もちゃんとあります)十分に満足できました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/02/09 21:21

投稿元:ブクログ

消えた少女のために全てを捨ててアメリカ中を訪ね歩くというストーリーは、警察小説というよりハードボイルドに近い。ただ、なぜそこまでして捜索を続けるのかという取っ掛かり部分の心理描写が弱かったのか、あれよあれよという間に進んで若干混乱する序盤ではあった。

手掛かりを追って辿り着いた先はニューヨーク。この大都市に入ってから物語は大きく動き出す。華やかな世界に生きる人間の表の顔と裏の顔。ウィンズロウの「怒り」が主人公を通して伝わってくるシーンは読み応えあり。さらりと読み手の心に響かせる手腕って相変わらず巧いよね。そして、残酷で冷静な決着のつけ方も好き。ラスト一行の余韻が心地良い。

東江さんの訳はもう読めないけど、違和感なくフツーに面白かったです。感謝。

2016/02/05 18:52

投稿元:ブクログ

2冊同時刊行の2冊目は「失踪」。職を辞してまで少女の連続失踪事件を追いかる孤高の刑事フランク・デッカー。これまたド直球のハードボイルド小説に仕上がっています。どうしちゃったんだドン・ウィンズロウ。今までは「紳士の盟約」など探偵ブーン・ダニエルズシリーズにしても、サーファー仲間の絆みたいな、キャラクターのユニークさや多彩さが、魅力的なサブストーリーを作っていたのだけれども、今回はなんか彼らしくなく、絵に描いたようなはぐれ刑事。その辺はちょっと物足りないけれども、スリリングなストーリーと乾いた文体は健在です。時間を忘れて一気に読んでしまいます。そういえば東海岸を舞台にするのはひさしぶりですね。

2016/03/01 16:39

投稿元:ブクログ

 さて、異例の『報復』と同時発行、しかもUS本国での出版をさておいてドイツと日本で先行発売という作品のこちらは片割れだ。『報復』が、『犬の力』に似た活劇用のリズミカル文体で綴られた戦闘アクション復讐劇という大スケール作品であったのに比して、こちらはハードボイルドの一人称形式によってどちらかと言えば地道に描かれた失踪人捜査のドラマ。

 通常の警察小説と異なるのは何よりも主人公だろう。失踪事件が起こったネブラスカ州警察署のフランク・デッカーの異常なまでの責任感と捜査への執念が何よりも、他の類似小説群の追随を許さない。何しろ警察が匙を投げかけたと見るや、警察を辞職しこの失踪人捜しにかかりに切りになる。未練が残りつつも、妻との生活にも終止符を打つ。全米を旧式の自家用車で手がかりを求めて放浪する生活、という設定には狂気の片鱗すら感じる人もいるかもしれないが、この辺りはさらりとスピードアップする。

 しかし手がかりの一端に辿り着くや否や、フランク・デッカーの人生は、新たなステップを踏み始め、バックミュージックがさらにヘビーなものに変わる。生死すらわからない5歳の女の子の行方を追い求め、セレブの世界や地元警察、地元マフィアのファミリーにまで手荒い仕掛けを実行する。代償として食らうパンチの痛みは、捜査への手ごたえとしてデッカーをむしろほくそ笑ませる。

 『報復』でも見られた主人公の怒りが復讐の力となり、田舎くさいかもしれないヒューマニズムの真摯さが金やプライドの混在するニューヨークの闇を引っ掻きまわす。純朴な男の滑稽なまでの一途さと直進性が小気味よく悪党どもを破壊して突き進む。二冊同時刊行された作品のどちらにも通ずる怒りと正義のヒーロー像。元海兵隊という戦場での過去を持つ点も共通項。どちらも全く別の題材、別の世界を描いた小説ながら、どこかで二卵性双生児のように類似したものを内包しつつ、ドイツと日本で同時翻訳され、愛読者の手元に渡されている。まだ本書を手にすることのできないUS本国のファンがつくづく気の毒に感じられてならない。

2016/03/21 23:07

投稿元:ブクログ

少女誘拐事件を追うために、刑事をやめた男の物語。
わいせつ目的の事件かと思っていたら、誘拐された少女そっくりの、ただし少女プラス20才くらいの美女があらわれて……という展開がおもしろかった。

2016/02/28 14:01

投稿元:ブクログ

先に「報復」を読んじゃったので、あら、こっちはテンション低めなのね、あんまりウィンズロウっぽくないなあなどと、中盤まではどうにももどかしい感じであった。さすがに終盤の緊迫した展開は一気に読ませる迫力があるけれど、やっぱり「これぞウィンズロウ!」という作品ではないように思う。

いやもちろん、期待値が非常に高いからこその不満であるのは間違いなく、これが知らない作家が書いたものであれば、絶賛していたかもしれない。ただ、どうしても納得しかねるのが、主人公のデッカーが警察を辞めてまで誘拐事件を追いかけようとする動機が、今ひとつ腑に落ちないこと。妻との関係も、わかったようなわからないような…。これ、もしかしてシリーズものになるのかな。

それと、解説を読んで驚いたのは、ウインズロウの本国アメリカでの人気は、日本やドイツほどではないとあったこと。えー、どうして?

2016/02/11 00:08

投稿元:ブクログ

文章が平坦で導入でだれる。まとめに入るとスピード上がってくるけど、冒頭のかったるさがウィンズロウらしくなくて読んでて疲れた。ちゃんとひねりもあって面白いんだけど。

2016/08/30 22:54

投稿元:ブクログ

どうにも仕事を辞めてまで捜索し続ける必然性がわからない。モデルの家に入り込んで捜索をするというのも根拠もなくご都合主義としかおもえなかった。

2016/09/26 02:44

投稿元:ブクログ

少女誘拐事件の担当刑事が、やがては職を辞してまでも少女の行方を追う、ただそれだけの話。
序盤はリアルな警察捜査が展開され、やがては独りで全米を情報を求めてさまよう主人公の姿がロードムービー調で描かれ、中盤での一つの手がかりをきっかけに、N.Y.しかもファッション業界が背景になり物語のトーンが突然変わる。さまざまな組織や団体の思惑が絡まって…。
この様に物語のトーンは大きく変わって行くが、”孤高の探偵一人街を行く”トーンの物語が全編を貫いていてオーソドックスな探偵ものに仕上がっている。
どこか主人公デッカーは、パーカーなどとダブるところがあるが、ウィンズロウ描くこちらの方が魅力的。
登場人物もしっかり描かれているし、ラストでは物語が盛り上がり落としどころも良い。ちょっと切なさもある読後感も文句なしで、ウィンズロウとしては小粒ながらもキッチリ楽しめる一作だった。他のウィンズロウ作品のような派手さは無いが、相変わらず絵面的にも映画化に向いている。

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る