サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1019-21)

20%OFFクーポン(1019-21)

マクベス(新潮文庫)(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 101件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/01/29
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-202007-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

マクベス(新潮文庫)

著者 ウィリアム・シェイクスピア,福田恆存/訳

かねてから、心の底では王位を望んでいたスコットランドの武将マクベスは、荒野で出会った三人の魔女の奇怪な予言と激しく意志的な夫人の教唆により野心を実行に移していく。王ダンカ...

もっと見る

マクベス(新潮文庫)

475 (税込)

ポイント :4pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.2MB 無制限
Android EPUB 7.2MB 無制限
Win EPUB 7.2MB 無制限
Mac EPUB 7.2MB 無制限

マクベス 改版 (新潮文庫)

432(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

かねてから、心の底では王位を望んでいたスコットランドの武将マクベスは、荒野で出会った三人の魔女の奇怪な予言と激しく意志的な夫人の教唆により野心を実行に移していく。王ダンカンを自分の城で暗殺し王位を奪ったマクベスは、その王位を失うことへの不安から次々と血に染まった手で罪を重ねていく……。シェイクスピア四大悲劇中でも最も密度の高い凝集力をもつ作品である。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー101件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

魔女に出会ったらどうしますかね。

2006/11/05 11:34

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くにたち蟄居日記 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 シェイクスピアの4大悲劇の中で 一番の入門編が本作だと思う。とにかく話のテンポが良いし そもそも面白い。黒澤明が映画化するのも良く分かると思う。因みに 黒澤の本作翻案映画「蜘蛛巣城」は 数ある世界のシェイクスピア映画の中でも最高峰ではないかと 思っているほどである。


 マクベスは 魔女の予言に従って王を暗殺し 王座を取るわけだが 結局滅んでいく。マクベスとマクベス夫人に 良心のかけらが残っており それゆえ罪の意識に苦しんでいく姿が隠し味として実にピリリと効いている。ある意味では ダースベイダーに残った善の心のようなものかもしれない。そのためか 読んでいる我々は割りと主人公である悪漢マクベスが気に入ってしまう面があると思う。結局魔女に「嵌められた」マクベスの姿には かすかな滑稽味もあり そんな点がささやかな同情を引くのかとも思う。


 マクベスは運命に翻弄されて死んでいく。この作品から我々は何を学ぶべきかをふと考えてしまう。我々も至る所で「魔女」に出会っているのかもしれない。そうして その「予言」に翻弄されている面があるのかもしれない。「魔女」の姿をとっていない魔女も きっといるのだろうな。そんな風に思う次第。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

魔女の予言によって狂ってしまった男の話

2015/08/11 23:48

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ATS - この投稿者のレビュー一覧を見る

魔女の予言によって狂ってしまった男の話です。自分に都合の良い予言はそのまま信じるようですが、都合の悪い予言に対しても男なりに考えているようですが……。
この作品は、実際の歴史を下敷きにした作品のようです。と言っても史実とは異なるようですが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

マクベス

2001/04/30 12:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:55555 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 シェイクスピアの四大悲劇のうちのひとつ。
 武将マクベスは三人の魔女の予言を聞き、王ダンカンを殺し、自らが王となる。しかし、マクベスを叱咤したマクベス夫人は気が狂い死ぬ。そして、マクベスもマクダフらの軍隊によって殺される。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シェイクスピア

2015/09/06 11:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とちうし - この投稿者のレビュー一覧を見る

難易度は高め。
しかし、この短さにいろいろな葛藤を詰め込めたのはさすがの一言。
解説でも言っているように「ハムレット」と比較して重みを理解できる作品か。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/04 18:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/07 02:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/25 01:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/22 09:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/07 10:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/27 02:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/07 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/06 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/18 15:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/18 14:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/13 20:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る