サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~5/31

10周年感謝デー 5/17

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 168件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/01/29
  • 出版社: 早川書房
  • ISBN:978-4-15-070461-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ロング・グッドバイ

著者 レイモンド・チャンドラー,村上 春樹

私立探偵のフィリップ・マーロウは、億万長者の娘シルヴィアの夫テリー・レノックスと知り合う。あり余る富に囲まれていながら、男はどこか暗い蔭を宿していた。何度か会って杯を重ね...

もっと見る

ロング・グッドバイ

税込 924 8pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 6.3MB
Android EPUB 6.3MB
Win EPUB 6.3MB
Mac EPUB 6.3MB

ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

税込 1,153 10pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

私立探偵のフィリップ・マーロウは、億万長者の娘シルヴィアの夫テリー・レノックスと知り合う。あり余る富に囲まれていながら、男はどこか暗い蔭を宿していた。何度か会って杯を重ねるうち、互いに友情を覚えはじめた二人。しかし、やがてレノックスは妻殺しの容疑をかけられ自殺を遂げてしまう。が、その裏には悲しくも奥深い真相が隠されていた……村上春樹の新訳で話題を呼んだ新時代の『長いお別れ』が文庫版で登場

掲載中の特集

ハード ボイルドをテーマに10作品以上をラインナップしています。
ほかにもhontoでは無料の本を集めた無料漫画特集無料男性コミックを展開しています。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー168件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

チャンドラー研究の良書

2015/11/19 23:18

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saihikarunogo - この投稿者のレビュー一覧を見る

村上春樹訳『ロング・グッドバイ』は、翻訳小説の部分と訳者のあとがきの部分とを合わせて、レイモンド・チャンドラー研究の良書だと思う。
 翻訳小説だけで見れば、私にとっては、清水俊二訳の『長いお別れ』のほうが、親しみやすく、読みやすく、リズムが良くて、愛着が湧く。
 もっとも、一つ一つの単語については、私が親近感を持つ清水訳が、他の人にとっては違和感を持つ場合も多いと思う。
 たとえば、早朝五時に尋ねてきたテリー・レノックスにフィリップ・マーロウがコーヒーを淹れる時、清水訳では<コーヒーわかし>と書き、村上訳では<コーヒーメーカー>と書く。私もコーヒーメーカーという言葉を聞きなれてはいるが、それでもなお、<コーヒーわかし>のほうに、親しみやすさに加えて懐かしさを感じる。
 あるいはまた、マーロウが金持ち専用の興信所カーン機関に行った時、村上訳では、カーン大佐は元<憲兵>だったと書いてあるが、清水訳では<MP>だったと書いてある。日本にMPがいたのは私が生まれる前のことだが、親がMPという言葉を使うのを聞いたことがあり、その言葉に伴う雰囲気が印象に残っている。
 一方、マーロウがやくざのメネンデスに向かって、テリーがおまえに援助を求めなかったのは当然だ、なぜなら、清水訳では<パンパンから金を借りるようなもんだから>、村上訳では<娼婦から小遣いをもらうようなものだから>と言っている。これは村上訳のほうがよい。なぜなら、<パンパン>とは駐留米軍の相手をした日本女性を指した言葉で、マーロウが住んでいた街には存在しなかったものだから。
 日本に<MP>や<パンパン>がいたのは、『長いお別れ』とほぼ同じ時代だ。村上春樹は私より十歳近く上で私と同じ関西出身なので、おとなが<MP>や<パンパン>と言う時の関西弁のイントネーションや雰囲気を知っているはずだが、いわば、もはや戦後ではない、ので、『ロング・グッドバイ』では、<憲兵><娼婦>という、より普遍的な(?)言葉を使ったのだろう。
 しかし、一つ一つの訳語の選び方にとどまらず、文章全体の流れとして、私にとっては、清水訳のほうが、優しく美しくなめらかに感じるのである。
 私は村上春樹の小説が好きで、大いに期待して『ロング・グッドバイ』を読んだのだが、期待しすぎてしまったようだ。
 ただ、50ページに及ぶ<訳者あとがき 準古典小説としての『ロング・グッドバイ』>は、とてもよい。チャンドラー小説への思い入れ、彼の生涯、作品の時代背景など、懇切丁寧である。特に警察組織の解説はありがたかった。これを読んでからもう一回、マーロウものを読み直すと、登場人物についての混乱が収まった。スコット・フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』と『ロング・グッドバイ』との比較は圧巻である。また、赤狩りへの言及も重要だ。村上春樹はダシール・ハメットが密告を拒んで投獄されたことに触れている。それは、『ロング・グッドバイ』出版の2年前であり、マーロウが、友達のために留置場に入れられたと複数の人物から称賛されているのは、ハメットへのチャンドラーの思いがこめられているのかと、私は思った。
 猫を愛することは文章を書くことと並んでチャンドラーの「ネイチャー」だったと、村上は書いているが、猫への愛については、清水による『長いお別れ』のあとがきのほうが詳しい。清水も作品への愛や時代背景に触れ、映画化作品を紹介し、異例の長いあとがきとなったと述べているのがおもしろい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

文句なしの名作であることは、間違いがないのです

2010/12/21 20:22

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mayumi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 村上春樹訳の「長いお別れ」
 
 私立探偵フィリップ・マーロウは、一人の男と出会う。男をめぐる謎と、その別れ。

 ハードボイルドというと、なぜかハンフリー・ボガードの顔が浮かぶのである。で、その印象とは全く違うマーロウ像に戸惑いつつ、結局のところひきこまれる。
 確かに、物語はハードボイルドなんだろうけど、卵っていうより、もっと無機質なものを感じた。
 というのは、ようするにマーロウを描いているようで、実際にはテリー・レックスという不器用で純粋な男を描いているからなのだろう。直接その像を見るのではなく、投影された影を見るように。
 影は、無機質なものだ。

 そして、とても情緒的で詩的な文章が、いやおうなしに切なくさせてくる。

 やっぱり、名作なんだなと実感した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

名作間違いなし

2021/10/01 10:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:apple2 - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても大好きな本で、名作間違いなしです。
時々読み返したくなります。
もともと『長いお別れ』が好きだったので、春樹さん訳が出版された時点で即購入しました。

どちらが好きと比べるのも非常におこがましいのですが、5.5:4.5位の割合でこちらが好みです。
ハードボイルドを堪能するのなら、だんぜん『長いお別れ』のほう。
古さの表現は時代背景がイメージしやすいので気にならないのですが、概略して変えているのでは…。
と思われるところもあります。

反面、こちらは丁寧でわかりやすく、直訳に近いのでは…。
という予想です。英語が分からないので、あくまで個人的予想にすぎませんが。
そのぶん、ハードが若干ソフトに感じられる部分があります。

先に『長いお別れ』を読んでいたからこそ、よりハードさを感じられるのだと思います。
と思うと、やっぱり両方読んでいてよかった!
願いが叶って、翻訳のコンニャクを手に入れたら、是非原作で読んでみたい本の1冊。

最近は気軽に読めるライトミステリを読むことが多いのですが、オマージュとしてもよく使われている作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

「長いお別れ」既読

2019/06/15 21:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かんけつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

名作なので随分前に読んでいたものの、ミステリーの落ちは当然覚えていた。村上春樹の翻訳で原文をなるべく省かずに訳したというのが売りになる。英語で原書を読み下せる語学力はないので翻訳の正確さはわからないが、読みにくくはなく読み進めた。ただし長いのでそれなりに時間はかかったが。映画「ブレードランナー」もロスだったし、後世に与えた影響は絶大なものがあるな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

○○には早すぎる

2019/04/19 11:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:apple2 - この投稿者のレビュー一覧を見る

英語でThe Long Goodbyeが読みたい!と思っている1冊です。
『長いお別れ』『ロング・グッドバイ』共に持っております。
個人的には『ロング・グッドバイ』の方が現代訳であり詳細もわかりやすく、情景が浮かびやすいので心もち好みです。ただ、そのぶんハードさが薄れてセミハードボイルドっぽくもなるので、合わせて『長いお別れ』を読むとより脳内で原作に近くなるのかなぁ。
と想像しております。
様々な推理小説でオマージュ的に使われているため、推理小説好きでしたら必読の作品だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

のどごしグッドな読み心地

2019/02/04 14:29

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ya - この投稿者のレビュー一覧を見る

当方、レイモンドチャンドラー初心者にしてアラフィフBBAとしては「ったくキザだなぁ~」「っち!男ってな~」「は?何でそこでブチ切れてんのぉ?」と、最初はうざかった主人公も、著者と翻訳者の幸せなベストマッチで実現した流れる文章、まあまあ天こ盛りなプロットに登場人物のミステリー加減(翻訳の村上氏の後書きによれば著者の革新的な技術による)にあっという間に読ませられ、違和感ふっとび、酔っちゃいました。ともすれば中毒になっちゃいそうなテイストです。電子書籍でも快適に読めちゃいました。あ~次どれにしようかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

翻訳家の作品への愛情

2021/01/28 23:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うみしま - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品はずっと昔学生時代に、手に取ったのですが、あまり面白いと感じることができず、途中で投げ出してしまいました。今回村上春樹さんの訳とのことで、改めて手に取りました。やはり、翻訳する方の作品への想いというか、対象作品への愛情というか、熱い想いが、作品を面白くするのだと実感しました。村上作品は初期のものから読み親しんでいたため、とても読みやすく、また、村上さんの言葉遣いや表現が、チャンドラーに影響を受けていたのだということもわかり、非常に興味深いものがあります。村上春樹ファンであれば、翻訳もすんなり読めると思います。本文そのものもよかったですが、それ以上にあとがきが充実していておもしろかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

会話を楽しむ

2020/07/19 13:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:らいぶらり - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公は探偵だが、はっきりいって謎解きはどうでもいい作品。
ウイットのある会話がよい。村上春樹の翻訳が秀逸。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

かっこいい

2015/12/31 16:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんた - この投稿者のレビュー一覧を見る

村上春樹さんの翻訳ということで読んでみましたが、主人公たちの雰囲気が共通しているようなところもあって、楽しく読みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/12/09 19:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/15 10:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/20 16:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/29 00:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/07 14:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/02 20:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。