サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~5/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 47件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/02/16
  • 出版社: アスコム
  • ISBN:978-4-7762-0895-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

今日が人生最後の日だと思って生きなさい

著者 著者:小澤 竹俊

二八〇〇人を看取ってきたホスピス医が教える、人生にとって大切なこととは――。「もし、今日が人生最後の日だとしたら。あなたはどう生きたいですか?」最後の瞬間まで、仕事に全力...

もっと見る

今日が人生最後の日だと思って生きなさい

税込 1,100 10pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 7.0MB
Android EPUB 7.0MB
Win EPUB 7.0MB
Mac EPUB 7.0MB

今日が人生最後の日だと思って生きなさい

税込 1,100 10pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

二八〇〇人を看取ってきた
ホスピス医が教える、
人生にとって大切なこととは――。

「もし、今日が人生最後の日だとしたら。
あなたはどう生きたいですか?」
最後の瞬間まで、仕事に全力を注ぎますか?
それとも、愛する家族とともに過ごしますか?

後悔のない人生を過ごしてきたと胸を張れる人は、多くいません。
どんな人生を過ごしてきても、死の絶望を目の前にすると、
人は恐れ、悲しみ、後悔をします。

「人はどう生きればいいのか」
「どういう死が満足できるものなのか」
2800人の看取りを通して、学んだ「後悔のない最後を迎える」ための生き方を教えます。

今を生きる上での悩みや苦しむ
あなたの支えとなる一冊です。

【本書の構成】

第一章 明日の自分に宿題を残さず、今日を生きる
○「最後の日」を正しく迎えるために、一日一日をきちんと終えていく
○残された時間が少なくなると、「丸裸の自分」が見えてくる

第二章 人生最後の日に何をするか
○最後の一日は、「人生に納得する」ためにある
○あなたは一番大切なものを人にゆだねられるか
○老いて、病いを得ることで、人生は成熟していく
○誰かに看取られて、この世を去れるなら、それ以上の幸せはない
○大切な人へ手紙を書くと死が怖くなくなる

第三章 苦しみから、人は多くのことを学ぶ
○苦しみは決して「悪」ではない
○最後の日が近づくとあなたに「支え」が現れる
○相手を一〇〇%理解する必要はない

第四章 二八〇〇人を看取ってわかったこと
○使命感を持って進むとき、道はひらける
○人は後悔せずには生きられない
○肉体が死に向けて、きちんと準備を整えてくれる

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー47件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

お医者さまの視点に説得力を感じました

2016/06/04 18:36

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おらのすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「人生最後の日」の話題は、「宗教」を生業とした方によるものが多かったせいでしょうか。お医者様の視点に立ったお話には、「理」をこえた説得力を感じ取りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とても良い言葉

2016/06/18 00:14

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴーすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今日が最後と思って生きる。
厳しいようですが、とても良い言葉だと思います。
日本には昔から一期一会という言葉がありますが
この考え方を持っている人なら入りやすいと思います。
みんないつかは死ぬ、それがいつかだけなんですが
心構えとして読んでおきたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今日が最後の日と思って生きる

2021/10/23 21:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこにゃんこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

人生最後の日のときが近づくというのは究極の苦しみ。
しかし人は、その苦しみの中から多くのことを学ぶ。
自分が生きてきた、本当の意味。
自分を穏やかな気持ちにさせてくれるもの
一人で抱え込んでいたものを手放し、誰か、あるいは何かにゆだねる大切さ
そういったことに気づき、幸せとは何かを知る。

優しく、語りかけてくるような言葉が、心に沁みます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今日が人生最後の日

2018/09/28 13:27

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

いろいろな事件、事故があるので、いつ何があるか分からないと思って生きている。このタイトルには非常に興味を持った。やはり、家族が大切だと感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

理解しようとすることが大切

2017/03/19 22:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えり - この投稿者のレビュー一覧を見る

医療職に従事して2年。この本を読んで、無力感を感じていた自分を新たな視点で見つめ直すことができました。無力でもそばにいて、理解しようと必死になってみようと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

それぞれなんだね

2016/10/29 00:25

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Chocolat - この投稿者のレビュー一覧を見る

ページ数も少なく、ホスピスで多くの患者さんを看取った体験談というより、小澤先生自身が学んだこと…という内容で、命令でもなく、説教でもなく、とってもソフトですんなり入ってくる感じでした

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最後の日

2016/05/05 06:11

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

今日が人生最後の日だと思って生きなさい。とても素晴らしい本です。1日1日を大切に生きていかないといけないなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/03/30 08:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/08 14:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/27 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/08 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/07 13:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/27 08:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/27 01:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/03 06:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。