サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~1/28

修正:新規会員30%OFFクーポン(~12/31)

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/02/19
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春新書
  • ISBN:978-4-16-661065-5
一般書

電子書籍

司馬遼太郎に日本人を学ぶ

著者 森史朗

司馬遼太郎の作品は何から読めばいいのか?長編、短編あわせて67編。テーマは戦国時代から江戸期、明治維新へと多岐にわたり、エッセイや紀行文『街道をゆく』では日本各地のみなら...

もっと見る

司馬遼太郎に日本人を学ぶ

税込 968 8pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 10.3MB
Android EPUB 10.3MB
Win EPUB 10.3MB
Mac EPUB 10.3MB

司馬遼太郎に日本人を学ぶ (文春新書)

税込 979 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

司馬遼太郎の作品は何から読めばいいのか?

長編、短編あわせて67編。テーマは戦国時代から江戸期、明治維新へと多岐にわたり、エッセイや紀行文『街道をゆく』では日本各地のみならず、モンゴル、中国、北米、ヨーロッパへと足を伸ばす。
驚異的な仕事を遺した前人未到の巨人作家、司馬遼太郎。

司馬遼太郎の謦咳に接した担当編集者で、戦史家の著者が、偉大なる作家の秘話をまじえつつ、その豊穣かつ膨大な作品世界への取り組み方を若い世代へ伝授。

日本人が誇るべき共通の財産、司馬作品、格好の読書ガイド。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

まだまだ読まないと

2016/04/15 07:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

作家司馬遼太郎さんが亡くなったのが1996年2月12日。今年(2016年)没後20年ということもあってTVや出版での企画が相続いている。
 この本もそういう一冊となるのだろう。
 司馬さんの最後の病床を見舞った、かつて「文藝春秋」で司馬さんの担当でもあった著者が、長短編合わせると67篇に及ぶ司馬さんの著作をどのように読み進めればよいかを指南した一冊である。
 物心ついた時には司馬さんがこの世にいなかったという世代が増えているし、これからも益々増えていく。
 一時の情熱で読まれる作家は多いが、漱石のように時代を越えて読まれる作家は数多くない。どんな時代であっても揺るぎない作品の力が必要だろう。
 司馬さんの作品は小説だけでなく、『街道をゆく』といった紀行文や『草原の記』といったエッセイに至るまで、後世の日本人にも読んでもらいたいし、生き残る力は大きい。
 とはいっても、これだけの作品群があるのだから、この本のような読み方の指南書があってもいい。しかし、残念ながらこの本をもってしてももれている司馬さんの著作は多い。
 例えば、直木賞を受賞した『梟の城』や後期の代表作である『菜の花の沖』などである。
 これはやや惜しい。
 惜しいついでに書けば、司馬さんの年表は入れて欲しかった。

 著者がまず第一にあげている作品は、新選組副長土方歳三の生涯を描いた『燃えよ剣』である。この選択には賛成である。
 小説として滅法面白い。しかも生き生きとした青春小説になっている。
 この作品で司馬さんの山脈に踏み入るのはいい。
 あとはどちらかといえば歴史年表をたどるように紹介されている。
 すなわち『竜馬がゆく』、『最後の将軍』、『世に棲む日日』、『翔ぶが如く』、そして『坂の上の雲』。
 もちろんこれらは司馬さんの代表作に過ぎない。
 ましてや、自分の読書歴と合わせても、まだまだ司馬さんの作品全貌まではおいつかない。

 この本には司馬さんが書けなかったノモンハンや太平洋戦争への記述もあるが、むしろ紙面は紹介されなかった作品の記述にあてて欲しかったという思いも、少しある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/04/10 10:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/20 08:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/04 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/29 19:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/26 19:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/17 09:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/09/02 20:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。