サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~8/31

新規会員50%OFFクーポン ~8/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/03/25
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-201701-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ロビンソン漂流記(新潮文庫)

著者 ダニエル・デフォー,吉田健一/訳

難船し、ひとり無人島に流れついた船乗りロビンソン・クルーソーは、絶望と不安に負けず、新しい生活をはじめる。木材をあつめて小屋を建て、鳥や獣を捕って食糧とし、忠僕フライデー...

もっと見る

ロビンソン漂流記(新潮文庫)

税込 693 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 6.7MB
Android EPUB 6.7MB
Win EPUB 6.7MB
Mac EPUB 6.7MB

ロビンソン漂流記 改版 (新潮文庫)

税込 693 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

難船し、ひとり無人島に流れついた船乗りロビンソン・クルーソーは、絶望と不安に負けず、新しい生活をはじめる。木材をあつめて小屋を建て、鳥や獣を捕って食糧とし、忠僕フライデーを得て、困難を乗りきってゆく。社会から不意に切り離された人間が、孤独と闘いながら、神の摂理を信じ、堅実な努力をつづけてゆく姿を、リアリスティックに描いたデフォーの冒険小説である。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

イギリス人的寛容の精神

2008/11/29 23:03

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コーチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ダニエル・デフォーの古典的冒険小説。無人島に漂流したイギリス人の船乗りロビンソン・クルーソーがたった一人で生活をしていく様子を描いたこの作品を、少年時代に読んだ人も多いだろう。それゆえ児童文学と混同されることも多いが、実際にはずっと大人向けの、人生訓、文明論がつまった教養文学であると思う。
 経済史家の大塚久雄によれば、マックス・ヴェーバーのいう資本主義的「人間類型」は、この漂流者のうちにこそ典型的に見い出されるという。つまりロビンソンが無人島で実践した行動には、当時のイギリスで勃興してきた資本家に特有の質素、倹約、生産の計画性、合理性などの行動様式がうかがわれるという。その言葉にひかれこの物語を手にとってみた私も、大塚が指摘する点は納得ができたような気がする。
 と同時に、のちに世界を股にかける大帝国を作ることになるイギリス人のもう一つの国民性も、この物語からは垣間見えた気がした。それは、未知の文化や習俗に対する偏見のなさ、あるいは寛容の精神とも言ってよいか。ロビンソンが、時おり島にやってくる人食い人種に対して、恐怖のあまり、殺られる前に殺ってしまえという破壊的な衝動を抱きながら、自らそれを反省し、克服する場面でそれはうかがわれる。
 「彼ら(人食い人種)自身は、自分達がしていることを罪悪と思っていないことは確実であって、それに対して彼らは何の良心の呵責も感じていなかった。・・・私はまだ彼らと交渉がなく、彼らは私がいることを知らず、従って私をどうしようとも考えていないのであるから、その私が彼らを襲うということは決して正しいことではなかった...私に対して何もしたことがない人間を殺す計画が間違っていたことを、私は多くの理由から最早疑うことができなかった。彼らが相互に犯し合っている罪(食人の習慣)に就いては私が関知することではなく、彼らの国家全体の罪であって世界の国々の支配者たる神にお任せするべきだった。...こういうことが解ると、若しそれまでの考えに従って私が実行に移したならば、計画的な殺人と少しも異ならない結果となったことを、しないで住んだことが私には何よりも嬉しかった。」
 彼はここで、ある民族が自分と異なる価値観や風習をもっているからと言って、それだけで一方的に相手を罰する権利は自分にはないということを悟る。言いかえれば彼らの風習が、特有の社会発展の中で生み出されたものであると考えることにより、彼らに対する憎悪を抑えることに成功したのである。その後彼が、人食い人種の一人である少年フライデーを助け、彼と固い絆で結ばれていくのも、このような反省の賜物であった。そしてこの精神こそが、イギリス人をして世界に進出をし、その土地ごとの風習に順応することを容易ならしめた彼らの柔軟性につながったのではないか?もちろん、ロビンソンがフライデーを最終的に自己の文化に同化させたように、大英帝国もまた植民地に自ら定めた秩序を押しつけ、それが結果的に植民地における伝統的社会の崩壊と民衆の悲惨をもたらしもした。しかし、異文化に偏見なく接し、相手を理解しようとするオープンな態度は今も変わらぬイギリス人の美徳であり、それはこの物語の主人公が到達した道徳観にもうかがわれるような気がする。
 ロビンソンの無人島での生活は28年に及び、その間、人食い人種の餌食になろうとしている人々や、乗組員の反乱に遭った船長を救出するなど数々の活躍を見せる。そして助けた船長の船に乗り、彼はついに島から脱出する。だが物語はまだそれで終わりではなく、イギリスに向かう途中、スイスの山中では、クマや狼と格闘するなどさらに冒険を重ね、ようやく故郷に帰るのだった。その後彼は結婚をし子供を育てた後、再び旅に出てかつて自分が住んだ島がどうなったかを見にゆく...波乱万丈の男の半生を描いた本書は何だかんだ言っても、最後まで読者を飽きさせることのない、エンタテイメント小説であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/07/24 20:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/09 00:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/22 16:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/25 22:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/12 03:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/05 23:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/26 20:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/19 20:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/09 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/23 13:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/15 22:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/08 19:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/03 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/05 14:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。