サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~7/31

「無料連載ページ」リニューアル 5/23~

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 新潮社
  6. 新潮文庫
  7. とにかくうちに帰ります(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 132件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/03/18
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-120141-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

とにかくうちに帰ります(新潮文庫)

著者 津村記久子

うちに帰りたい。切ないぐらいに、恋をするように、うちに帰りたい――。職場のおじさんに文房具を返してもらえない時。微妙な成績のフィギュアスケート選手を応援する時。そして、豪...

もっと見る

とにかくうちに帰ります(新潮文庫)

税込 506 4pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.2MB
Android EPUB 4.2MB
Win EPUB 4.2MB
Mac EPUB 4.2MB

とにかくうちに帰ります (新潮文庫)

税込 506 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

うちに帰りたい。切ないぐらいに、恋をするように、うちに帰りたい――。職場のおじさんに文房具を返してもらえない時。微妙な成績のフィギュアスケート選手を応援する時。そして、豪雨で交通手段を失った日、長い長い橋をわたって家に向かう時。それぞれの瞬間がはらむ悲哀と矜持、小さなぶつかり合いと結びつきを丹念に綴って、働き・悩み・歩き続ける人の共感を呼びさます六篇。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー132件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

どこにもいる人を目立たせる作家の力

2021/09/29 21:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「職場の作法」とにかく他人の文房具を平気で持っていって使う人(そのうえに取り込む、そして全然悪気がない)、どうでもいいなネタをさも「私だけが知っているとっておきのネタ」風にしゃべり続ける人、「忙しい、忙しい」のアピールに余念のない鬱陶しい人、会社勤めしていたらそんな人いるいると誰もが膝を打つけったいな人々、でも津村氏の筆にかからないと、そんな人たちは日の目を見ない。あ、作家って、何の変哲もない日常をおもしろくする才能があるんだとあらためて尊敬してしまう、「とにかくうちに帰りなす」も似たようなこと、昔、あった気がするなと記憶の細い糸をたどってみるだけで、私にはもちろん面白い話に膨らますことはできない、それはともかくとしてサカキさんが息子にどうにかあうことができそうでよかった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

このユーモアのセンスって!

2020/11/16 20:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雲絶間姫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

天候異変を発端として次から次と起きるトラブル、ワクワクしながら笑いっぱなしの津村ワールドです。
大阪人の私にはどの辺で発生しているのか、土地勘もあるので一層楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

普段の生活

2018/09/10 19:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:飛行白秋男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

自然ですばらしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

解説を読むまで素晴らしさがわからなかった

2020/05/19 06:28

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:makiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

どこにでもいそうなOLの会社での日常あれこれと豪雨の日に会社から家まで帰る道のりの話。それだけ。どこがどう面白いのか理解できず、芥川賞作家だから本にしてもらえたのかなぁと思って読みました。西加奈子さんの解説に、日ごろ誰もが感じていても覚えていないようなありふれた日常を描いているところにこそ素晴らしさがあると書いてあり、「なるほど、そういう小説もあるのか」と納得。今後こういう作品をあえて時間を割いてまで読みたいとは思いませんが、そういう小説もあるのだと知ることができた点で有意義でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

身近な出来事

2019/01/20 00:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ワガヤ - この投稿者のレビュー一覧を見る

前半の方が面白かった。本当に自分の周りにいるわけではないのに、あるあるな感じに思う。絶妙な状況と人物たちの会話が面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

せつない

2015/11/22 09:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よよん - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかく家が恋しい。その感情を綴った本。
物理的ね弊害で帰れない時もそうだが、人は叶わないと思えば思うほど欲するものだ。今回は、
それが家ということ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

津村記久子、連作短編

2020/10/30 12:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MILKy - この投稿者のレビュー一覧を見る

お仕事小説的なのを読みたかったケド少し違った。大きくは二、もしくは三作で構成。最初のオフィスでの小噺は肩の力入れずに読めたかな。ペリカーノジュニアは、私も無くし物に執着することがあるから見つかってホッ(笑)パンデミックはキョリ空けたりとか若干コロナ禍がよぎった、マスクとか!中程のフィギュアか何かの話はスルー…最後表題作は嵐の中の帰路のデキゴト。話中の、元妻が、実家を離れてるんだから繁華街の近くでありたい願望は都会生まれだと頷けてはしまう…作者は、ワリと近しい世代、かつ大阪人だーっ
20200523

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/01/07 20:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/06 10:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/10 11:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/22 21:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/18 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/05/08 14:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/05 00:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/05 16:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。