サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~1/31

新規会員50%OFFクーポン ~1/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 74件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/03/18
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-201503-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ファウスト(一)(新潮文庫)

著者 ゲーテ,高橋義孝/訳

世界の根源を究めようとする超人的欲求をいだいて、ファウストは町へ出る。理想と現実との乖離に悩む彼の前に、悪魔メフィストーフェレスが出現、この世で面白い目をみせるかわりに、...

もっと見る

ファウスト(一)(新潮文庫)

税込 693 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 6.9MB
Android EPUB 6.9MB
Win EPUB 6.9MB
Mac EPUB 6.9MB

ファウスト 改版 1 (新潮文庫)

税込 737 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

世界の根源を究めようとする超人的欲求をいだいて、ファウストは町へ出る。理想と現実との乖離に悩む彼の前に、悪魔メフィストーフェレスが出現、この世で面白い目をみせるかわりに、死んだら魂を貰いたい、と申出る。強い意志と努力を信じる彼は契約を結び、若返りの秘薬を飲まされて、少女グレートヒェンに恋をするが――前後六十年の歳月をかけて完成された大作の第一部。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー74件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

読書の重層化!?

2015/08/23 16:17

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しろくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

古典ではありますが、臆せずにまずは読んでほしいです。1巻は物語が展開するので、どんどん読めます。2巻に入ると少々様相が変化し、少し難解に思えるかもしれませんが、ゲーテの大きな想像力の翼に身を預けてみてください。やがて人間全体を飲み込まんとする大きな光が待っています。
 ファウストは作品そのものを楽しむことはもちろん、読後にあらゆる場面でファウストが引用されていることに気が付きます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

神の庭で惑う幼子たち

2011/08/14 16:54

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 あらゆる学問を修めつくしても未だ至高へとたどり着けない事に悩むファウスト博士は魔法にまでその範囲を広げるものの、それは己の卑小さを実感させる結果にしかならなかった。
 民の信頼を集め裕福な暮らしをしているにも拘らず、それだけでは己の知識欲を満たせない彼は、彼の下を訪れた悪魔メフィストーフェレスと契約を結ぶ。彼にとって死後の世界に意味はなく、現世で自らの望みが果たされれば良いのだ。メフィストは、ファウストが満足できるような享楽を提供することを約束する。

 そうして連れて行かれた魔女の屋敷で若返りの薬を飲んだファウストは、何も知らず信心深い、14歳を過ぎたばかりの少女マルガレーテ(グレートヒェン)に声をかけ、高価な装飾具を与えて信頼を寄せさせ、言葉巧みに誘う。
 そうして、彼らの仲を邪魔するマルガレーテの母親を、眠り薬と偽って彼女に殺させ、ようやくに逢瀬を果たしてマルガレーテを孕ませ、それに憤った彼女の兄ヴァーレンティーンを刺し殺し、自らの子の宿った彼女を放置して、魔女の宴で乱痴気騒ぎに参加するのだ。

 あらためてこのようにまとめると、最低最悪のロリコン性犯罪者である。ただファウストには罪を被せる先がある。全ては悪魔が彼を惑わしそうさせたのだ、と。ファウストほどの知識者であろうとも、欲望をえさに惑わされれば、それに抵抗することはできない。
 グレートヒェンは我が子を池に投げ捨てて殺し、獄中にて斬首を待つ身となる。ファウストは彼女を助けようと、獄中に侵入して彼女を説得するのだが、ついに彼女は彼の中に悪魔を見出し、神にその身を委ねることを決意するのだ。

 この部分だけを見れば、救いのない悲劇である。しかしその前に、第二部と同時に付け加えられた、冒頭の神と悪魔の対話のシーンがある。その中で神は、人間は生きている限り迷うものだが善い人間はその正道を見失うことはない、と、救いがあることを示唆する。

 何も求めず、自分の枠におさまっていれば、それはそれで知らないなりの幸せを享受できる。それは十分に満足な生活だろう。しかし、新たなものを知ろうとしたからこそ得られる幸せもある。逆に苦しみもある。
 グレートヒェンのセリフの一節を抜粋してみよう。

ほんとによその人の罪を責めるのには、
言葉がいくらあっても足りないくらいだったのに。
人のしたことがきたならしく思われて、
そのきたなさがあたしには物足りなくて、その上さらに泥を塗ってやりたい気持だった。
そうしてあたしは高見の見物で、偉そうにしていたんだけれど。
それが今ではそのあたしが罪にまみれている。
だけど―――こうなるまでの一切合財のこと、
まあなんてよかったんだろう、なんて嬉しかっただろう。

 人間観察のひとつの極致だし、現代でもこれは通用する。ただこのセリフを、男に騙されて捨てられる女に言わせているところがなぁ、なんとも。ただ、ファウストはまだ、この境地には至れていない。そんな劇作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

禁断の契約

2018/05/05 05:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

決して手にしてはいけない中世ヨーロッパの悪魔の力と、今の時代の原子力発電や遺伝子操作との間に不気味な繋がりを感じてしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

思案中

2020/04/30 17:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:芋栗 - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めて読んだら、事故の能力の低さによりあまり理解できずに終わる。何度も読み直して、時間をおきながら名著の素晴らしいを感じられる事がまず目標。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読了

2020/05/05 15:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ムギ - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校生の時に一度挫折していたが、今なら読めるかもしれないと思い挑戦した。韻文で書かれているため、はじめは違和感があったが,意外にもすらすら読むことができた。原文で読むと感じることも変わってくると思うけど、言葉の美しさとか漢字のあて方、日本語の言い回しがかっこいいなと感じた。
心配性の自分には、お前はお前を襲いもしない一切の不幸に慄え戦き、なくす心配のないもののために愛惜の涙を流すという一文を読んで、ドキッとした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/08/30 08:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/13 16:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/19 18:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/21 00:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/30 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/25 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/08 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/01 18:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/28 21:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/04 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。