サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~3/14

最大40%OFFクーポン ~3/14

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 欧米の小説・文学
  5. 新潮社
  6. 新潮文庫
  7. テレーズ・デスケイルゥ(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/03/18
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-205001-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

テレーズ・デスケイルゥ(新潮文庫)

著者 モーリヤック,杉捷夫/訳

ボルドの荒涼たる松林を吹きぬける烈風にそそのかされたように、なぜ、と問われても答えられぬ不思議な情熱に誘われて、テレーズは夫を殺して自由を得ようとうするが果せず、しかも夫...

もっと見る

テレーズ・デスケイルゥ(新潮文庫)

税込 528 4pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 3.7MB
Android EPUB 3.7MB
Win EPUB 3.7MB
Mac EPUB 3.7MB

テレーズ・デスケイルゥ 改版 (新潮文庫)

税込 398 3pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ボルドの荒涼たる松林を吹きぬける烈風にそそのかされたように、なぜ、と問われても答えられぬ不思議な情熱に誘われて、テレーズは夫を殺して自由を得ようとうするが果せず、しかも夫には別離の願いを退けられる……。情念の世界に生き、孤独と虚無の中で枯れはててゆく女テレーズを、独特の精緻な文体で描き、無神の世界に生きる人の心を襲う底知れぬ不安を宗教的視野で描く名作。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

未解読

2020/03/03 04:22

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:123456 - この投稿者のレビュー一覧を見る

素晴らしいことは確信しているのだが、どこがどう素晴らしいのか、説明することができない。本を読んでいると、そういう小説に出くわす事が度々ある。
そういう時に、もどかしいと感じるのは当然のことで、読まなかったことにしてしまおうかと思うこともあるが、そういう本に限って、やはり後まで気になって仕方がなくなっていたりする。
そして、そういう直感が働く本こそ、自分にとって、結局は重要な意味を持ってくることが多い。

初めて読んだのが十何年前で、その時の感想は、「ボヴァリーや女の一生の系譜にあたる類いの小説で、若干退屈」というものだった。この感想が、どれだけ安直で的外れのものだったか、今になって思い知らされている。
学生の時の感想に、恥ずかしいものなどない!すべては経験だ!と言い切ってしまいたいのだが、しかしなかなか、自己暗示にも限界がある。

その後、数年前に、久しぶりに読むことになった。久しぶりに読むにはちょうどいい長さ、という理由で読み始めたのだが、やはりそこにも直感が潜んでいたのか、長さの割に、中身はぎっしりと詰まっていた。
結果、「これは単なる古典とは言えない」「ボヴァリーや女の一生とは全く異なる類の小説だ」という印象を持つことになった。
しかし、具体的にどこがどう良かったのかということになると、自分にもよくわからない。とりあえずちょっと寝かせてみようと考え、しばらくそのままにしておいた。
そして今回、またざっと読んでみたのだが、「なるほど、これは、どこがいいのか説明できるはずもない」という感想に至った。
「素晴らしい」と感じたことは、言うに及ばずである。

一言で言えば、理解するのに必要な知識が多すぎるのである。
まず、ボルドー周辺の気候や産業の知識。
当時の家庭における女性の役割。
当時の良妻賢母像。

この辺りなら、まだ何とかなる。

家柄の一般的な感覚。
家柄の枠内における女性の自由とその制限。
宗教的、家柄的美徳感から導かれる自由と逸脱の規定。
無知から導かれる差別の正当化さらには美徳化。
生きることと財産を築くこととの同一視。
創造的な生への無関心。
これらのコードに抗う者への土着的なパージ。
そして、善悪の問題。

探そうと思えば、他にもいくらでも見つけることができるだろう。

救いなのは、これらの事を知らずとも、小説は感動を呼び起こしてくれるということだ。

ちなみに私は、テレーズがなぜ夫を殺そうとしたのか、未だに分からずにいる。

いや、小説を読んでいる間は分かる気もするのだ。心がサンクレールにある間は。しかし現実に戻ったとたん、殺人という言葉とテレーズとの間に、大きな隔たりを感じてしまうのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/16 08:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/03 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/07 00:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/01 07:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/12 11:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。